Homeに戻る > 親機が変わったニプロスライドモアTDC1200

親機が変わったニプロスライドモアTDC1200

草がどんどん伸び続けているので今年も保全会のスライドモアは出動しています。

YouTube Preview Image

↑まずは動画です。今年から親機がGL300からSL54に変わって、少し安心してみられるようになりました。

島地区農地水環境保全会のニプロスライドモアTDC1200を使った草刈り。

以前はこの状態。スライドモアが揺れるとトラクターもグワングワン揺れるので見ていてちょっと恐い。

広角レンズのせいで遠近感が強調されてしまっていますが、同じスライドモアが付いています。やっぱりトラクターは大きいほうが安心感があります。

こちらが新しい親機のクボタスラッガーSL54。広角レンズのせいで遠近感が強調されてしまっていますが、同じスライドモアが付いています。やっぱりトラクターは大きいほうが安心感があります。

今年はもう6日ほど出動しているでしょうか・・・

今年はもう6日ほど出動しているでしょうか・・・

今年でこの草刈機も3年目。そろそろ刃も減ってきたようで、初めの頃と比べると刈りあとが汚らしい感じになってきました。近日中に交換することになりそうです。

今年でこの草刈機も3年目。そろそろ刃も減ってきたようで、初めの頃と比べると刈りあとが汚らしい感じになってきました。近日中に交換することになりそうです。

オペレーター養成も進んでいます。Mさん指導でHさんが作業をしています。エアコンも効くでしょうし、草刈りも快適にできますね。

オペレーター養成も進んでいます。Mさん指導でHさんが作業をしています。エアコンも効くでしょうし、草刈りも快適にできますね。


上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/06/28/tdc1200/trackback/