「お米たべてー!」TEAM|前日の車検まであと8日!Red Bull Box Cart Race Osaka 2022

PVアクセスランキング にほんブログ村

今朝はRed Bull Box Cart Race Osaka 2022(レッドブルボックスカートレース大阪2022)の出走権を獲得した「お米たべてー!」TEAMの近況をお届け・・・レース当日10/22の前日に行われる車検まであと8日・・・毎日遅くまで懸命の作業をしております。

ブログネタを考えなくても作業が進めばカートの姿も変わるので、頭を使わなくても良い・・・ということで、これからはこちらの話題が増えると思います。

まずは重量問題

まずは重量問題・・・まだ骨組みだけ。仕上がっていない状態でもうすでに69キロ・・・
まずは重量問題・・・まだ骨組みだけ、仕上がっていない状態でもうすでに69キロ・・・
であるのに、使いたい部品や材料を乗せてもう一度計ると84キロ・・・このまま作り続けると90キロに到達してしまいそう・・・手を動かすだけでなく、これからさらに頭をフル回転させてなんとかこの問題を解決していかなくてはなりません。
であるのに、使いたい部品や材料を乗せてもう一度計ると84キロ・・・このまま作り続けると90キロに到達してしまいそう・・・手を動かすだけでなく、これからさらに頭をフル回転させてなんとかこの問題を解決していかなくてはなりません。

とはいえ、まだ解決策は見つかっていません。

そのまま手を動かし続けてもどんどん重量がかさむばかりなんですが、塗装するくらいはそれほど重量は増えないでしょう。塗装が終わった段階での姿をとりあえず保存しておきます。
そのまま手を動かし続けてもどんどん重量がかさむばかりなんですが、塗装するくらいはそれほど重量は増えないでしょう。塗装が終わった段階での姿をとりあえず保存しておきます。
もういっちょ!このように作業に区切りが一つつくたびに、ちょっとだけニヤニヤして一息ついています。
もういっちょ!このように作業に区切りが一つつくたびに、ちょっとだけニヤニヤして一息ついています。

こだわりの部品

今回は時間がないので少し意図に合わない出来合いの部品の流用や、サイズの合わない部品も使っていますが、一つだけこだわった部品があります。

それがこれ。ウイングステーです。これは図面を引いて外注した唯一の部品です。ふにゃふにゃしたものばかりでできている車体なので、一つくらいは「カチッ」とした部分が欲しかったのです。
それがこれ。ウイングステーです。これは図面を引いて外注した唯一の部品です。ふにゃふにゃしたものばかりでできている車体なので、一つくらいは「カチッ」とした部分が欲しかったのです。
思いの外金属の質感が良かったので、当初シルバーに塗る予定を変更し、クリアで塗ってみました。目立つ!!
思いの外金属の質感が良かったので、当初シルバーに塗る予定を変更し、クリアで塗ってみました。目立つ!! いいじゃん!かっこいい!
「カチッ」とさせるのには意味があります。ペコペコ、フニャフニャしている車体は押したり引いたりする部分がありません。これはカートの息を衣をつけるために「押す」場所なのです。
「カチッ」とさせるのには意味があります。ペコペコ、フニャフニャしている車体は押したり引いたりする部分がありません。これはカートの息を衣をつけるために「押す」場所なのです。
僕らが普段乗る車には、ジャッキアップするためのジャッキポイントがありますけど、これは押すための「プッシュポイント」なんです。
僕らが普段乗る車には、ジャッキアップするためのジャッキポイントがありますけど、これは押すための「プッシュポイント」なんです。

次の作業に移る

一息ばかりついているわけにはいきません。時間がないのですから。次の作業、「にぎり」部分を作り始めます。
一息ばかりついているわけにはいきません。時間がないのですから。次の作業、「にぎり」部分を作り始めます。
片側から始めたのですが、こういう作業ってある程度経験を経たのちの反省点を踏まえてやる反対側の方がうまくいきます。こちら側はうまくいかなかったなぁ・・・
片側から始めたのですが、こういう作業ってある程度経験を経たのちの反省点を踏まえてやる反対側の方がうまくいきます。こちら側はうまくいかなかったなぁ・・・

とまあ、作業は今日も続きます。本番はパフォーマンス30秒、準備に30秒、走行に30秒の1分半ほどで全て終わってしまいますけど、バックグラウンドには膨大な時間がかかっています。

ですから本番というより、こういう作る部分が楽しいし、これを楽しまないとコスパが悪すぎますよね!それではまた明日!!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。