Homeに戻る > スペリーニュー・ホランド クレイソンコンバイン8050その3

スペリーニュー・ホランド クレイソンコンバイン8050その3

出がらし出がらしといいつつ、写真が残っているので3回目になってしまった以前見たクレイソンコンバイン8050の続きです。これで最後にしなければ。

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

刈幅4m弱。機械をしまうところもすごい大きさが必要ですね。

整備する前にエンジンを止めろとあります。もともとベルギー生まれだけあっていろいろな国の言葉で書いてあります。コンバインはスペイン語でコセチャドーラって言うんだな。女の子だ。

整備する前にエンジンを止めろとあります。もともとベルギー生まれだけあっていろいろな国の言葉で書いてあります。コンバインはスペイン語でコセチャドーラって言うんだな。女の子だ。

ここも「作動中開けるな」

ここも「作動中開けるな」

運転席です。基本的にはこのハンドルの下に付いているメーターだけで運転はできるみたい。

運転席です。基本的にはこのハンドルの下に付いているメーターだけで運転はできるみたい。

そのメーター。JAEGER made in France です。外周の数字、何を表すんでしょうかねえ。回転数にしちゃあ16000回転まであるし・・・待てよ?400回転から1600回転まで刻んでいるとか?

そのメーター。JAEGER made in France です。外周の数字、何を表すんでしょうかねえ。回転数にしちゃあ16000回転まであるし・・・待てよ?400回転から1600回転まで刻んでいるとか?

マッセイファーガソンMF290は1983年-1986年製。4気筒4.1リッターディーゼルエンジン。一説によれば80馬力。でも、機種名からすると切りよく90馬力と言って欲しい感じします。

以前このMF290に付いているのを見かけました。

MF290

全世界共通ピクト、ウサギとカメマークの回転計でしょうねえ・・・これも0〜25まで刻んでる・・・やっぱり単位は×100なんだ。

MF290

メーターの下のほうに小さく「JAEGER made in France」と文字が入ってます

きっと以前MF25の時に知ったフランスのボーベの工場で作っていたのでしょう。

JAEGERについては『いつもスッキリ解決とは行きません「電装探偵団」MF290「撮り虎」その3』こちらのリンクでどうぞ!

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

飛ばして行きます。なぜかすごく懐かしい感じ。シフトレバー?

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

おもちゃみたいだなあ・・・「動かす前にハンドブレーキを完全に解除しないとブレーキとメインギアボックスに深刻なダメージを与えます」って書いてあります。

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

よくわからないけど運転席まわり、たくさん撮ってます。

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

そんな中で気に入ったのはこれ。なんでしょうねえ・・・機械式インジケーター? 例えばペダルを踏んだ分だけ下がるとか、そんな感じのものでしょうか? 鮮やかなオレンジが他の色あせた部分とすごく対照的です。

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

ウインカーはHELLA

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

上のほうにあるので空気取り入れ口なんでしょうね。

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

自転車のホイールみたいなものが奥に見えます。回るんでしょうね。フィルターの目詰まりを吹き飛ばすファンが付いているんだったりして・・・

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

これは刈ったワラを後ろに送る部分だと思います。機械の後ろに回って中を覗き込むように撮ったものです。

8050と同じ血統のおじいさんあたりになるでしょうか?50年以上前のクレイスM80の後ろから覗き込んだ部分。基本的に一緒ですね!

8050と同じ血統のおじいさんあたりになるでしょうか?50年以上前のクレイスM80の後ろから覗き込んだ部分。基本的に一緒ですね!

一方こちらはもっと新しい、同じ血を引くNEW HOLLAND CS640の同じ部分。新しくても構造は一緒。

一方こちらはもっと新しい、同じ血を引くNEW HOLLAND CS640の同じ部分。新しくても構造は一緒。

大きくなってキャビンが付いて流線型になっても、背中にエンジンを背負っているなど、基本的な部分は全く変わっていません。おもしろいなあ。

大きくなってキャビンが付いて流線型になっても、背中にエンジンを背負っているなど、基本的な部分は全く変わっていません。おもしろいなあ。

この項、やっとこれで終わりです。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/07/08/crayson_8050-3/trackback/