オリジナル米袋を作ってみる(レギュラー30kgサイズと小さい500gサイズ)

今日は『「オリジナル米袋を作って!」と頼まれたので、作ってみた』というお話。スーパーで目にするビニールの米袋(あれはあれでカラフルでいいんですけどね)が幅を利かせる中、紙の米袋に興味を持っていただけるとはありがたい。ということで、ネタも兼ねて作ってみました。

スペシャリストですから

名刺代わりに配ろうと思った米袋をせっせと作る毎日。
小さい米袋も名刺がわりに作りましたし・・・
なかなか本題に入れません・・・

「プレゼントに使いたい」ということですが、できるだけリアルということにこだわりたい。そこでレギュラーサイズのものはホンモノを使うことにしました。

近所のMさんのところで本物の米袋を数枚もらってきました。以前の調査でこの米袋は3重になっていることがわかっていますから、こいつをバラせば共布(この場合は共紙)が手に入ります。そいつに印刷して上から貼り付けてしまえばオリジナルの米袋ができると考えました。
近所のMさんのところで本物の米袋を数枚もらってきました。以前の調査でこの米袋は3重になっていることがわかっていますから、こいつをバラせば共布(この場合は共紙)が手に入ります。そいつに印刷して上から貼り付けてしまえばオリジナルの米袋ができると考えました。

途中経過を撮るのを忘れた

途中経過を撮るのを忘れてしまった・・・30kgの米袋、当初の方針通りに作って完成です。共布ならぬ共紙を使っているので上から貼った紙の境界が目立つ以外は違和感ないと思いませんか?
途中経過を撮るのを忘れてしまった・・・30kgの米袋、当初の方針通りに作って完成です。共布ならぬ共紙を使っているので上から貼った紙の境界が目立つ以外は違和感ないと思いませんか?
2枚できました。ただ、何も考えないで作ってしまうと失敗もあります。紙に裏表があったのです。サイドの「コシヒカリ」を隠した紙は裏に印刷してしまったようで、若干切り貼り感が強いです。
2枚できました。ただ、何も考えないで作ってしまうと失敗もあります。紙に裏表があったのです。サイドの「コシヒカリ」を隠した紙は裏に印刷してしまったようで、若干切り貼り感が強いです。

500gの小さい米袋を作る

途中経過を撮り忘れた30kgの米袋。でも、メインイベントはちゃんと撮ってあるゼロから作る500gの米袋です。こちらは「見えないリアル」にこだわり、二重の米袋にしました。(全く外からわかりませんが、触った時のガサッという触感が違います。)

まず、印刷したクラフト紙を折って糊で貼り、筒にします。
まず、印刷したクラフト紙を折って糊で貼り、筒にします。
そこに同じくホンのちょっとだけ径を小さくして筒にした無地のクラフト紙を差し込みます。
そこに同じくホンのちょっとだけ径を小さくして筒にした無地のクラフト紙を差し込みます。
二枚まとめて折って底を作ります。内側外側をぶっ違いに閉じて糊付け。
二枚まとめて折って底を作ります。
こんな感じですね。
こんな感じですね。小さいですが本物にかなり近いです。
内側の袋と外側の袋、それぞれ別に閉じてあります。
内側外側をぶっ違いに糊付けして別に閉じてあります。
小さい米袋は1枚じゃ効果がありません。たくさんないと面白くないので数を作ります。
小さい米袋は1枚じゃ効果がありません。たくさんないと面白くないので数を作ります。

紙紐が必要

紙の米袋は紐が命。これがないと魂が入りません。

13本の紙紐を並べたクラフトバンド。これをそっくり使うと太すぎるので、4本束ねくらいに切って使います。
本物と同じように一番外側の袋を折り返して糊付けします。
本物と同じように一番外側の袋を折り返して糊付けします。
これで完成!たくさんできました。
これで完成!たくさんできました。
オリジナルの大きさと比べるとサイズがわかります。
オリジナルの大きさと比べるとサイズがわかります。

中身を入れてみよう

可愛いでしょう? ちょっと中袋の糊が多かったようで外袋と中でくっついて底の形が悪くなってしまいました。残念!
可愛いでしょう? ちょっと中袋の糊が多かったようで外袋と中でくっついて底の形が悪くなってしまいました。残念!
↑これじゃサイズがわからないですよね。比較するものを・・・と思い、手近にあったものを置いてみましたけど、トイレットペーパーは食品と並べるには少し問題があるかも・・・
↑これじゃサイズがわからないですよね。比較するものを・・・と思い、手近にあったものを置いてみました、ただ、トイレットペーパーは食品と並べるには少し問題があるかも・・・

今日は米袋でした。それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。