Homeに戻る > 「痛」大絵馬を見に行った2015

「痛」大絵馬を見に行った2015

去年も行きましたが、大洗磯前神社へ「痛」大絵馬を見に行ってきました。ガールズ&パンツアーという戦車の出てくるアニメ、この一年で僕にはずいぶんなじみが出てきました。(全話DVDで見ちゃったし・・・)

大洗磯前神社、去年は何もなかったのに今年は災害復旧工事だとかでシートが掛かって、工事をしていました。

大洗磯前神社、去年は何もなかったのに今年は災害復旧工事だとかでシートが掛かって、工事をしていました。

去年初めて見た茅の輪くぐりもトンネルの先に見えます。

去年初めて見た茅の輪くぐりもトンネルの先に見えます。

「茅の輪くぐり」とは、去年調べたのでリンクを辿って見てくださいね!

初めて見たなあ・・・茅の輪くぐりというらしいです

ちなみに去年はこんな感じ

毎年気になる人形(ひとがた)。この人たちが輪の下をくぐる参拝者の厄災を察知し、吸い取って代わりに引き受けてくれるというらしいです。つまり、コーションマークでいう危険ヒトみたいなものですね。

毎年気になる人形(ひとがた)。この人たちが輪の下をくぐる参拝者の厄災を察知し、吸い取って代わりに引き受けてくれるというらしいです。つまり、コーションマークでいう危険ヒトみたいなものですね。

「痛」大絵馬 & 「通常」大絵馬

女子高生の戦車乗りが勢揃いの絵柄。当然ながら去年と違う絵です。

女子高生の戦車乗りが勢揃いの絵柄。当然ながら去年と違う絵です。

いつもは笑わないキャラクターも新しい年を迎えたためか、心なしか微笑んでいるように見えます。

いつもは笑わないキャラクターも新しい年を迎えたためか、心なしか微笑んでいるように見えます。

そしてこちらが「通常」大絵馬。海と太陽はお約束で毎回書くようになっているのだろうか・・・

そしてこちらが「通常」大絵馬。海と太陽はお約束で毎回書くようになっているのだろうか・・・

こっちは従来版大絵馬。絵馬の馬ですから絵馬絵馬ですね。生きてる馬じゃ大変なので、3D模型の馬になって、2Dの平面の馬になった。今年の干支です。

こちらは去年(2014)のものです。なかなかダイナミック。

ところで羊ってこんな顔してるんだっけ??? かなり気高く猛々しい感じです。

ところで羊ってこんな顔してるんだっけ??? かなり気高く猛々しい感じです。

僕のイメージの中ではこんなのが「羊」。・・・でも、オスの羊は大絵馬のようにああいうのもいるんですって!

僕のイメージの中ではこんなのが「羊」。・・・でも、オスの羊は大絵馬のようにああいうのもいるんですって!

そして、今年もこの先少し紹介してみようと思いますが、このように個人で奉納した絵馬もたくさん!

そして、今年もこの先少し紹介してみようと思いますが、このように個人で奉納した絵馬もたくさん!

「痛い」のは絵馬だけじゃない

アンコウまつりで「痛車コンテスト」がありましたね!

アンコウまつりで痛車コンテストなるものが開かれていました。商店街の通りが歩行者天国になって、こういう車がところ狭しと並んでいます。

アンコウまつりで痛車コンテストなるものが開かれていました。商店街の通りが歩行者天国になって、こういう車がところ狭しと並んでいます。

こんなのも

こんなのも

そしてこんなのも

そしてこんなのも

「痛自転車」

大洗のアンコウまつり あんこう祭

痛車だけでなく痛自転車も・・・

「痛ダンプ」

大洗のアンコウまつり あんこう祭

こちらは何と痛ダンプ

「痛タクシー」

ご近所ではもう見慣れてしまった「痛タクシー」

ご近所ではもう見慣れてしまった「痛タクシー」

そして季節柄「痛板」

スキーシーズンですから、もちろんこんなのまであります。痛いスキー板だから「痛板」

スキーシーズンですから、もちろんこんなのまであります。痛いスキー板だから「痛板」

痛板イベントの痛板コンテストの写真らしいですけど、書いてるだけでどこかが痛くなってきそうだなあ

痛板イベントの痛板コンテストの写真らしいですけど、書いてるだけでどこかが痛くなってきそうだなあ

でも、楽しんでいる感じが出ていてとてもいいです。

でも、楽しんでいる感じが出ていてとてもいいです。

あとはどんなのがあるだろう・・・痛家?

あとはどんなのがあるだろう・・・痛家?

来たれ「痛トラ」

まだ痛トラクターは見たことがないですけど、どこかのだれかがやっているんだろうな。権利関係さえちゃんとしてればあまり強烈に人に迷惑をかけるわけでもないし、車やトラクターを本格的に改造してしまうと元に戻すのも大変だし、お金もそれなりに掛かります。剝がせば元通りってところもリーズナブルなのかもしれません。

材料や技術の進歩で新しい楽しみ方ができたという例なんでしょうね・・・きっと。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2015/01/23/itaooema2015/trackback/