『大地500』に続き、三菱GF130Aのご当地トラクター 『大地13A』「撮りトラ」

今日は最近のマイブーム、JAのようなグループが取りまとめ、ニックネームを付けて売る、ご当地トラクターシリーズ最終回(多分)hokkaidoujinさんに連れて行ってもらった農協で見た、三菱のご当地トラクター『大地13A』「撮りトラ」です。

 

Appleが人と認めたトラクター(あまり本気にしないでくださいね!)でもあるGF130Aと思われる方もいるかもしれませんが、違います。エンジンフードには『大地13A』と書かれていますから。

Appleが人と認めたトラクター(あまり本気にしないでくださいね!)でもあるGF130Aと思われる方もいるかもしれませんが、違います。エンジンフードには『大地13A』と書かれていますから。

 

僕は写真のすべてをiPhoto(古いMAC OSXバンドルの写真整理ソフト。「新しいの使えよ!」というのはナシです。)で管理しています。このiPhotoは顔認識をすることができて、名前を割り当てれば写真の中からその人を見つけてくれるのです。で、そのiPhotoがこのように四角で囲って「この人はだれですか?名前を入れてください」と要求しているのです。ここで名前を入れれば、この人が写っている他の写真を探してまとめてくれるんです。

僕は写真のすべてをiPhoto(古いMAC OSXバンドルの写真整理ソフト。「新しいの使えよ!」というのはナシです。)で管理しています。このiPhotoは顔認識をすることができて、名前を割り当てれば写真の中からその人を見つけてくれるのです。で、そのiPhotoがこのように四角で囲って「この人はだれですか?名前を入れてください」と以前のGF130Aと同じように今回も要求しています。ここで名前を入れれば、この人が写っている他の写真を探してまとめてくれるんです。

 

POPには 三菱ハイクリトラクタGF130、参考出品 キュウホー S3カルチ3条 型式 QS3B-3HP(3Pヒッチ付き) 価格 ¥361,800 ということでした。

こちらが以前見た三菱ハイクリトラクタGF130A、参考出品とだけあります。しかし、車体にはGF130Aとの表記。確かに細い車輪を持ち、車高が高くなっています。

 

こちらは『大地13A』のほう。 GF130Aについていた、キラキラのラインは省略されてしまっているのですね。

こちらは『大地13A』のほう。
GF130Aについていた、キラキラのラインは省略されてしまっているのですね。そのせいか、何となくしまらない印象です。

 

と、いうわけでこれが『大地500』でございます。キャビンもナシのシンプルで何の変哲もないデザイン。お値段を知りたかったのですが、関東の展示会と違ってプライスタグが付いていません。「買いもしないのに値段を聞くのは悪いな」と考える者にとっては少々敷居が高くなっております。

そしてこちらが『大地13A』に対してのお兄さん『大地500』です。弟のほうが13Aなのになぜ『大地50』ではなく『大地500』???

 

商品写真はスタジオではなく、野外で撮影した写真を切り抜いたのでは?と想像されるもので、これはこれでローカル感がとてもいい感じ。

上の写真ではわかりにくいですよね。これならどうでしょう。貰ってきた『大地500』のカタログです。

 

ロゴマークはなかなか渋い。書はホクレンの会長さんだったりして・・・(会長!一つお願いしますよ!・・・なんて感じで)

ついでにオリジナルのロゴマーク。こちらはキラキララインは廃止していません。

 

ここで並べたほうが見やすいということで、今回のテーマ『大地13A』に戻ります。『大地500』がシルバーの文字だったのに対し、『大地13A』のほうはなぜかゴールドの文字。

ここで並べたほうが見やすいということで、今回のテーマ『大地13A』に戻ります。『大地500』が黒フチ、シルバーの文字だったのに対し、『大地13A』のほうはなぜか白フチ、ゴールドの文字。ロゴタイプは一緒です。

 

ここで並べたほうが見やすいということで、今回のテーマ『大地13A』に戻ります。『大地500』がシルバーの文字だったのに対し、『大地13A』のほうはなぜかゴールドの文字。

『大地13A』は
三菱L3E水冷3気筒ディーゼル952cc
13馬力/2500rpm
となっています。

 

銘板には 型式名 三菱 GF130 区分 GF130A とあります。

銘板には
型式名 三菱 GF130
区分 GF130A
とあります。

 

昨日も引き合いに出した 系統推奨銘柄・型式農業機械 | 中古農機情報サイト アルーダ - ホクレン によると ◆低振動・低騒音のエンジン搭載  952CC L3Eエンジンを搭載しております。  ◆パワーステアリング常装でラクラク作業  ◆前進9段階・後進3段階の多段変速  きめ細かく、様々な作業に対応します。 ということでした。

昨日も引き合いに出した
系統推奨銘柄・型式農業機械 | 中古農機情報サイト アルーダ – ホクレン
によると
◆低振動・低騒音のエンジン搭載
952CC L3Eエンジンを搭載しております。
◆パワーステアリング常装でラクラク作業
◆前進9段階・後進3段階の多段変速
きめ細かく、様々な作業に対応します。
ということでした。

 

全くの偶然ですが、第34回国際農業機械展in帯広で貰ってきたチラシの中にその説明が紛れ込んでいました。「とりまとめ」とカタログに書いてあったものは、これでいう1.にあたるのでしょうか・・・元々機械の大きさも農業の規模も大きな北海道ですが、1819台まとまると1億一千七百万円引き・・・というのボリュームディスカウントがものすごいです。

『大地13A』もレクシアNew Shining Hope HOPE97 と同じく、この図でいう1の「農業機械早期予約取りまとめ」ではないかと僕は考えています。(何も裏を取っていませんが)

 

系統推奨銘柄・型式農業機械 | 中古農機情報サイト アルーダ - ホクレン には専用カタログもありました。除雪作業には云々・・・というところが北海道という感じです。

系統推奨銘柄・型式農業機械 | 中古農機情報サイト アルーダ – ホクレン
には専用カタログもありました。除雪作業には云々・・・というところが北海道という感じです。

 

裏は主要諸元

裏は主要諸元

 

こちらは三菱のサイトにあったGF130Aの主要諸元。根がずぼらなのでどこがどう違うのか精密に検証するのは苦手です。

こちらは三菱のサイトにあったGF130Aの主要諸元。根がずぼらなのでどこがどう違うのか精密に検証するのは苦手です。

 

●のところだけ並べてみました。上が『大地13A』下がGF130Aです。雰囲気ですがある程度機能が省かれている感じです。

●のところだけ並べてみました。上が『大地13A』下がGF130Aです。雰囲気しか感じることはできませんが、ある程度機能が省かれている感じです。

 

撮った残りの写真を・・・ 相変わらず燃料タンクキャップ撮ってます。

撮った残りの写真を・・・
相変わらず燃料タンクキャップ撮ってます。何だか汚れてる。

 

ギアオイル15L

ギアオイル15L

 

 

 

 

書き疲れたので今日はここまでです。また明日!

 

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2018/10/06/mitsubishi_daichi_13a/trackback/