トラクターのクローラ比べ「撮りトラ」

今日は昨日からの続きで新旧各車のクローラ比べ「撮りトラ」です。

 

まずは第34回国際農業機械展in帯広で見た、クローラだけ・・・どういう車輛に採用されているのかはわかりませんが、かなり大きなものです。

まずは第34回国際農業機械展in帯広で見た、クローラだけ・・・どういう車輛に採用されているのかはわかりませんが、かなり大きなものです。

 

こちらはその裏側。洋服のハンガーのような形の部材で転輪を吊り下げているんですね。なかなかクローラの裏側を見ることはないので、貴重な写真です。

こちらはその裏側。洋服のハンガーのような形の部材で転輪を吊り下げているんですね。なかなかクローラの裏側を見ることはないので、貴重な写真です。

 

銘板には注意のピクトとメーカー名が書いてあります。

銘板には注意のピクトとメーカー名が書いてあります。

 

CAMSOというメーカーのようです。

CAMSOというメーカーのようです。

 

調べてみるとこういうロゴでした。カナダの会社のようです。

調べてみるとこういうロゴでした。カナダの会社のようです。

 

カッコいいWEBページ。最近ミシュランに買収されてオフロード関係の商品を扱っているみたい・・・

カッコいいWEBページ。最近ミシュランに買収されてオフロード関係の商品を扱っているみたい・・・

 

CAMSOのクローラとだいぶ大きさが違います。転輪もひとつ少ない・・・こちらは見慣れた感じでおわかりですよね?

CAMSOのクローラとだいぶ大きさが違います。転輪もひとつ少ない・・・こちらは見慣れた感じでおわかりですよね?

 

答えは2013年に見たクボタKL33Zです。

答えは2013年に見たクボタKL33Zです。

 

どうしてもクボタばかりになってしまうのでがんばって違うところを出します。(ブルーなのですぐバレちゃいますが・・・)この動輪は分割式じゃないみたい・・・

どうしてもクボタばかりになってしまうのでがんばって違うところを出します。(ブルーなのですぐバレちゃいますが・・・)この動輪は分割式じゃないみたい・・・

 

答えはヰセキのブルーハンター20でした。

答えはヰセキのブルーハンター20でした。

 

kubota tractor GM64 クボタGM64パワクロ。

こちらはクローラの真ん中に穴が開いていて、そこに動輪の歯車が引っかかるタイプ。

 

kubota tractor GM64 クボタGM64パワクロ。もちろん64馬力。

クボタのGM64

 

これが三菱トラクタGAK360XUVのクローラです。わりと大柄な機体に若干釣り合わない感じで小さめ。

こちらは動輪が2分割。かなりスッキリとしています。

 

三菱トラクタGAK360XUV 四角く姿勢のよいキャビンと流れが自然なフェンダーが妙にカッコいいです。「地味だけど意外といいじゃん!」という感想。トラクター狂さんの指摘でGMシリーズの「M」はマニュアルを表し、GAシリーズの「A」はオートマを表していることがわかりました。と、いうことはGAKシリーズの「K」はクローラの意味でしょうね。英語じゃないみたいですからKriecher・・・ドイツ語かな?

上の足の持ち主は三菱トラクタGAK360XUV 四角く姿勢のよいキャビンと流れが自然なフェンダーが妙にカッコいいです。「地味だけど意外といいじゃん!」という感想。

 

こちらはネットで見つけたNT3シリーズのクローラ。なんだかものすごく似てますね!三菱トラクタのものとは泥落としが付いているかいないかくらいの違いです。

こちらはネットで見つけたNT3シリーズのクローラ。なんだか上のGAK360XUVのクローラにものすごく似てますね!三菱トラクタのものとは泥落としが付いているかいないかくらいの違いです。

 

クボタ レクシア MR70パワクロ KUBOTA tactor REXIA MR70QMAXUPC1-RF4C 価格¥9,961,920 70PS パワクロ ワイドキャビン レクシアシフト eアシスト旋回 エンジン回転メモリ 本体のみの価格となります。作業機は別途 クボタ筑波工場で行われた、関東甲信越クボタグループの「元氣農業応援フェア」

前後の大きな車輪がシングルの薄いもの。動輪は三分割になっているのでしょうか?

 

 

クボタ レクシア MR70パワクロ KUBOTA tactor REXIA MR70QMAXUPC1-RF4C 価格¥9,961,920 70PS パワクロ ワイドキャビン レクシアシフト eアシスト旋回 エンジン回転メモリ 本体のみの価格となります。作業機は別途 クボタ筑波工場で行われた、関東甲信越クボタグループの「元氣農業応援フェア」

転輪が4つですね!

 

クボタ筑波工場で行われた、関東甲信越クボタグループの「元氣農業応援フェア」

前置きが長くなってしまいました。上の足の持ち主はレクシアMR70です。

 

実はクローラばかり10枚以上撮っています。右側のタンクに付いたステップ4段もあります。フリークライミングですね。

これはすごく大きなクローラです。みっちり具の詰まったおにぎりという感じ。

 

人が傍に立つとその大きさがわかると思います。人の背丈くらいあるおにぎり。

人が傍に立つとその大きさがわかると思います。人の背丈くらいあるおにぎり。

 

New_Holland_T8.435 これだけ大きいんです。

 

このクローラ、カタログによると幅も色々あるようです。僕の見たものは一番幅の広いものかなあ・・・

このクローラ、カタログによると幅も色々あるようです。僕の見たものは一番幅の広いものかなあ・・・

 

これまた変わったタイプ。相ドラーローラーとかいうのでしょうか・・・ひとつ見たことのない車輪がついています。動輪も比較的小さめ。

これまた変わったタイプ。相ドラーローラーとかいうのでしょうか・・・ひとつ見たことのない車輪がついています。動輪も比較的小さめ。

 

その動輪、二分割っぽいです。

その動輪、二分割っぽいです。

 

この後ろ足の持ち主はクボタ・グローブM110Gでした。

この後ろ足の持ち主はクボタ・グローブM110Gでした。

 

これはハーフクローラみたいですけどフルクローラです。

これはハーフクローラみたいですけどフルクローラです。

 

第54回中古機械展示即売会で見たヤンマーCT226(CT226UQKS7M) お値段は¥2,350,000 安いのか高いのか全くわかりません。プライスタグに書いてあったままです。

答えはヤンマーCT226

 

なんだかキリがないです。まだまだネタはあるのですが時間がなくなってきたので今日はこの辺で・・・それではまた明日!

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2020/03/24/crawler-2/trackback/