マッチボックス(Jhondeere LANZ 700)なんと400投稿目!

箱は付いていなかったけれど、調べてみると本当にマッチ箱そっくりの箱に入っていたんですね。

箱は付いていなかったけれど、調べてみると本当にマッチ箱そっくりの箱に入っていたんですね。

ちょっと早い誕生日プレゼント

Yeah! ぴっかぴかの John Deere LANZ 700だっ!

Yeah! ぴっかぴかの John Deere LANZ 700だっ!

友達から、「ちょっと早いけど誕生日プレゼントが届きますよ。お楽しみに!」というメールが来た翌日、荷物が届きました。

ぴっかぴかの John Deere LANZ 700 トレーラー付き。ダンプもするよ。

ぴっかぴかの John Deere LANZ 700 トレーラー付き。ダンプもするよ。

実機はコイツです。1962 - 1966年製。2.7L、53馬力ディーゼル

実機はコイツです。1962 - 1966年製。2.7L、53馬力ディーゼル

「やった!」出てきたのはきれいな緑と黄色のミニカー、Jhondeere LANZ 700とトレーラーでした。メーカーはマッチボックスという、昔から知っているようなメーカーのものでした。ところがいじくっているうちにタイヤがぽろぽろと全部落ちてしまいます。???

のぉぉぉぉ!なんで?タイヤがみんなとれちゃう!

のぉぉぉぉ!なんで?タイヤがみんなとれちゃう!

こんな箱に入っていたんだな

こんな箱に入っていたのか・・・カッコイイ!

トレーラーには本当はタルが付いてたんだな。あれ?もしかして荷物に入ってたのかな?もしかして捨てちゃったかも・・・

トレーラーには本当はタルが付いてたんだな。あれ?もしかして荷物に入ってたのかな?もしかして捨てちゃったかも・・・

なにっ?45歳?

MADE IN ENGLANDって書いてあります

MADE IN ENGLANDって書いてあります。(クリックで拡大します)

Jhondeere LANZ 700は一部WEBによれば1962 – 1966年製。2.7L、53馬力ディーゼルです。お礼のメールを出すと、返事に「トラクターだけじゃなく、ミニカーそのものが今はなき英国レズニー社のアンティークなんだよ」とあります。

トレーラーの裏もちゃんとMADE IN ENGLANDの表示。(クリックで拡大します)

トレーラーの裏もちゃんとMADE IN ENGLANDの表示。(クリックで拡大します)

調べてみると、1966年のカタログにあるので、45年くらい前のものです。「ひえ〜〜!」年数を考えるとずいぶんときれいなものです。どおりでタイヤがとれちゃうわけです。

1966年のカタログで50番と51番です。

1966年のカタログで50番と51番です。

マッチ売りのパイオニア英国レズニー社

マッチボックスそのもの!

マッチボックスそのもの!

英国レズニー社のマッチボックスはまず箱の大きさが決まっていて、それに入るようにスケールが決まるミニカーで、ディスプレーの関係なのでしょう。75車種の枠の中で、新しい車種を入れたら、古いものがカタログ落ちする・・・というシステムを取っていたそうです。

記憶にあるミニカーは、外国製も日本製もみな、小さい本棚のようなディスプレーに入れられて売っていました。ということは、ミニカー販売の基本形を作ったのが英国レズニー社だったのでしょう。(そのレズニー社は倒産してしまい、現在はマテルのブランドになってるようです)

現在のマッチボックスのサイト

現在のマッチボックスのサイト

すっかり他のものも欲しくなってしまい、オークションなどで見てみるのですが、やっぱりカッコいいものは高い!ちょっと欲しいくらいじゃあ太刀打ちできない感じです。「コレクター魂」をその値付けからも感じることができます。キングサイズのインターナショナル・・・欲しいなあ。

本題から外れるけどマッチボックス遊び

こんなの最近使わないなあ

こんなの最近使わないなあ

マッチ、ストーブの着火に使ってはいますが、この「マッチボックス」サイズ、最近使っていません。昔は100円ライターなんかなかったですから、着火道具といえばこの「マッチボックス」。それ以外はダンヒルとかデュポンとかでした。ジッポとかイムコとか知ったのはずいぶん後だったかも。

今はあんまり見ない「マッチボックス」子供の頃は色々なところで目にしました。例えば映画にはよくスリ紙のいらないマッチが登場していました。帽子のつばで「シュッ」って着けるヤツです。

映画の中ではすっごくいい感じのこのマッチ、なぜか近所では売っていませんでした。そこで、スリ紙の薬を水でふやかして集めて、丁寧にマッチの頭に塗って、乾かして作り、映画の主人公になったつもりになって火をつけて遊んだりしたものです。

また、外国の物語でポケットにマッチが入っている・・・なんて話はみんなこのタイプのマッチでではないでしょうか。中にはロウでコーティングしたものもあったようですから、海洋冒険小説に出てくるようなマッチはこれかな?「マッチ売りの少女」が売っているマッチもこのタイプかもしれません。

少し性能は落ちるかもしれないけれど、これで雰囲気は味わえました。

少し性能は落ちるかもしれないけれど、これで雰囲気は味わえました。

あ!もう一つ

どこで覚えたのかこんな遊びも・・・

どこで覚えたのかこんな遊びも・・・

ああ、それから「マッチボックス」といえばもうひとつ遊びがありました。このスリ紙をガラスや金属の上で燃やすと、そこに茶色いヤニが付きます。これを、親指と人差し指につけて、ネチャネチャすると、あら不思議!!指から煙が出てくるのです。なんてことはないんですけどね。

ネチャネチャするたびに煙がもくもく・・・なんででしょう?

ネチャネチャするたびに煙がもくもく・・・なんででしょう?

このスリ紙、一体何者なんでしょう? 全く不思議なヤツです。良い子はまねをしないでくださいね!

トラクターの記事へ
トラクターの記事

管理人が見たさまざまな農業機械の記事へ
農業機械の紹介記事

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/06/19/matchbox/trackback/