クボタGL300+Niplo Slide Mower TDC1200・・・「撮りトラ」

ニプロスライドモア TDC1200の動画をアップロードしたので、今日は「撮りトラ」と環境保全会のレポートのコラボレーションということで・・・

クボタGL300+Niplo Slide Mower TDC1200

↑島地区でスライドモアがポン付できる一番大きなトラクター、それがGL300

島地区農地水環境保全会のニプロスライドモアTDC1200を使った草刈り。こういった平らなところは簡単ですが、轍の中央の草は根っこが硬く、何回かやらないときれいにならないようです。 
島地区農地水環境保全会のニプロスライドモアTDC1200を使った草刈り。こういった平らなところは簡単ですが、轍の中央の草は根っこが硬く、何回かやらないときれいにならないようです。 
島地区農地水環境保全会のニプロスライドモアTDC1200を使った草刈り。
一番期待されていたのはこの部分。農道が一直線に延びていて、左は田んぼ、右は大きな水路です。法面は1000mm~1200mmで、写真ではそのように感じられませんが、かなり急です。
島地区農地水環境保全会のニプロスライドモアTDC1200を使った草刈り。
その部分を路肩部分を2回、そして法面を1回刈ります。もちろん、大きなトラクターに大きなモアを付けて刈れば、もっと速くきれいに刈れるのですが、費用や取付けるトラクターの問題もあります。これでも十分速くてきれい!
島地区農地水環境保全会のニプロスライドモアTDC1200を使った草刈り。
スライドモアが3回通ったあとに、刈り払い機が刈り残し部分を刈りながら追っかけます。見通しがよく、以前より危険な感じがしません。以前人の手だけで刈っていた時は、草丈が高く見通しの悪いところで、農道の中央一人、路肩一人、法面の足場の悪いところに一人という人員の配置でした。グッと安全になった感じがします。(トラクター事故の危険はできましたが)
島地区農地水環境保全会のニプロスライドモアTDC1200を使った草刈り。
よく働くなあ・・・とっても嬉しいです。
上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。