1 2 3 4 5 6 65

Dは4WDのD。サトーKUMIAI ST-4000D「撮りトラ&昔のカタログ」

今日は北海道で見た、サトーKUMIAI ST-4000D「撮りトラ昔のカタログ」です。ここのところサトーづいていますね。

 

です。擱座しています。どうも三菱(サトーですけど)はこんな悲しい状態のものが多いです。

サトーKUMIAI ST-4000Dです。擱座しています。どうも三菱(サトーですけど)はこんな悲しい状態のものが多いです。

 

ほとんどエンジンだよなあ・・・この写真で一番気になったのはフードのつなぎ目に見えている燃料タンクキャップ。

三菱MT6501D・・・(とはいってもKUMIAIか・・・)こちらも擱座しています。

 

 

サトーKUMIAI ST-4000Dです。四駆のようで、球体関節です。以前見たブルトラみたい。

サトーKUMIAI ST-4000Dです。四駆のようで、球体関節です。以前見たブルトラみたい。

 

球体関節はどうしても場所を取ってしまいますね・・・

球体関節はどうしても場所を取ってしまいますね・・・

ついでなので球体関節を探してみます

 

同じ頃の製品ということもあるのでしょうが、ブルトラんと同じような球体関節四輪駆動となっています。

こちらはクボタL1500DTの球体関節。サトーと少し形状が違います。

 

農研機構のサイトで調べてみると、シバウラSF1040Tの登録は1979年。スペックはtractordata.comによればシバウラ4.6L4気筒ターボディーゼル105馬力。1040Tの「T」はTURBOの「T」。そして末尾の40は4WDを表しているようです。

シバウラSF1040T・・・球体関節ですね。

 

こんがりと日に焼けたように錆に覆われ、茶色くなったシバウラです。きっと動くのでしょうが、放置度合いもここまでくるといっそ清々しいです。正面から見ると球体関節で、ブルトラといっしょ!

シバウラS700-O・・・こちらも球体関節。

 

球体関節みたいな前足。他のトラクターだとこんなに目立たないのですが、小さなホイールに比べてすごく目立っちゃってます。

ブルトラB5000・・・あ!この作りは同じくボタだけあってL1500DTと同じです。

 

ずいぶん脱線してしまいました。D4000FDに戻ります。フロントはブルトラや初期のL形のような球体関節なんですね。操舵のリンクは複雑そうです。

三菱のほうのD4000FDももちろん球体関節。

 

 

佐藤造機(三菱農機)のSATO TRACTOR ST-4000 サトートラクターST-4000のカタログ。2084ccで40PS

そしてこちらは以前トラクター狂さんに送ってもらった、佐藤造機(三菱農機)のサトートラクターST-4000のカタログ。2084ccで40PS。こちらは2輪駆動です。

 

僕の見た機体は四駆なのでST-4000Dと末尾に「D」が付いています。4WDのDなのでしょう。なぜ三菱のようにFDとしなかったかは謎ですが。

僕の見た機体は四駆なのでST-4000Dと末尾に「D」が付いています。4WDのDなのでしょう。なぜ三菱のようにFDとしなかったかは謎ですが。

 

ボディのサイドにはお約束のKUMIAIの文字が大きく・・・

ボディのサイドにはお約束のKUMIAIの文字が大きく・・・

 

正面には農協バッジ。メーカー名はずっと小さく右下のほうにMITSUBISHIとあるだけです。あれ?サトーじゃなくて三菱だ!!!形式名はSTなのにメーカーはサトーじゃないです。

正面には農協バッジ。メーカー名はずっと小さく右下のほうにMITSUBISHIとあるだけです。あれ?サトーじゃなくて三菱だ!!!形式名はSTなのにメーカーはサトーじゃないです。

 

農業機械の種類 農用トラクター(乗用型) 型式名 サトーST-4000D 区分 ー 発売元 全国農業協同組合連合会 製造会社 佐藤造機株式会社 製造番号 ー 銘板ではメーカー名は佐藤造機となっています。KUMIAIマシンのせいなのか、佐藤造機→三菱農機の過渡期なのかめちゃくちゃになっていますね。

農業機械の種類 農用トラクター(乗用型)
型式名 サトーST-4000D
区分 ー
発売元 全国農業協同組合連合会
製造会社 佐藤造機株式会社
製造番号 ー

銘板ではメーカー名は佐藤造機となっています。KUMIAIマシンのせいなのか、佐藤造機→三菱農機の過渡期なのかめちゃくちゃになっていますね。

 

