思ったより小さかった・・・クボタトラクターB6000「撮り虎」その1

せっかく自転車で出直したのに・・・

まだ田植えが始る前の4月、通りがかりに四角いスペースに丸目、小さめの顎のバッタ顔のクボタトラクターを見かけました。

家に戻ってカメラを取ってもう一度来て「写真撮ってもいいですか?」と許可を得てからシャッターを切ろうとすると「電池切れ」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

もおもおもおもお

というわけで、今回もiPhoneのカメラです。なーんか思うように行かないんですよね、これ。

KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。前にドカンとバッテリーが乗っていますが、後から枠を作って載せたもののよう・・・でも実際にケーブルが繋がっているところを見ると、実用兼ウエイトと見た。ナイスアイディア!
KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。前にドカンとバッテリーが乗っていますが、後から枠を作って載せたもののよう・・・でも実際にケーブルが繋がっているところを見ると、実用兼ウエイトと見た。ナイスアイディア!
KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。
これが思ったより小さくてちょっとビックリです。前方に向かって伸びたマフラー。ミッションに付いたステップ。ものすごくシンプルで、その大きさからもトラクターというよりバイクみたいな感じです。これ、ちょっと欲しいな。
KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。
「KUBOTA」ステッカーの前の穴はボンネットを開けるための手を突っ込む穴のようですね。すると燃料タンクの後ろに見えるバネ付のフックはフードの固定用フックだな。エンジンフードは前に向かって開くんだ! フードがツルッとしてるところを見ると、エンジンフードを開けないと給油できないのかもしれません。

もれなく指入りでお送りします

KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。
なんだか変に色かぶりしてうまくいきません・・・もしかしたらちらっと右側に指がかかっちゃってるので「指かぶり」か・・・
KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。
B6000のステッカー。四輪駆動の文字も誇らしげなステッカーも、考えてみれば40年近く持っちゃってるってことですよねえ・・・

KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。
小さいけど、トラクターの要素は全部持ってます。
KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。
今度は白飛び。これ見ると、いつもの見慣れたロータリーと違って軸の端ではなく、真ん中で回しているんですね。
KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。
持ち主さんが作業されていた場所は、ちょうど道路と道路にはさまれて小さくなってしまった田圃で、しかも深いのだそうです。こういうところは小さくて軽いB6000のような機械がぴったりだとか・・・まだまだ使ってもらえそうです。
KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。
燃料タンクの後ろ、写真でいえば左側部分、向こう側が透けて見えているところを見ると、本来のバッテリーの位置はここかも。
KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。
クボタB6000トラクタ エンジン形式ZL600 水冷4サイクル2気筒ディーゼル 最高回転数 2900rpm 出力11PS/2700rpm 四輪駆動方式 変速F6、 R2、PTO3とあります。
KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。
メーターパネルはオリジナル塗装でしょうか。日光が当たらないのでしょう。程度がいいです。ものすごくシンプルな運転席。ハンドルポストは立ち気味です。
KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。
ライトスイッチに表示があるのみであとはわかりません。パネルの右下、奥のほうから伸びている針金がアクセルかなあ・・・

続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“思ったより小さかった・・・クボタトラクターB6000「撮り虎」その1” への1件の返信

  1. 一番下の写真の解説
    右上の赤いボタン:ホーン
    その下の黒いつまみ:セルモーターのスイッチ
    その左のキー:メインスイッチ
    その上の穴の空いた丸いもの:プレヒートのインジケーター
     →始動前にキーを左にひねって、インジケーターがぼんやり赤くなるまでプレヒートを行います。
    インジケータ左の針金:デコンプ

    です。
    昔の記事に横から失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。