ついに蕎麦の収穫です

そばを刈っている写真。
お天気に恵まれた昨日の11月21日、蕎麦の収穫をしました。やはり人海戦術でした。

過ぎたるは及ばざるがごとし。雨にたたられてデキがイマイチの保全会活動の蕎麦、また、結局恐れていた鎌で収穫ということになってしまいましたが、そこはそれ、やっぱり収穫というのは心躍るものです。他のみんなも楽しそうに見えます。

蕎麦の写真
少し遅いそうですが、問題なさそうです。
蕎麦の収穫の写真。
背の不揃いな蕎麦を一つ一つ刈っていくしかありません。初めは気が遠くなりそうでした。

単純作業の基本は何も考えないこと

単純作業の図
膨大な仕事量を前にしてその量のことを考えても何も始まらないのでした。それよりは何も考えず、ただひたすら口と手を動かす・・・これを井戸端会議というそうです。しかし、あら不思議!いつの間にか時間は過ぎ、その結果仕事は終わりに近づいているのでした。

下駄を履くまでわからない。この先どうなる?

↑ 蕎麦の収穫の動画(1分13秒)画面クリックでも再生します。

続きを読んでね!の画像

長くなるので畳んでおきます。「続きを読む」をクリックして、下に開いてみてください。

だんだん溜まってきた!!少ないとお思いでしょうが、3人で一時間ほどの成果です。蕎麦の実が茎から離れる、何といえば良いのでしょう?「ブリブリブリッ」と言う感触が楽しくてそんなに苦になりません。
だんだん溜まってきた!!少ないとお思いでしょうが、3人で一時間ほどの成果です。蕎麦の実が茎から離れる、何といえば良いのでしょう?「ブリブリブリッ」と言う感触が楽しくてそんなに苦になりません。
今日の成果です。乾燥のためハウスの中に広げました。「えっ?葉っぱ?」と思われるかもしれませんが、それは不純物で、その下に蕎麦の実が広がっているのです。
今日の成果です。乾燥のためハウスの中に広げました。「えっ?葉っぱ?」と思われるかもしれませんが、それは不純物で、その下に蕎麦の実が広がっているのです。

9月5日に種をまいて77日。ほとんど放っておかれた蕎麦はここに収穫の日を迎えました。これを乾燥させて、粉にして、長いほうの蕎麦の形にまで持っていけるか・・・全く無計画に進んで行きますが、乞うご期待!

保全会活動で作る蕎麦の記事へ
保全会活動で作る蕎麦の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“ついに蕎麦の収穫です” への5件の返信

    1. はい 零次さん

      何はともあれ最初の一歩です
      おいしいのかまずいのか
      うまく行くのかいかないのか

      粉にして打って食べるまで
      まだまだ楽しむ余地ありです

    1. あ!ほんとだ!!

      種をまいたのが9月って頭でいたら
      収穫の日付も9月にしちゃった
      11月21日の間違いです
      今日中に直しときますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。