安全鑑定の番号は三菱MT4000Dとしてで、201116です。

安全鑑定の番号は三菱MT4000Dとしてで、201116です。この番号だと1977年の登録となっています。

 

佐藤造機(三菱農機)のSATO TRACTOR ST-4000 サトートラクターST-4000のカタログ。2084ccで40PS

ちなみに二輪駆動のほうの佐藤造機(三菱農機)のサトートラクターST-4000は、2084ccで40PS ●豪快40馬力、静かな4気筒エンジン。過酷な作業も業力な粘りであと押し。
●前進18段・後退6段、P.T.O独立4段が、あらゆる作業にマッチ。
●手もと集中の快適な操縦機能。疲れ知らずの居住性。徹底した安全設計。だそうです。

 

また、これによれば二駆のST-4000の主要諸元は

サトートラクターST-4000
———————————
形式 ST-4000
———————————
車種 大型特殊自動車
———————————

エンジン
———————————
名称・形式 4DQ?5t立形直列
———————————
気筒数-内径×行程 mm 4-84φ×94
———————————
総排気量 cc 2,084
———————————
圧縮比 21:1
———————————
出力/回転数 ps/r.p.m 40/2,400
———————————
P.T.O最大出力 ps/r.p.m 36/2,400
———————————
最大トルク kg-m/r.p.m 12.7/1,600
———————————
噴射ポンプ形式 ボッシュA型
———————————
燃料 JIS2号軽油
———————————
燃料タンク容量 ℓ 46
———————————
冷却水容量 ℓ 8
———————————
潤滑油容量 ℓ 5
———————————

主要寸法
———————————
全長 mm 3,340
———————————
全幅(標準) mm 1,540
———————————
ホイルベース mm 1.885
———————————
トレッド前輪 mm 1,205〜1,690[6段]
———————————
トレッド後輪 mm 1,220~1,815[8段]
———————————
最小回転半径 mm 2,500
———————————
最低地上高 mm フロントアクスル部 410
———————————
車両総重量 kg 1,520
———————————

車体
———————————
クラッチ 乾式単板2段
———————————
変速機形式 選択摺動かみ合式H/Lシフト付
———————————
変速段数 前進 段 9(ハイ・ロースピード使用18)
———————————
変速段数 後進 段 3(ハイ・ロースピード使用6)
———————————
ハイ・ロースピード ランプ点灯
———————————
P.T.O 段 4
———————————
トランスミッションオイル容量 ℓ 4
———————————
デファレンシャル デフロック付
———————————
ブレーキ 内部○○防水型
———————————
タイヤサイズ 前輪 6.00-16
———————————
タイヤサイズ 後輪 12.4/11-28
———————————

作業機昇降装置
———————————
油圧 ポジションコントロール・ドラフトコントロール
———————————
揚起重量 kg 1,470
———————————
P.T.O回転/2,400r.p.m時 625.837.1168.1466
———————————
3点リンク規格JIS Ⅰ
———————————

 

ST-4000D、実機のインパネはこんな感じです。極めてシンプル。申し訳なさそうに中途半端に下のほうについているキーシリンダがかわいいです。

ST-4000D、実機のインパネはこんな感じです。極めてシンプル。申し訳なさそうに中途半端に下のほうについているキーシリンダがかわいいです。

 

今日はこんなところです。また明日!

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

 

 

 

 

サトー!充実のラインナップじゃないかっ!11機種の白いトラクター強力シリーズ「昔のカタログ」

今日も昔のカタログシリーズ。先日紹介したサトーS-500、それに対してトラクター狂さんが、サトーSシリーズの雑誌の切り抜きを送ってくれました。

 

トラクター狂さん、いつもありがとうございます!

 

白いトラクター強力シリーズ トラクター農業を推進するサトー サトーでは、みなさまのあらゆる農業経営に密着したより合理的な農業を実現するため、73馬力から14馬力まで11種類にわたる豊富な機種の《白いトラクターシリーズ》を完成。もっとも充実したトラクター体系をととのえました。定評のあるねばり強いエンジンや、油圧式は糸コントロールをはじめとするサトー独特の機構が、水田はもとより畑地・果樹園・牧草地など場所をえらばず、ずぬけた威力を発揮します。

