1 2 3 4 5 6 170

幕末の工作機械の寿命にびっくり!@国立科学博物館

見に来るお客さんが少ない休みの日はテキトーな話題でお茶を濁します。(寝坊しちゃったし)

今日は国立科学博物館で開催されていた、明治150年記念、日本を変えた千の技術博という特別展で見たものいろいろ・・・その番外編。特別展以外の通常展示で見た、幕末〜明治の工作機械いろいろです。

 

金属製の巨大な工作機械。フライス盤のようなボール盤のような・・・古く見えますがまさか江戸時代のものとは・・・幕末に輸入された工作機械、堅削盤(たてけずりばん)です。

金属製の巨大な工作機械。フライス盤のようなボール盤のような・・・古く見えますがまさか江戸時代のものとは・・・幕末に輸入された工作機械、堅削盤(たてけずりばん)です。

 

幕末に輸入された工作機械 堅削盤(たてけずりばん) 1863年 NSBM(オランダ蒸気船会社)製 上下動する刃物で工作物に溝を切る機械。1863(文久3)年、幕府の注文によりオランダで製作され、長崎製鉄所に納められた。その後集成館、深川造船所、若松車輛会社で使用され、1998(平成10)年までの130年以上の間現役で稼働し続けた。 とあります。明治時代の工作機械というのでもビックリですが、その後平成まで使われていたことにもビックリです。

幕末に輸入された工作機械
堅削盤(たてけずりばん)
1863年 NSBM(オランダ蒸気船会社)製
上下動する刃物で工作物に溝を切る機械。1863(文久3)年、幕府の注文によりオランダで製作され、長崎製鉄所に納められた。その後集成館、深川造船所、若松車輛会社で使用され、1998(平成10)年までの130年以上の間現役で稼働し続けた。

とあります。明治時代の工作機械というのでもビックリですが、その後平成まで使われていたことにもビックリです。

 

教科書には江戸と明治、ちゃんと章立てされて分けられているので、なんとなく実際の生活や文化もキッチリ違うような気がしていて、江戸は木造、明治は鉄・・・などと勝手に頭の中で整理してしまっていました。

 

でも、考えてみたら江戸の人が全部死んで明治になったわけでもないし、江戸の製品が明治になったら全部捨てられたわけでもありません。

 

生活する上では昨日の次に今日が来てちゃんと繋がっているんです。(もうめちゃくちゃあたりまえなんですが、なかなか実感し辛いところがありました)江戸の人達も今の僕たちと変わらない人間。その江戸の機械が現在まで使われていることは当然考えられるんですよね。それにしても驚いたーー

 

江戸時代のものではないですがこちらも工作機械。明治22年の旋盤です。

江戸時代のものではないですがこちらも工作機械。明治22年の旋盤です。

 

池貝鉄工所製第一号旋盤 旋盤 1889(明治22)年に池貝庄太郎・喜四郎によって造られた。現存する国産工作機械ではもっとも古いもののひとつである。当時、工作機械の多くは官営の機械工場などで試作される以外はほとんど輸入に頼っていた。民製の工作機械は珍しく、当時の一般の工学技術レベルを知る貴重な資料である。

池貝鉄工所製第一号旋盤
旋盤
1889(明治22)年に池貝庄太郎・喜四郎によって造られた。現存する国産工作機械ではもっとも古いもののひとつである。当時、工作機械の多くは官営の機械工場などで試作される以外はほとんど輸入に頼っていた。民製の工作機械は珍しく、当時の一般の工学技術レベルを知る貴重な資料である。

 

この旋盤、輸出していたのか英語のカタログがありました。

この旋盤、輸出していたのか英語のカタログがありました。

 

輸入機械のカタログです。内容が興味深いのですが、難解です。振ってあるルビがおもしろいので少し引用します。 スロッチングマシーン(ステッキ盤) 本機ハ急速(クイック)二戻ル(レターン)装置(モーション)ヲ有シ平衡重量(バランスラム)ハ上下動ノ摩擦ヲ減シ「ストローク」ヲ均一ニスルノ装置ニシテ上下動ハ零ヨリ最大即チ下ノテーブル面迄ハ自由ニ加減スルヲ得ベシ ルビをカタカナ英語にしてるってどうなんでしょう?理解できるのかな?

