2021年度、環境保全会の草刈りがキックオフ!

2021年度、環境保全会の草刈りのキックオフ、スライドモアでの草刈りが始まりました。待っていたわけではないのに、キックオフなどと待ちかねたような言い方をしてしまう・・・。春は生き物や植物が一斉に動き始めるので、つられてウキウキしてしまいます。

もう水を入れている田んぼがあります。急に暖かくなって季節が進んだ感じがします。その季節に作業が追いついていない感じ。本来ならまだまだ余裕のはずなんですが・・・
もう水を入れている田んぼがあります。急に暖かくなって季節が進んだ感じがします。その季節に作業が追いついていない感じ。本来ならまだまだ余裕のはずなんですが・・・
去年は5月に入ってからのスタートでした。季節が早く回ってきたため、草の伸びも早いのでしょう。スライドモアの草刈りも去年より1ヶ月早くスタートです。
去年は5月に入ってからのスタートでした。季節が早く回ってきたため、草の伸びも早いのでしょう。スライドモアの草刈りも去年より1ヶ月早くスタートです。
この時期に始められれば田植えは気持よくできそうです。
この時期に始められれば田植えは気持よくできそうです。
この調子だと4月中、もしくは5月の頭に人を出しての草刈りをするのかもしれません。(まだ聞いていないですけど)
この調子だと4月中、もしくは5月の頭に人を出しての草刈りをするのかもしれません。(まだ聞いていないですけど)
こういうの見ていると、庭の草も伸びているので「やらなきゃなぁ」とムズムズします。めんどくさいのと大変なのでやりたくないのですが・・・
こういうの見ていると、庭の草も伸びているので「やらなきゃなぁ」とムズムズします。めんどくさいのと大変なのでやりたくないのですが・・・
機械が届かなかった部分、人を出して刈ってやらないとまずいですよねぇ・・・
機械が届かなかった部分、人を出して刈ってやらないとまずいですよねぇ・・・
外来植物のナガミヒナゲシが咲いています。Wikipediaには、根と葉からは周辺の植物の生育を強く阻害する成分を含んだ物質が生み出されるアレロパシーがあると書いてありました。今のところ始末に負えないという程ではありませんが、これが咲くのは他の植物に対する影響を考えると好ましいことではありません。
外来植物のナガミヒナゲシが咲いています。Wikipediaには、根と葉からは周辺の植物の生育を強く阻害する成分を含んだ物質が生み出されるアレロパシーがあると書いてありました。今のところ始末に負えないという程ではありませんが、これが咲くのは他の植物に対する影響を考えると好ましいことではありません。
縁石にはなぜか菜の花が数株だけこびりついていました。
縁石にはなぜか菜の花が数株だけこびりついていました。

Wikipediaを見ていたら、カメムシの仲間で、仲間だけにやっぱり匂いを出す・・・その匂いが飴の匂いだというのでアメンボだそうです。

僕は一度もにおいを嗅いだ事がありませんが、昔の人はそんな事まで確かめていたのですね。もしかしたらそうやって毒はないか、食べられないか、いちいち研究するものだったのかも・・・

拡大してみたらカップルでした。ごめんなさい!
拡大してみたらカップルでした。ごめんなさい!

「草刈りを始めたよ」という記事は正直僕にはおもしろくも何ともないのですが、こうやって書いておくと備忘録になったり、前年と比べたりできるようになります。

単品ではおもしろくないのに、並べると俄然おもしろくなる・・・そのためにこうやって書いている感じです。

パッと見つけられた限りのキックオフ記事

2020年の草刈りスタートは5/18日。
2019年のキックオフは5/13日。
これはキックオフじゃなかったかな?2017年6月の記事。
2016年は5/22日スタート!

一連の記事を見ても4月スタートは例年より早いことがわかります。何かがうまく行っているから早く始められたということなのでしょう。

最後に草刈りのプレイリストを貼付けて今日はおしまいにします。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。