Homeに戻る > よく見たら前輪が異様に小さい。ベラルーシMTZ-82S「撮りトラ」その4

よく見たら前輪が異様に小さい。ベラルーシMTZ-82S「撮りトラ」その4

考えてみたら昨日は祝日だったんですね。

道理で見に来る人が少ないと思った・・・休みの日は見に来る人が少ないってことは、仕事中に見に来る人が多いということになると思います。しかし、色々締め付けの厳しい昨今、会社のPCでネットの閲覧なんてできるんでしょうか。もしかして、休み時間に自分のスマホで見に来てくれているのかな?

今日の「撮りトラ」は昨日の続き、hokkaidoujinさんの案内で見た、当時共産圏だったベラルーシ製のトラクター、ベラルーシMTZ-82Sその4です。

まあ、休みの日ですけど始めちゃったので、残りの写真を片付けちゃいます。

今日の撮りトラは1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力のベラルーシMTZ-82。手描きロゴのベラルーシトラクター、エンジンの銘板をグーグル先生に聞きまくって解析したら、なんてことはない、発動機 D-240 製造番号◯◯◯◯と書いてあるだけだった。このエンジン、ソビエト時代のディーゼルエンジン大手、ミンスク・モーター・プラント社製ということがわかったよ。

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。この写真を見て気がつきました。前輪が異様に小さい。

写真ではそのサイズ感がわかりにくいと思いますが、このベラルーシMTZ-82Sは80馬力もある大きなトラクターなのに、前輪は今で言う小型もしくは中型のトラクターくらいの大きさしかありません。

だから後輪の大きさと前輪の大きさのギャップが大きくて、昔の二駆のトラクターみたいです。

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。

後輪はかなり大きいです。400-965/15.5-38と書いてあります。 

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。

大きな図体なのに少し貧弱に見える後ろ部分。燃料タンクはここにあるんですね。左右振り分け、中央はパイプで繋がっています。

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。

大きな一枚モノのリヤガラスは視界が良さそう! 貧弱に見えた後ろ部分ですが、よく見ると肉厚の鋳物で頑丈そう。

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。

このテールライトはスタンレー製。しかし、取って付けたような印象ですし、サイズ感が合わないので、これはきっと輸入業者が日本の法律に合わせて取付けたものでしょうね。

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。

キャビンが大きくて居住性が良さそう。でも、エアコンとかは付いていないんでしょうね。

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。

プロペラシャフトが見えます。一方は前輪を駆動しているように見えますが、もう一方はフレームの横を通って後ろに伸びています。もしかして、エンジンからミッションを介して後輪を駆動し、後輪のどこからか動力を取り出して前輪を駆動している? フロントフェンダーは可動式じゃないみたいで、役に立ちそうもないくらいタイヤから離れています。

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。

マフラーを見ています。フェンダーが離れているかと思えばマフラーは「どうして?」というくらいボディーにくっついています。何か干渉するわけじゃないんだからもっと離したらいいのに・・・振動でボディと競っちゃいそうです。

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。

ちょっとオーディオっぽいインパネ。大きなマイナスネジもカッコいいです。メーター類は初めて見るもの。軽く調べたのですが、当然ソビエトのメーカーなのでしょう・・・わかりませんでした。

ベラルーシは今日でおしまい。別の話題でまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/11/04/belarus_mtz-82s-4/trackback/