Homeに戻る > 若干中年太り SさんのSD3000Aその1 撮り虎

若干中年太り SさんのSD3000Aその1 撮り虎

今日はSさんの二駆、シバウラSD3000Aです。SHIBAURA SDシリースは、以前SHIBAURA SD1540Bというのを見つけています。まさかこんな兄貴がいるとは思わず、かわいらしくてスクエアなトラクターだなって思っていました。

それがこれSHIBAURA SD1540B

これです!シバウラSD1540B

これです!シバウラSD1540B

シバウラのトラクターはみんなカッコいいんですけど、これはカワカッコイイです。

シバウラSD1540B

シバウラについて調べてみた

シバウラ 今はないメーカーなのかと思ったらちゃんとあるのでした。ウィキペディアによれば、

株式会社IHIシバウラ(アイ・エイチ・アイ シバウラ)は、長野県松本市に本社を置くエンジン(ディーゼルエンジンなどの産業用エンジン)、農業用機械、消防ポンプ等の防災関連機器のメーカーである。『シバウラ』ブランドで知られる。

かつてはシバウラブランドの管理機やトラクターを開発、製造していたが1991年にヤンマー農機(現・ヤンマー)と業務提携し、スローガンとして『パートナーシップ ヤンマー☆シバウラ』を称えて同社にEF100シリーズ(フルホイール、16馬力~22馬力)とCT100シリーズ(フルクローラー、18馬力~22馬力)のトラクタをOEM供給している。自社ブランドでの国内向け農業機械分野からは段階的に撤退しているが、芝地管理用ターフトラクター、乗用モア等の機械は2010年現在も引き続きシバウラブランドとして日本、及び海外に向けて製造販売している。
なお、かつて「シバウラ」ブランドで販売されていたオリジナルの国内向け農業機械用の純正部品は2011年現在、業務提携先のヤンマーが全て保有している。

おお!シバウラブランドはでは国内展開してはいないけど、現役でバンバントラクターを作ってるんですね! しかも部品は全てヤンマーにあるそうで安心です。

で、こっちが兄貴、SさんのSD3000A

SHIBAURA TRACTOR SD3000A

若干中年太り シバウラSD3000A

SさんのSD3000A、エンジン始動動画

YouTube Preview Image

見た目は古いけど、安全装置もついてます

SさんのSD3000Aに戻る

シバウラトラクターSD3000Aは、1977年、昭和51年)に小型特殊自動車の型式を認定され、農研機構の安全鑑定は1977年にパス・・・35〜6歳ぐらい。少なくとも30歳くらいでしょうか?

水冷4気筒ディーゼル、1484CC、30馬力(PS) というところみたいです。

シバウラ SD3000A

二駆ですね。正面の円盤が気になります。

シバウラSD3000A

SD1540Bに比べて目は同じ大きさなのに体がでかい! 大人になったSD1540Bという感じです。ロボットっぽくも見えます。

シバウラSD3000A 円盤はウエィトのようです。これはバーベルかなあ・・・Sさんはこういうことやってたの???

シバウラSD3000A 円盤はウエィトのようです。これはバーベルかなあ・・・Sさんはこういうことやってたの???

シバウラSD3000A

ほとんどプラスチックの部品がないのがいいです

shibaura tractor logo emblem

シバウラのエンブレムマーク スーパーマンの「S」です。色合いもちょうどそんな感じ。

シバウラトラクター SD3000A

「デラックス」の「D」が落ちて、「ラックス」になっちゃってますね。

シバウラSD3000A

多分、両側レンズのコンパクトなウインカーが撮りたかったんだと思います。

SHIBAURA SD3000A

こうやって見ると発電機のようにも溶接機のようにも見える・・・それとも角ダルマさん? ムニュムニュっと中年太りしちゃった感があります。

シバウラトラクターSD3000A

目のまわりの大きさは全車共通って感じです。

続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

おお〜これはまだ撮ってない。。シバウラ自体がなかなか見ないですよ。母校と同じ名前なので愛着が有るのですが、どっちもマイナーで先輩後輩に会う位お目にかからないですね。

私が撮ったのでは
農機具屋の裏でブルーシートに覆われたS1000ってヤツ
http://k-work.p2.weblife.me/tractor/cn08/pg036.html

がお気に入りです。

2013年10月1日 11:16 AM | k-work

k-workさん おはようございます

見てきました。カントリーマンって感じ
シバウラはいいですねえ

ものすごい存在感です
オメメ2つに四角いボデーだけなのに
どうしてこうなっちゃうのか・・・

2013年10月2日 5:31 AM | nora

シバウラのなごりはお店の名前にもあります。
県内鹿行地域の行方市に「(株)鹿行シバウラ」というヤンマー製品特販店があります。
このお店、コイン式無人精米機の先駆けとして有名ですが、想像するに、昔はシバウラ製品取扱店だったんだと思います。
今、シバウラ製中古トラクターD23Fがネット販売されているようですが、その写真には更にもう一台D23Fとは違う顔のシバウラ製トラクターが写っています。

2013年10月2日 1:17 PM | おじま

おじまさん おはようございます
「鹿行シバウラ」見たことあります!見たことあります!
大工さんが作った感じの造作でペンキ書きの看板が付いたコイン精米所ですよね?

見に行ってみるとありますDF23F
これもかっこいいなあ

確かにその後ろもいいですねえ・・・

2013年10月3日 6:09 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2013/10/01/shibaura-sd3000a/trackback/