訂正!!一昨日〜のトラクターはMT46Dだった!じゃあMT48DXは何処?

グランドパルシードMT48です。この馬力帯は短い間に42/43/46/48/52馬力のパルシードが存在していて、「こんなに細かくわける必要があるの?」と思うくらい大変競争が激しいです。
MT48だと思っていた一昨日からのグランドパルシードは、撮ったご本人からの指摘でMT46だということがわかりました。またやっちゃいましたね・・・訂正です。
三菱最大最長シリーズ(多分)のパルシードファミリー・・・三菱グランドパルシードMT48です。田んぼの法面のような、ズリ落ちてしまうような・・・とんでもないところに止まっているような気がします。
もっと拡大して見れば良かったのに、早合点してしまいました。6と8を見間違っていました。ややこしいですが、kこのトラクターはグランドパルシード最小のトラクターMT46、カタログではMT46Dでした。訂正します。
Dトラと呼ばれたDが頭に付く型番のトラクター、それからその後のMT4桁の青いトラクターの時代を経て1984年、赤くなって登場した三菱のトラクター。(しかも型番は同じMTで始まるのに2桁に減っている珍しいパターン)赤くなった三菱は80馬力まであったんですね!
そのカタログの中では、MT52D、MT70D、MT80DとともにMT46Dがめでたくグランド入りを果たしています。

このカタログでいうところの一番下、左のトラクターです。

年表で赤く示したのがグランドパルシードMT46D
年表で赤く示したのがグランドパルシードMT46D
これを見るとグランドパルシードの系譜がわかるのではないでしょうか? ビリーさんの見た、MT48は青いパルシードMT4801直接の子孫で、1986年に生まれたMT48DXではないかと思われます。
と、いうことは赤く示したMT4801(D)のなりかわり、MT48DXはどこへ行ってしまったのでしょう?グランドパルシードだったのか、そうじゃなかったのか・・・どんな顔をしていたのか・・・

朝の短い時間の考察なので、またしても間違ってしまうかもしれません。(でもやるのだ)方向が間違っていれば何度でも考え直します。

これまで出てきた情報を再構築してもう一度組み立ててみます。

年表から突然誕生したMT46Dは、同時に生まれているMT52Dがシバウラ製のようですから、同じくシバウラ製と考えられます。

となると、三菱オリジナルのMT4801(D)が別扱いなのも頷けます。

ネットを検索していると、過去のオークションの画像でヒントを見つけました。このトラクターの銘板と思われるものが同時に掲載されていたのです。
ネットを検索していると、過去のオークションの画像でヒントを見つけました。このトラクターの銘板と思われるものが同時に掲載されていたのです。
その画像がこれ。形式名MT4801D区分MT48D
その画像がこれ。

形式名 MT4801D
区分 MT48D

なんと!ボディサイドにMT48と書かれたこの赤いトラクターは、MT4801Dだったのです。

これを見るとグランドパルシードの系譜がわかるのではないでしょうか? ビリーさんの見た、MT48は青いパルシードMT4801直接の子孫で、1986年に生まれたMT48DXではないかと思われます。
ロボット顔のMT48は実はMT4801Dで、しかもMT48DXだったとは考えられないでしょうか?
このトラクターは青いパルシードMT4801Dの直系の子孫で、1989年の総合カタログには載っていなくとも、依然売られていた・・・と考えればこれまでの材料の中で矛盾がありません。(また間違っているかもしれませんが)
Dトラと呼ばれたDが頭に付く型番のトラクター、それからその後のMT4桁の青いトラクターの時代を経て1984年、赤くなって登場した三菱のトラクター。(しかも型番は同じMTで始まるのに2桁に減っている珍しいパターン)赤くなった三菱は80馬力まであったんですね!
そのカタログの中では、MT52D、MT70D、MT80DとともにMT46Dがめでたくグランド入りを果たしています。

MT48DXは、大型トラクターをシバウラに頼んで、戦力外という事が既に決まっているはずです。

ただのパルシードであるMT48が年表のMT48DXと同一である・・・という案、どうでしょう?

三菱トラクター MT48 48というからには48馬力なのでしょう。しかし詳細は不明です。
MT33Dあたりはシルバーと赤、黒の取り合わせです。同じくその取り合わせのこのトラクターが、1989年のカタログの中にあっても違和感はないですよね?
三菱トラクター MT48 48というからには48馬力なのでしょう。しかし詳細は不明です。
MT46Dより馬力は小さいのにグランドパルシードじゃない、ただのパルシード。「そういうことか!!!」と一人また勝手に納得しています。

整理しますと・・・

MT4801は元々パルシードで、MT48になって赤くなってもやっぱりパルシード。

三菱が赤くなった時にグランドパルシードはシバウラに任せることにしたので、MT48より馬力は小さいけどMT46Dはグランドパルシード。

こういうことだったんじゃないか劇場でした。

今日はもう時間がありません。興味のない人にはどうでもいいことをいつも長々と書いてホント申し訳ありません。今日はここまでです。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。