白いトラクター強力シリーズ
トラクター農業を推進するサトー
サトーでは、みなさまのあらゆる農業経営に密着したより合理的な農業を実現するため、73馬力から14馬力まで11種類にわたる豊富な機種の《白いトラクターシリーズ》を完成。もっとも充実したトラクター体系をととのえました。定評のあるねばり強いエンジンや、油圧式は糸コントロールをはじめとするサトー独特の機構が、水田はもとより畑地・果樹園・牧草地など場所をえらばず、ずぬけた威力を発揮します。

 

輸入したDBも混じっていますが、11機種ものラインナップ・・・豊富な機種の《白いトラクターシリーズ》と、胸を張るのも当然のことと思います。

 

当時はヰセキが空冷のTB・TSシリーズ、クボタはLの2ケタシリーズ〜Lの3ケタシリーズくらいでしょうから、水冷のトラクターが11種類もえらべたというのは出色だったのではないでしょうか?そのことを『白いトラクター強力シリーズ』と、不思議な言い回しで表現しているのも興味深いです。

 

一つ発見なのは、DBの3ケタシリーズだけでなく、1200も売っていた・・・ということ。古いDBはサトーがほぼカバーしていた・・・ということだったのが発見でした。

 

それから、国産っぽいSシリーズだけでも14馬力から21馬力まで、6機種もあります。

 

そしてSTシリーズの雑誌の切り抜きです。これは衝撃的! 精悍横溢ーー輝く「白」。 サトーの白いトラクターに、STシリーズが新登場!! 湿田に強い軽量級ST-1500と前進12段・後進4段・PTO4段と幅広い作業を誇るST-2500の2機種。 特許オートガバナーをはじめ、新採用の各種メカニズムにより、高性能で操作性バツグン。水田作業をはじめあらゆる作業に威力を発揮します。春耕はサトーの輝く「白」で出発ーーーーとおきめください。

そしてお次はSTシリーズの雑誌の切り抜きです。これは衝撃的!

精悍横溢ーー輝く「白」。
サトーの白いトラクターに、STシリーズが新登場!!
湿田に強い軽量級ST-1500と前進12段・後進4段・PTO4段と幅広い作業を誇るST-2500の2機種。
特許オートガバナーをはじめ、新採用の各種メカニズムにより、高性能で操作性バツグン。水田作業をはじめあらゆる作業に威力を発揮します。春耕はサトーの輝く「白」で出発ーーーーとおきめください。

 

精悍横溢ってのがいいですね。こんな使い回し、見たことがありません。「あふれるたくましさ」とルビが振ってあります。当て字といい、上からという斬新な視点で切り取った匿名おねえさんといい、新しさを感じます。

 

ST-1500、かなりDB感があります。SシリーズからSTシリーズになってもDB路線は続いていたんですね。

 

デビッド・ブラウントラクター1200セレクタマチック 1967 67 hp (72 hp 1968) 1968  David Brown 3.6L 4-cyl diesel

そしてSTシリーズが倣っていたのはこのピンクラインのデヴィッド。写真は正面の薔薇のバッジの変遷を見た時の画像の流用ですので、そこは気にしないでください。その変遷を見たい方はこちらのリンクで飛んでください。
デビッド・ブラウントラクター1200セレクタマチック 1967 67 hp (72 hp 1968) 1968  David Brown 3.6L 4-cyl diesel

 

デビッド・ブラウントラクター1210 過渡期仕様

シャシの色はブルーじゃないですけど・・・デビッド・ブラウントラクター1210 過渡期仕様

 

それともう一つ気になるのはカタログおねえさんです。写真のST-1500、サイドに馬のマークかなにか付いてます?そのせいでおねえさん、乗馬っぽい格好をしているということなのでしょうか?(そうじゃないとビジュアルの説明がつきませんが・・・)

それともう一つ気になるのはカタログおねえさんです。写真のST-1500、サイドに馬のマークかなにか付いてます?そのせいでおねえさん、乗馬っぽい格好をしているということなのでしょうか?(そうじゃないとビジュアルの説明がつきませんが・・・)下から煽って撮るおじさん向け、サービスカットとなっています。この馬のマーク、現物を見てみたいですねえ・・・

 

僕はいかにもおじさんたちがタバコをスパスパやりながら、頭を付き合わせて出してきたような「ねーちゃんでも出しとけ」という安易な発想が実は大好き。そういううっかりした、油断した感じ、今ではなかなか見られない・・・いや、でも、今だと「イケメンでも出しとけ」と別のカタチになってますかね・・・

