Homeに戻る > 今年84歳!年代物の唐箕は年々若返ってる!「種籾の選別」

今年84歳!年代物の唐箕は年々若返ってる!「種籾の選別」

米作りはもう始まっています。3/21日、飼料稲の種籾の選別を見に行ってきました。そこで使われている昭和8年、1933年生まれの唐箕は初めて見たときより使い込まれて若返っている感じがします。

飼料稲の種籾の選別です。ことしは初めてハウスの中で・・・ビニールに囲まれての唐箕というのはちょっと異質な感じ。

飼料稲の種籾の選別です。ことしは初めてハウスの中で・・・ビニールに囲まれての唐箕というのはちょっと異質な感じ。

ホッパー投入口に陣取るこの方の足元は・・・

ホッパー投入口に陣取るこの方の足元は・・・

なんと中身入の米袋。

なんと中身入の米袋。

米袋は中古のものを使っています。これはとちぎ米の袋。

米袋は中古のものを使っています。これはとちぎ米の袋。

お!チーバくん。茨城も水戸黄門にすればいいのに。

お!チーバくん。茨城も水戸黄門にすればいいのに。

千葉のふさおとめ

千葉のふさおとめ

初めて見た2011年はちょっと煤けてホコリっぽかったのに、だんだん磨かれて輝きを取り戻してきた感じがします。

初めて見た2011年はちょっと煤けてホコリっぽかったのに、だんだん磨かれて輝きを取り戻してきた感じがします。

常澄産コシヒカリ/飼料稲の生産 水戸市大場町島地区生産組合

精緻な工作 今年で84歳になる木製の唐箕(とうみ)です

精緻な工作 今年で84歳になる木製の唐箕(とうみ)です

精緻な工作 今年で84歳になる木製の唐箕(とうみ)です

こういうところ、籾で磨かれてピカピカになっています。しかも籾の油で黒っぽく・・・

こういうところ、籾で磨かれてピカピカになっています。しかも籾の油で黒っぽく・・・

ねっ?

操作部分もだんだん白っぽいホコリが取れてきました。

操作部分もだんだん白っぽいホコリが取れてきました。

唐箕(とうみ)の調整機構

YouTube Preview Image

↑ 動画(34秒)画面クリックでも再生します。

そうやって膨大な量の種籾を4キロごとに袋に入れていました。これは夢あおば。

そうやって膨大な量の種籾を4キロごとに袋に入れていました。これは夢あおば。

そしてこちらがホシアオバ。ですよね?

そしてこちらがホシアオバ。ですよね?

もうすでに温湯消毒もやってしまったのですが、タイミングが合わず見に行けませんでした。

きょうのところはここまで・・・また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/04/01/toumi2017/trackback/