Homeに戻る > 生き残るんだったら特長を磨け!のSACHS、ロータリーエンジンも作っていた・・・「撮りトラ」

生き残るんだったら特長を磨け!のSACHS、ロータリーエンジンも作っていた・・・「撮りトラ」

今日はスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、生き残るんだったら特長を磨け!の中折れ式ホルダートラクタのお隣にある、同じくホルダーのハンドトラクターです。

ホルダーハンドトラクタ SACHSのD500というディーゼルエンジンが載っています。これはSTIHLのディーゼルエンジンと違い、水冷ですね。

ホルダーハンドトラクタ SACHSのD500というディーゼルエンジンが載っています。これはSTIHLのディーゼルエンジンと違い、水冷ですね。

それにしてもこのハンドトラクター、以前紹介した中折れ式ホルダートラクタと同じエンジンを使っています。当然同じ大きさなわけで、正面から見た場合見分けがつきません。

つまり、相当巨大なハンドトラクターなわけです。重さも半端じゃないはずだよなあ・・・

例によってお楽しみのキャプションです

お!いろいろ書いてありますねえ・・・

お!いろいろ書いてありますねえ・・・

機種名: ホルダーハンドトラクタ
形式・仕様:   7馬力
製造社・国:ホルダー社 ドイツ
導入年度:1955年(昭和30)年

使用経過:石狩郡新篠津村の立蔵寛一が購入。リバーシブルプラウが付いているが、使い切れず、もっぱらトレーラ作業に使っていた。足が速く当時では重宝なものだった。3年後に国産13馬力の耕耘機を購入し、畑作業は耕耘機が主役になる。
 昭和63年に伊藤二郎が譲り受け保存。平成12年博物館入り。

ですよねぇ・・・という感じです。この機械でプラウを引いて、しかも足が速いわけですよね?・・・昔の方ですから相当鍛えられていて、力も強かったと思いますが、その人が3年で買換えるしかないパワーというか重さだったのではないでしょうか。

買換えた耕耘機(耕耘機ってロータリーが付いてるもののことを言うのですか?)だって12馬力ですから、これもかなりのモンスターだったのじゃないかと思います。

気になっていたSACHSエンジン

機種名: ホルダーハンドトラクタ 形式・仕様:   7馬力 製造社・国:ホルダー社 ドイツ 導入年度:1955年(昭和30)年

見にくいかもしれませんが、オイルバスフィルターの向こうにSACHSと見えます。これもホルダートラクタと同じエンジンを使っているみたいです。

SACHS・・・なんて読むんだ? 字面のイメージ、心の中で「サチス」と呼んでいましたが、これは誤りで、どちらかといえば「サックス」とか「サクス」なんでしょうね。

このSACHS社、今ではZF社の傘下にあるようですが、今も形を変えて存在しているみたいなんです。1886年自転車関係の部品を作る会社として創業し、オートバイを作り始めたのはプジョー、ハーレー、ハスクバーナなどとほぼ同じだそうです。

そして ヘラクレス・バンケル2000というロータリーエンジンのバイクも作っています。

そして ヘラクレス・バンケル2000というロータリーエンジンのバイクも作っています。

Hercules Wankel 2000 このエンジンを見たときに、空冷ディーゼルエンジンが載っているのかと思っちゃいました。これはロータリーエンジンです。

Hercules Wankel 2000 このエンジンを見たときに、空冷ディーゼルエンジンが載っているのかと思っちゃいました。これはロータリーエンジンです。

エンジンの正面。拡大してみるとSACHSの文字が見えます。

エンジンの正面。拡大してみるとSACHSの文字が見えます。

ロータリーエンジンのことをバンケルエンジンっていうんですね! だからヘラクレス・バンケルなんだ!

ロータリーエンジンのことをバンケルエンジンっていうんですね! だからヘラクレス・バンケルなんだ!

SACHS社・・・ホルダー社と同じで主流ではないけれど特長を磨いたのでしょうねえ・・・

そして、ZF傘下ですが今も生き残っているみたいなんです。125ccのエンデューロバイクも作っているなあ・・・4ストだ。

そして、ZF傘下ですが今も生き残っているみたいなんです。125ccのエンデューロバイクも作っているなあ・・・4ストだ。

そしてホルダー社と同じように残っています。ロータリーエンジンを作るくらいだからよっぽど変わっているのでしょうが、それも個性、特長です。その特長のあるHOLDER社とSACHS社のジョイントだったんですねぇ・・・大メーカーのものとはまた違った味わいがあります。

ホルダーハンドトラクタに戻る

機種名: ホルダーハンドトラクタ 形式・仕様:   7馬力 製造社・国:ホルダー社 ドイツ 導入年度:1955年(昭和30)年

水冷式で4リッターの冷却液 グリルにはHの文字は見られません。

機種名: ホルダーハンドトラクタ 形式・仕様:   7馬力 製造社・国:ホルダー社 ドイツ 導入年度:1955年(昭和30)年

注目なのはこのヘッドライト

拡大すると・・・すてきでしょう? BOSCHの大きな文字・・・初めて見る形です。英語とフランス語でドイツ製を主張しています。

拡大すると・・・すてきでしょう? BOSCHの大きな文字・・・初めて見る形です。英語とフランス語でドイツ製を主張しています。

機種名: ホルダーハンドトラクタ 形式・仕様:   7馬力 製造社・国:ホルダー社 ドイツ 導入年度:1955年(昭和30)年

ハンドルの付け根あたりに銘板があります。

機種名: ホルダーハンドトラクタ 形式・仕様:   7馬力 製造社・国:ホルダー社 ドイツ 導入年度:1955年(昭和30)年

1956年製 型番はED11というみたいですね。エンジンは当然D500型

機種名: ホルダーハンドトラクタ 形式・仕様:   7馬力 製造社・国:ホルダー社 ドイツ 導入年度:1955年(昭和30)年

ちょうど4輪のトラクターを半分にして、その片方を人間が担う感じ・・・力いりますよねえ・・・

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2015/06/02/holder_handotractor/trackback/