輸入機械のカタログです。内容が興味深いのですが、難解です。振ってあるルビがおもしろいので少し引用します。
スロッチングマシーン(ステッキ盤)
本機ハ急速(クイック)二戻ル(レターン)装置(モーション)ヲ有シ平衡重量(バランスラム)ハ上下動ノ摩擦ヲ減シ「ストローク」ヲ均一ニスルノ装置ニシテ上下動ハ零ヨリ最大即チ下ノテーブル面迄ハ自由ニ加減スルヲ得ベシ
ルビをカタカナ英語にしてるってどうなんでしょう?理解できるのかな?

 

フラーター新式旋盤 米国フラーター会社製 これもカタログです。カタカナまじりの文で読み辛いです。

フラーター新式旋盤 米国フラーター会社製
これもカタログです。カタカナまじりの文で読み辛いです。

 

ドリルやドリルシャンクのカタログ。今と全く同じに見えます。すごいゾ明治!

ドリルやドリルシャンクのカタログ。今と全く同じに見えます。すごいゾ明治!

 

巨大なエンジンです。今も見かける発動機を大きくしたような形。

こちらは巨大なエンジンです。今も見かける発動機を大きくしたような形。

 

明治の時代、帝国大学工科大学で研究に使われた、オットー4サイクル内燃機関です。

明治の時代、帝国大学工科大学で研究に使われた、オットー4サイクル内燃機関です。おもしろいのはシリンダーが割れちゃったのか、溶接して埋めてあります。それでちゃんと動いたのかなぁ・・・

 

帝国大学工科大学で研究に使われた、オットー4サイクル内燃機関 クロスレー社(イギリス)製 ドイツ人オットーによって考案された初期の4サイクル内燃機関(エンジン)。1887(明治20)年ごろイギリスより輸入された。欧米でもまだ蒸気機関が主流の時代に、すでに日本で内燃機関が研究されていたことを示す貴重な資料である。 内燃機関の研究 1870年代にオットーが高効率のガスエンジンを、1880年代にダイムラーがガソリンエンジンを、1890年代にディーゼルが重油を用いることのできるディーゼルエンジンを開発した。まさに19精機末は内燃機関の夜明けだったが欧米に遅れることなく日本でも研究が進められた。研究者の講義ノートが本として出版され、現場の技術者に体系的な知識を与えた。 とあります。

帝国大学工科大学で研究に使われた、オットー4サイクル内燃機関
クロスレー社(イギリス)製
ドイツ人オットーによって考案された初期の4サイクル内燃機関(エンジン)。1887(明治20)年ごろイギリスより輸入された。欧米でもまだ蒸気機関が主流の時代に、すでに日本で内燃機関が研究されていたことを示す貴重な資料である。

内燃機関の研究
1870年代にオットーが高効率のガスエンジンを、1880年代にダイムラーがガソリンエンジンを、1890年代にディーゼルが重油を用いることのできるディーゼルエンジンを開発した。まさに19精機末は内燃機関の夜明けだったが欧米に遅れることなく日本でも研究が進められた。研究者の講義ノートが本として出版され、現場の技術者に体系的な知識を与えた。

とあります。このオットー内燃機関は石炭から作ったガスで動くエンジンだったようです。

 

優秀なものが残り、粗悪なものは淘汰されているのでそのように感じるのかもしれませんが、江戸や明治の人達って優秀で前向きだと感じます。何ができるかわからないですけど、自分も頑張らなくちゃなあ・・・と、ちょっとは思います。

 

今日はこんなところです。また明日!

