Homeに戻る > これ好き!クボタサンシャインL1-R・・・「昔のトラクターカタログ」

これ好き!クボタサンシャインL1-R・・・「昔のトラクターカタログ」

昨日は4月なのにビックリの雪!おまけにすごく寒くて、一日出稼ぎで工場の中で作業していたのですっかり腰が痛くなっちゃいました。今日も出稼ぎなので急いで書き飛ばしちゃいます。

↓ごめんんさいっ!!! トラクター狂さんに送ってもらったのではなくて、pasuhiroさんに送ってもらったのでした。混乱して取り違えてました。pasuhiroさんごめんなさい!!!

トラクター狂さんに送っていただいた、クボタサンシャインL1シリーズ、「昔のトラクターカタログ」です。

多分この後に出たのだと思いますが、サターンXシリーズに通じるようなSFもしくは宇宙チックな表紙と思われます。

多分この後に出たのだと思いますが、サターンXシリーズに通じるようなSFもしくは宇宙チックな表紙と思われます。

このサンシャイン、選べるカラバリとして突っ込んだコンセプトで発売され、更にリバーストラクタ(運転席をひっくり返して後ろ向きにも作業できる)などというさらに尖った機能を盛り込んでいます。

選べるカラバリのはずが「クボタ色」しか多分売れなかっただろうし、リバーストラクタもそんなに売れなかったんじゃないか・・・と僕は想像しています。でも、そういうの大好きです。新しい何かは挑戦からしか生まれませんから・・・

クボタのWEBサイト、取説ダウンロードで見てみると、1985年に農研機構の検査を受けています。こんなにイケイケなのは1985年はすでにバブルだったのかなあ・・・

ウィキペディアで調べてみると、バブル景気 ( バブルけいき ) は、景気動向指数(CI)上は、1986年(昭和61年)12月 から1991年(平成3年)2月までの51か月間に、日本で起こった資産価格の上昇と 好景気、およびそれに付随して起こった社会現象とされる。とあり、当時先行きが明るかったのは間違いなさそうです。

まずは選べるカラバリからおさらい

選べるカラーバリエーション!クボタサンシャインLシリーズ。色のある農業をお楽しみ下さい!

選べるカラーバリエーション!クボタサンシャインLシリーズ。色のある農業をお楽しみ下さい!

このリンクを辿って行ってみてください→選べるカラバリ!!クボタサンシャイン「昔のカタログ」

選べるカラバリの上にリバース!

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ。見開きで普通の状態を見せているのだと思います。

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

オレンジに緑、なかなか似合います。ちょうど補色の関係ですかね・・・

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

そしてリバースの説明ページ。これも見開きで説明に大きくページをさいています。

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

前のほうに折り返して重なっている部分があります。何かギミックが隠されていそうです。

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

およ?向きが変わって屋根が付いたぞ!

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

ひっくり返った! 今までになかった機構ですから相当説明には苦労したでしょうね・・・その感じがカタログにも現れています。でも、楽しくやっている感じ。

以前Blue_Buffaloさんに送ってもらった実物のアタッチメントの写真

クボタトラクター L1シリーズ リバーストラクタのフォークリフトアタッチメント

クボタトラクター L1シリーズ リバーストラクタのフォークリフトアタッチメント

クボタトラクター L1シリーズ リバーストラクタのフォークリフトアタッチメント

すごくガッチリしてますねえ・・・ロータリーより重そう。

クボタトラクター L1シリーズ リバーストラクタのフォークリフトアタッチメント

値段というのもありますが、これが簡単に付くのならトラクターがより便利になりますよね!

カタログ写真に戻ります

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

21世紀の顔ラインナップ! 当時は21世紀ではなかったですよね? やっぱり未来志向なんだ!

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

昔の未来。レトロフューチャーというのでしょうか? そういうのを感じることのできる「昔のカタログ」いいですよねえ・・・

昔のカタログを見ておもしろくなかったら、それは多分「その時描いた未来」が今とそんなに違わないからなんだと思います。でも、おもしろいと感じたら「その時描いた未来」が今とはちょっとズレている・・・その「ズレ」がおもしろいんじゃないかなぁ。

人の想像する未来は予測じゃなくて願望だから、「手一杯申してみよ」の願望の強いものは人間ぽくって共感できる感じがします。当時のクボタが描いた「農業の未来全体像」を聞いてみたい感じがします。急いで書いてるからとりとめがなくなっちゃいました。続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

 懐かしい写真ありがとうございます。
今だ改造は終わっておらず、そのパーツは、倉庫の隅でホコリかぶっています。
 

2015年4月9日 7:38 PM | Blue_Buffalo

Blue_Buffaloさん おはようございます

ホコリをかぶっていても「お宝」だと思います!

2015年4月10日 6:47 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2015/04/09/sunshine_l1_catalog-1-2/trackback/