「朝3分の農機考古学」1979年登録組日の本E232とE324を追加

PVアクセスランキング にほんブログ村

朝のうっかりよそ見は膨大なロス。ほんのちょっと調べ物をしただけで1時間を失い、今日も内容はほとんどなし・・・申し訳ない気持ちで『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズです。1979年登録組として日の本トラクターE232とE324を追加しました。

ネットで見つけた日の本E232です。柿色に濃紺のライン。カクカクの姿にロゴまでカクカクです。日の本Eシリーズは3桁になってこれまでの空色で少し丸っこい姿から大幅に様変わりしました。MBの姿を引き継いだような前の型も好きでしたが、これも嫌いじゃないです。
ネットで見つけた日の本E232です。柿色に濃紺のライン。カクカクの姿にロゴまでカクカクです。日の本Eシリーズは3桁になってこれまでの空色で少し丸っこい姿から大幅に様変わりしました。MBの姿を引き継いだような前の型も好きでしたが、これも嫌いじゃないです。
手持ちの資料によると日の本E232は日の本2気筒P126ディーゼルとなっていて、これは1978年認定の日の本E23と同じなんです。スペックが同じであれば、馬力は23馬力/2500rpmかもしれません。そして運輸省型式認定番号は農1255号でした。
手持ちの資料によると日の本E232は日の本2気筒1263ccP126ディーゼルとなっていて、これは1978年認定の日の本E23と同じなんです。スペックが同じであれば、馬力は23馬力/2500rpmかもしれません。そして運輸省型式認定番号は農1255号でした。
1978年のトップバッターは日の本ベストE23Dです。手持ちの資料によれば運輸省型式認定番号は農1138号です。
ということは、この1978年の認定農1138号の日の本ベストE23Dの1年後にあの柿色カクカクの姿になってしまったということになりますよね?すごい変化です。
1978年にたくさん出したばかりなのに、大幅なモデルチェンジとは・・・
日の本E324です。農研機構の登録サイトには1979年にE394というのが登録されているので大体年式は1979〜と考えて良いのではないでしょうか。その依頼者は株式会社 日立建機ティエラとなっています。tractordata.comによると1979年 - 1982年で東洋社3気筒1.5L.32.馬力ディーゼルエンジンを搭載していたとあります。
こちらは以前見た日の本E324です。こちらも1979年登録組です。
日の本E324です。この私設博物館のキャプションによると・・・ 日の本トラクタ(HINOMOTO E324) ディーゼル 四駆 32馬力 ㈱東洋社〈日本〉 1960年(昭和35年)製 と書いてあります。しかし、他のサイトによればもっと新しいもののようです。
こちらは別のところで見たE324です。手落ちの資料では1498cc日の本3気筒3S150型ディーゼルのようですが、馬力など他のことはわかりません。32馬力ですかねえ・・・。運輸省型式認定番号はE232と連番の農1256号でした。
この時は年齢不詳と思っていましたが、後からこうやってわかることもあるのですね!
どうせならFORDに似せて、細かいメッシュのグリルをもっと目の粗いものにしたらよかったのに・・・ あ!おもりの部分にモロHINOMOTO E18って書いてありますね。もういちいち言いませんが(言ってるじゃん!)これも傾いてる・・・日の本E324です。農研機構の登録サイトには1979年にE394というのが登録されているので大体年式は1979〜と考えて良いのではないでしょうか。その依頼者は株式会社 日立建機ティエラとなっています。tractordata.comによると1979年 - 1982年で東洋社3気筒1.5L.32.馬力ディーゼルエンジンを搭載していたとあります。
型は違うけれど、大きな変化です。
シートに記入しました。上か下にまだ柿色の日の本が続きそうな気がします。
シートに記入しました。上か下にまだ柿色の日の本が続きそうな気がします。

『農機の運輸省型式認定番号一覧表』に追記しました

『農機の運輸省型式認定番号一覧表』を固定ページで公開しました。一番上のメニューから入れるようにしています。これから新しく運輸省型式認定番号を発見するたびに追記することにします。

追記:今まで一部の環境ではテキストが読めなかったということがわかったので修正しました。スマホでも読めるようになったと思うのですが、もし読めない場合はコメント欄でもメールでも構いませんので連絡をください。お願いします!

今日もこんな感じで終わります。こんなのが続きそう・・・それではまたあした!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。