機械を入れたら感性を磨け。昭和30年代の計算機/情報処理機@国立科学博物館

見に来るお客さんが少ない休みの日はテキトーな話題でお茶を濁します。(寝坊しちゃったし)

今日は国立科学博物館で開催されていた、明治150年記念、日本を変えた千の技術博という特別展で見たものいろいろ・・・その番外編。特別展以外の通常展示で見た、国鉄で使われていた座席予約システム用のMARS-101という日立製計算機です。

 

当時の発券の様子の展示。PCの概念が頭にこびりついていると、モニターやキーボードのあるこのあたりが計算機なのかと思ってしまいます。しかし、それどころではない、とんでもなく大きいものがネットワークにぶら下がっているのでした。

当時の発券の様子の展示。PCの概念が頭にこびりついていると、モニターやキーボードのあるこのあたりが計算機なのかと思ってしまいます。しかし、それどころではない、とんでもなく大きいものがネットワークにぶら下がっているのでした。

 

その後ろに制御器があって電装装置から中央処理装置に送られ、中央処理装置、記憶装置、印刷機、東成処理装置、操作卓と、きっと一部屋には入りきらないくらいの「モノ」だったのでしょう。今ではもっともっと小型化されているでしょうけど・・・ キャプションには 世界も驚いた画期的なシステム 座席予約システム マルス101 1964年より稼働 日立製作所製 国鉄(現JR)が、「みどりの窓口」で座席予約業務を始めたときのコンピュータ。全国の主要駅から電話回線で直接コンピュータを操作できる、日本初の本格的なオンラインリアルタイムシステムであった。182列車・13万座席を全国467か所の端末から予約できた。1971(昭和46)年まで使用された。 とあります。ちょっと前に「団体の予約で不正が起きた」などというニュースで小耳に挟んだ名前でした。こんな昔からあったんだ!

その後ろに制御器があって電装装置から中央処理装置に送られ、中央処理装置、記憶装置、印刷機、東成処理装置、操作卓と、きっと一部屋には入りきらないくらいの「モノ」だったのでしょう。今ではもっともっと小型化されているでしょうけど・・・
キャプションには

世界も驚いた画期的なシステム
座席予約システム マルス101
1964年より稼働 日立製作所製
国鉄(現JR)が、「みどりの窓口」で座席予約業務を始めたときのコンピュータ。全国の主要駅から電話回線で直接コンピュータを操作できる、日本初の本格的なオンラインリアルタイムシステムであった。182列車・13万座席を全国467か所の端末から予約できた。1971(昭和46)年まで使用された。

とあります。ちょっと前に「団体の予約で不正が起きた」などというニュースで小耳に挟んだ名前でした。こんな昔からあったんだ!

 

そのお隣には座席予約システム、マルスの中央処理質の写真とともにキャプションが続きます。 ネットワームの始まり 1960年になると、コンピュータはオンラインシステムとして銀行や証券取引所などに導入されて行った。1964(昭和39)年の東京オリンピックでは、データの集計に威力を発揮し、同年、国鉄(現JR)の座席予約システムの運用も始まった。その後のコンピュータ・システムの発展は目覚ましく、いまや私たちの生活の根幹となっている。 とあります。

そのお隣には座席予約システム、マルスの中央処理質の写真とともにキャプションが続きます。

ネットワームの始まり
1960年になると、コンピュータはオンラインシステムとして銀行や証券取引所などに導入されて行った。1964(昭和39)年の東京オリンピックでは、データの集計に威力を発揮し、同年、国鉄(現JR)の座席予約システムの運用も始まった。その後のコンピュータ・システムの発展は目覚ましく、いまや私たちの生活の根幹となっている。

とあります。

 

僕はこれがマルスの本体なのかと思っていたのですが違いました。 これは電気試験所というところで開発されたリレー式大型自動計算機でした。ずらりと並んだリレーがタワー状になっています。悪の秘密結社が使っていそうなシロモノ。

僕はこれがマルスの本体なのかと思っていたのですが違いました。
これは電気試験所というところで開発されたリレー式大型自動計算機でした。ずらりと並んだリレーがタワー状になっています。悪の秘密結社が使っていそうなシロモノ。

 

その横には巨大なキャプション。 計算機として登場し、いまや情報社会のかなめに。 その未来は未知数だ。 大量の情報を処理する必要から生まれたコンピュータ。日本では昭和30年代から、生産管理、証券取引、鉃道の座席予約などの分野で導入が進み、高度成長を支えた。当時のコンピュータは、特別な部屋に納められた大がかりな装置で、個人で使うなど想像もつかなかった。 とあります。