僕は、いかにもおじさんたちがタバコをスパスパやりながら、頭を付き合わせて会議して、結局出てきた「ねーちゃんでも出しとけ」という安易な発想が実は大好き。そういう、うっかりした、油断した感じ、今ではマッチョで偏見に満ちている・・・批判の対象になりそうでなかなか見られない感じ・・・いや、でも、最近は「イケメンでも出しとけ」と別のカタチになってますかね・・・

 

「ホラ!こんなにスリムで、美人になったでしょう。」と匿名おねえさんに言わせています。今だとこういうのアウトですかねえ・・・

この説明を放棄した唐突感・・・とんでもない格好をさせてみたり

 

農業機械のカタログに女性が登場したのが、『農業機械、カタログおねえさんの誕生と変遷「昔のカタログシリーズ」』等のぼんやりとした僕の研究によれば70年代からではないかと考えています。それから80年代にかけての10年は、当初なぜか外国、もしくは日本と他の国2カ国にルーツを持つハーフの女性、しかし特に有名人ではない匿名のおねえさんを起用した前半と、後半の日本の有名人を起用する流れの後半に別れているように思います。 当然エキゾチック・ダイナマイトな彼女は前半の流れ。高値のトラクターはやはり近寄りがたい美女が受け持つ・・・というのが当然の流れだったのかもしれません。

お願いを代わりにしてもらったり・・・

 

これは大本のランドホープ(0シリーズと言えるでしょうか?)140/150/160/170のカタログです。農研機構の登録は1984年になります。 しばらく起用されていた外国人匿名おねえさんイメージキャラクターですが、今回は1人ではなく、大挙して使われています。なんでしょう・・・体操服を着ているのでしょうか・・・チアリーディングともちょっと違う謎の演出です。

なんだかよくわからないけど、華やかに、賑やかにしてみたり・・・

 

ぶっ飛んだ表紙でトラクターが霞みます。匿名お姉さんイメージキャラクターはここまで進んでいます。赤と黒のレオタード姿の女性が2人。これは一体何を表しているのでしょう?

ぶっ飛んだ表紙でトラクターを霞ませてみたり・・・まあ、おもしろいこと。

 

たくさん収集して、これらをいつか系統立ててみたいです。今日はこの辺で・・・また明日!

 

 

 

1 2 3 4 5 6 65

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 超腰高の電話ボックス。眉間にTのクボタグレイツ乗用管理機GT21「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (ぽんこつより[12/13]) わー! 2018年
  • バラバラだった意匠を角ダルマ顔に統一。その余波でSU1301とSU1341が生まれた。シバウラ名の法則私案+シバウラSL1543「撮りトラ」へのコメント (匿名より[12/13]) 農機遍歴やってるんで
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) それと、今月末に英国
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/08]) 3気筒ディーゼルです
  • 当時の感覚で1200万円!37馬力のナフィールドユニバーサル3・・・「撮りトラ」へのコメント (森本隆志より[12/06]) 懐かしいですね、日本
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[12/03]) ご無沙汰しています。
  • 2002年生まれ。ポット乗用6条田植機、みのるRXC-6へのコメント (houkou240mより[12/03]) おはようございます
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (hyoukou240mより[11/17]) おはようございます。
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (山葵より[11/16]) 左の木箱が誘導コイル
  • プロトタイプは韓国製!クボタ・コンバインDIONITH DR6130S(2019年新春、プルモデルチェンジ予定!)@ダイナミックフェア2018へのコメント (匿名より[11/03]) 訂正はしていますがこ
  • ほぼ半世紀前!三菱耕耘機カタログ「昔のカタログシリーズ」へのコメント (カントリーボーイより[10/29]) クボタの耕運機でコメ
  • ミニチュアはベター、フルサイズはベスト。1977(昭和52)年生まれ(多分)日の本ベストE28「撮りトラ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/24]) 日の本のMB型は、何
  • 四角いのはいいぞ!クボタトラクタM1-65・・・「撮りトラ」へのコメント (能宗 勇治より[10/22]) トラクターのヒッチの
  • L35R、でもL35としか書いていない。昭和42年(1967年)生まれクボタL35R「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[10/19]) こんにちは、左のヤン
  • クルマじゃなくてトラクターそのもの「ウィリス・ジープ追加撮りトラ@土の館」へのコメント (匿名より[10/12]) これのエンジンは、ガ
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/10]) 今回は出走順を見つけ
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) 好きな具は昆布さん 
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) H2さん こんにちは
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) ゴンザリオさん こん
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械