2020年のベスト記事ランキング

ある人に「年末は結構その年のベスト記事ランキングをやっているよ。あなたもやったら?」と言われたので、年を越してしまいましたがやってみます。

2020年、367本の中のブログ記事ランキング、確定版です。

10位、151ビュー

L2600は4気筒のようだけど、L2601になると3気筒になるのでは?などという想像している記事。もちろん、なぜ読んでいる人がいるのかはわかりません。

9位、152ビュー

その年ではなく、以前撮ったものの中から出してきたもので、「クローラが以前見たものとはちょっと違う感じ」というくらいで、とりたてて何ということはない記事だと思うのですが・・・

8位、171ビュー

ほぼライオンしか合致していませんが、さだまさしの楽曲「風に立つライオンが思い起こされるタイトル。これ、Wikipediaによると1987年だそうです。『本体とエンジンの重量配分は絶妙。抜群の直進性で手放し運転の離れワザができる威力。だから悠々とした仕事ぶり!』などという、今ならアウトの記載も・・・

7位、175ビュー

L12型からL35R型まで、6台の「撮りトラ」を生まれた順に並べた記事。

6位、200ビュー

普通に検索するとTZ5714は出てこないので、イセキで水田専用の機能部分(ステアリングブレーキ・クラッチ)取り付けた、日本専用仕様がTZ5714なのでは?という結論になっていました。

また、この機体、中古車屋さんで見たものですが、以前のオーナーさんから連絡を貰った思い出深い記事でもありました。

5位、207ビュー

農機展で見た最新式のハーベスターに対し、それまで僕の見た古いヤツはこうだったよ・・・なんてことを書いた記事。新しいものはタイヤの横で掘るようになっていたんですよね。

4位、228ビュー

COBO製のヘッドランプは時間が経つとメッキが剥がれちゃうとか、この長方形の顔のMFは目の位置が上だったり下だったり丸目だったりするものがある・・・などというとりとめのない記事。

3位、241ビュー

農機展で見たクボタたまねぎピッカーHTP122をきっかけに、それまで見たたまねぎ関係の機械を全部並べた記事。

2位、340ビュー

うーーーん・・・サマーフェアで見たクボタの機械の写真と値段を並べただけの何の変哲もない記事です。みなさんどこを読んでいるのかよくわかりません。

そして1位は・・・352ビュー

わっ!これもフツーの「撮りトラ」です。

内容的には「撮りトラ」が7つ、それ以外が3つと圧倒的に「撮りトラ」優位でした。その撮りトラの中でも1位はジョンディア。

やっぱりジョンディアが一番人気なんですかね?しかし、クボタは記事数が多いこともあってベスト10に4台も入っています。

以上、2020年の記事のベストテンでした。

今日のは2020年に書かれた記事367本中の順位という縛りでしたが、明日は2009年から2020年までに書かれた3967記事のなかで、2020年にもっとも読まれた記事ベストテンをやってみたいと思います。

実は今回の1位は全体で見ると、100位以下です。昔の記事のほうが人気があるのが悔しい・・・

それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。