Homeに戻る > FORD8210・・・「撮りトラ」

FORD8210・・・「撮りトラ」

FORD8210 背中に大きな防除用の薬液タンクを背負った大きなトラクターです。

FORD8210 背中に大きな防除用の薬液タンクを背負った大きなトラクターです。

今日はおじまさんと見に行った、某所のフォードトラクター、FORD8210、「撮りトラ」です。FORDと言うからには、少なくとも日本以外の地域で作っているものと思われます。やっぱりどこか違う「香り」が漂っている感じでした。

だとしても、トラクター本体だけ「ポン」とそこにあっても仕事ができない・・・というのが、「エンジン、動力を運ぶクルマ」という性格を持つトラクターです。国産、舶来を問わず各種アタッチメント、インプルメントが取付けられるということを考えるとすごいことです。

あらためて「トラクターはその規格共に元々外国からやってきたものなんだよなあ」と感じます。細かいところは違うのでしょうが、運転の仕方、作業機の取付け、操作・・・日本語、英語、フランス語、スペイン語をそれぞれ理解するよりは違和感無くこなすことができるのではないでしょうか?

「英語ができないからFORDには乗れない」とか、あまり聞かないですもん。「機械は言葉がしゃべれないから、言葉がいらないようにしよう!」先人たちの苦労がたくさんあったんでしょうね。(最近はしゃべりすぎてうるさい機械もあるようですが・・・)

フォードロークロップトラクター FORD8210 データサイトによれば、1982年-1991年 当時は4万9000ドル、現在のレートなら600万弱?

フォードロークロップトラクター FORD8210 データサイトによれば、1982年-1991年 当時は4万9000ドル、現在のレートなら600万弱?

何を撮るつもりだったんだろう? エンジンは6気筒6.6リッター、110馬力/2300rpm このサイトは馬力が大きめに書いてあるのでこの機体がそれだけあるかはわかりません。

何を撮るつもりだったんだろう? エンジンは6気筒6.6リッター、110馬力/2300rpm このサイトは馬力が大きめに書いてあるのでこの機体がそれだけあるかはわかりません。

これを見て初めは4気筒かと思っていたんですけど、よく見ると左側にまだあります。やっぱり6気筒だ・・・昔のトラクターは排気量が大きいですねえ・・・

これを見て初めは4気筒かと思っていたんですけど、よく見ると左側にまだあります。やっぱり6気筒だ・・・昔のトラクターは排気量が大きいですねえ・・・

FORD8210

大きく押し出しの強いロゴタイプ。遠くからでもわかります。

FORD8210

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲと見かける中のⅡ。

Ford tractor synchromesh transmission gear decal

Ford tractor synchromesh transmission gear は付いていないのかなあ・・・この歯車ステッカーは付いていませんでした。

歯車マークについてはこちら(ford6610)

FORD8210

あとあと褪めてしまうステッカーばかりでなく、こういうのも欲しいですよね! チョーキングしてしまったステッカーに比べ、まだまだ燦然と輝いているFORDのエンブレム。

FORD8210

大きな体にはちょっと小さいけれど、贅沢はいいません。プラスチックだけど高級感は十分。

FORD8210

タイヤ。タイヤのことはよくわからないですけど、太陽が傾いてきてキレイに文字が浮き出しているので撮ってみました。

FORD8210

オイルレベル・・・この中にオイルが入っているのか・・・

FORD8210

ごついフェンダーステー。鉄のかたまりみたいです。

FORD8210

こんな裏当てを支えているんだ!

FORD8210

キャビンの外から撮っているので裏返しになっていますが、車速表。よく見ると右側にウサギ、カメ、ウサギ、カメ、ウサギ、カメ、・・・ウサギとカメがビッチリ並んでいます。

FORD8210

あまり見ることのない模様の縞板です。こういうところも異国の香りかなあ・・・

顔はおなじみのオデコちゃんなんですが、細かいところが違うのでちょっと繊細に見えます。

顔はおなじみのオデコちゃんなんですが、細かいところが違うのでちょっと繊細に見えます。

続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2015/02/20/ford-tractor-8210-1/trackback/