その横には巨大なキャプション。

計算機として登場し、いまや情報社会のかなめに。
その未来は未知数だ。
大量の情報を処理する必要から生まれたコンピュータ。日本では昭和30年代から、生産管理、証券取引、鉃道の座席予約などの分野で導入が進み、高度成長を支えた。当時のコンピュータは、特別な部屋に納められた大がかりな装置で、個人で使うなど想像もつかなかった。

とあります。

 

ううむ・・・AIで仕事を奪われるのではないかとビビっているヒトを尻目に、大昔から仕事のあり方を変えてきたわけですね。

農機会社の社史を読んでも、大体この時期に「計算機を導入」って出てきます。いまの人達からすると「計算機?」という感じですけど、かなりな出来事だったのでしょう。

 

考えてみたら計算機というか電卓だって、それまでそろばんや計算尺を使った特殊技能が必要だった計算を、その技能を持たないヒトが使えるようにしたわけですからねぇ・・・いまや日々振りかかってくる計算を一々手でやるなんて考えられません。

 

人間の仕事がラクになり、その上給料があがったかというとそういうこともないだろうし、給料あげたければラクになった分で他のスキルを磨けということで、ラクになったどころか頑張って現状維持というところは農業機械などにも通じるような気がします。

 

そういえば僕なども「コンピューターでやるからカンタンだっぺ?」と言われることもありますからね。簡単じゃないです。

 

ということはですよ? 道具を道具として使っているうちは現状維持が精一杯なので、突き抜けるためには思いもつかなかった使い方をする必要があるということです。例えば農機を美術品として扱うとか、コンピューターを建設資材に使うとか・・・

 

いずれにせよこれじゃほんの一握りのヒトしかできないですね・・・

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

1 2 3 4 5 6 170

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • クボタM125D・・・「撮りトラ」へのコメント (あかさより[03/26]) 持ってます
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[03/23]) テストです。2度失敗
  • 昭和8年生まれの唐箕はいまだ現役!種籾の選別2020へのコメント (H2より[03/23]) うちにもまだ唐箕あり
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (noraより[03/15]) なおしておきます!
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (noraより[03/15]) みみずくさん がくっ
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (みみずくより[03/15]) >現在の感覚で
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (noraより[03/12]) ニ田さん こんにちは
  • 細王舎のメリーティラーは「羊」と関係が深かった(つづき)へのコメント (noraより[03/12]) 福家さん、情報ありが
  • 昨日の記事は訂正!ヰセキ「耕太」は10人兄弟へのコメント (noraより[03/12]) トラクター野郎さん 
  • 6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)JD6100「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) ビリーさん こんにち
  • シバウラトラクターS100「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) ヒデさん こんにちは
  • ZETOR5714は水田仕様の日本限定バージョンでは?ヰセキZETOR TZ5714「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) 山葵さん お返事遅れ
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (ニ田翔より[03/11]) このトラクターを見る
  • 細王舎のメリーティラーは「羊」と関係が深かった(つづき)へのコメント (福家より[02/26]) はるか以前に聞いた事
  • マニュアルシフトは限定品? 『Sトラ』クボタSL55Limited「撮りトラ@JA全農いばらき主催のスプリングフェア2019」へのコメント (noraより[02/25]) 伊藤さん こんにちは
  • 昨日の記事は訂正!ヰセキ「耕太」は10人兄弟へのコメント (トラクター野郎より[02/21]) 耕太の年式を見分ける
  • 6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)JD6100「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[02/21]) こんにちは。注意書き
  • シバウラトラクターS100「撮りトラ」へのコメント (ヒデより[02/16]) 私もこのトラクター使
  • ZETOR5714は水田仕様の日本限定バージョンでは?ヰセキZETOR TZ5714「撮りトラ」へのコメント (山葵より[02/13]) 強烈な朝顔ハンドルは
  • マニュアルシフトは限定品? 『Sトラ』クボタSL55Limited「撮りトラ@JA全農いばらき主催のスプリングフェア2019」へのコメント (伊藤三晃より[01/27]) つくばのクボタのとこ
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械