Homeに戻る > 稲刈り2014、1枚の田んぼに2台のコンバイン!

稲刈り2014、1枚の田んぼに2台のコンバイン!

9月の6日に茨城県の西北でいいのかな? のほうにSさんの稲刈りを見に行ってきました。今まできっと通過したことはあったと思いますが、足を止めたことはまったくなかった地帯です。

もうずいぶん経ってしまいましたが、そういうところで稲刈りを見ているというのは自分としてはものすごく不思議な気分になったことを思い出しています。
 

稲刈り2014動画、1枚の田んぼに2台のコンバイン(息があってます!)

YouTube Preview Image
 
いつも思うんですが、稲刈りの時はどうもホワイトバランスがおかしくなるなあ・・・みんなどうしているんだろ?

コンバイン2台、軽トラが2台、でも人間は3人

Sさんのところではお父様とSさん、それからお手伝いの方と3人で作業していました。この3人で2台のコンバインと2台の軽トラからなる艦隊を運用しています。

稲刈り2014、1枚の田んぼに2台のコンバイン!

一台はSさんのところで購入したもの。もう一台は離農した方から譲ってもらったものだそうです。

クボタSR25というと3条刈りですよね?2台で合わせて6条刈りです。

クボタSR25というと3条刈りですよね?2台で合わせて6条刈りです。

稲刈り2014、1枚の田んぼに2台のコンバイン!

オレンジ色のクボタSR25コンバインが2台、それに軽トラが2台!

稲刈り2014、1枚の田んぼに2台のコンバイン!

グレンコンテナを積み込んだ2台の軽トラ。かわいい!

稲刈り2014、1枚の田んぼに2台のコンバイン!

満タンになったコンテナは乾燥機へ向かい移し替える作業があるので、大抵は無人の軽トラが田んぼの脇に停まっているということになります。

そして2台のコンバインもフル回転

稲刈り2014、1枚の田んぼに2台のコンバイン!

作業全体のコントロールはお父様しているようです。しかし、指示をするというよりはちょっとした手振りや、アイコンタクトで、流れるように作業が進みます。きっと各人が先々を読んで動いているのでしょうね・・・

稲刈り2014、1枚の田んぼに2台のコンバイン!

ですから、いつも田んぼに2台のコンバインが入っているわけではなく、作業の見通しによってはお父様が抜けて次の田んぼに向かい、次の田んぼの外周を刈ったりしています。きっと全体として効率よく作業が終わるために目配りをしているのでしょう。

稲刈り2014、1枚の田んぼに2台のコンバイン!

特にコーナーでは2台が接近しますから、やりとりと言うか引き合いに、見ているほうはドキドキします。

稲刈り2014、1枚の田んぼに2台のコンバイン!

グルーヴ感があります。単車2台で地面を縫って遊んでいるような、親と子、別々の船で漁に出ているような・・・それぞれ自分の意思を目一杯表に出して、相手の意思も感じて連動している感じ・・・うまく言えないなあ・・・

同じコンバインと言っても、装備が少し違って性能差はあるそうです。お父様がスタンダードタイプを駆り、Sさんがスペシャルタイプを駆っても、お父様のほうが速いのだそうです。

その違いを尋ねると、「腕」その中でもターンの技術なんですって!

機械の操作技術によって効率が違うというのは頭では理解できますけど、こうやってチェイスすることで目に見える。目の前に見本がある・・・というのはうまくなりますよねえ・・・きっと。

少しだけ続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

こんばんは。

壮観ですねぇ。
これだけの勢いで刈ってたら、たぶんモミ運搬は軽トラ+籾コンテナ2台では追いつかないでしょう。
2t車2台、もしくは軽トラ4台ぐらいあるいは荷受け側をピットにして軽ダンプ2台とかじゃないと、
軽トラ待ちでコンバインが止まるんじゃないでしょうか。
そこは親子の絶妙なコンビネーションで移動時間とかに充てているのかしら?

2014年10月17日 10:01 PM | おじま

おじまさん おはようございます

軽トラ待ちでコンバインが止まるんじゃないでしょうか。

どういう調整をしているのかわからないのですが
うまい具合にヒマそうにしているのは待機している無人の軽トラだけで
誰も遊んでいませんでした
おっしゃるように、時間があきそうになったら移動したりしていたんでしょうね

2014年10月18日 8:18 AM | nora

おはようございます

noraさんが伏字にされた努力を無駄にしてしまいますが、お答え致します

6条刈りでの作業となると、おじまさんが仰った通り2t車が必要ですが、所詮3条刈りなので2台で作業しても良い具合に空の軽トラが戻って来ます
自宅から離れた圃場が少ないのと、SR25が鈍足+排出に時間を要するのでバランスが良いのだと思います
少々離れた圃場でも、滑り込みセーフで軽トラが帰ってきます

ただ、5枚目の写真の様に過積載の状態で出発しているので説得力に欠けますが…

ちなみに、作業効率ですがER447以上WR460以下という感じです。やっぱり、1条12.5馬力には敵いません(笑)

他にも何か疑問がありましたら、私の説明下手な回答で良ければお答え致します。

2014年10月18日 10:06 AM | shiroemodon

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/10/17/inekari_2dai-1/trackback/