Homeに戻る > クボタL13G何歳なんだろ・・・「撮りトラ」

クボタL13G何歳なんだろ・・・「撮りトラ」

クボタL13G

う〜ん・・・カワイイ! 足が詰まっていてずいぶん幅狭背高に見えます。

永続キャンペーン中、「撮りトラ」の続きでトラクターの顔収集家k-workさんが送ってくれたクボタL13Gです。

k-workさんがお店の人から聞き出したお話によると昭和35年製だそうで、ということは1960年製?? それだと今年で53歳ということになりますが・・・ちょっと調べてみました。

大体その頃には作ってたみたいです

クボタの会社沿革にこんなことが書いてありました。

クボタの会社沿革にこんなことが書いてありました。

1960年で畑作用トラクターを開発・商品化、そして1962年に水田用トラクターの製造開始・・・この写真のラインに並んでいるのはL13Gのご兄弟ですよね?

一方北海道クボタのブログにこんなことが・・・L13Gは2009年時点で42歳と書かれている・・・ということは1967年製ということになります。昭和35年生まれということはないけど、1962年に生産が始まって1967年まで作っていたということはありそうですねぇ。

一方北海道クボタのブログにこんなことが・・・L13Gは2009年時点で42歳と書かれている・・・ということは1967年製ということになります。昭和35年生まれということはないけど、1962年に生産が始まって1967年まで作っていたということはありそうですねぇ。

ネットをさまよっていたらこんなモノを見つけました。クボタの企業紙でしょうか?(http://giweb.kubota.co.jp/back_number/tractor/tractor_01/index.html)国産初のクボタ畑作用トラクターは赤いボディーのT15というマシンでした。なんか速そう! スガノ農機の博物館にいらっしゃるようです。

ネットをさまよっていたらこんなモノを見つけました。クボタの企業紙でしょうか?(http://giweb.kubota.co.jp/back_number/tractor/tractor_01/index.html)国産初のクボタ畑作用トラクターは赤いボディーのT15というマシンでした。なんか速そう! スガノ農機の博物館にいらっしゃるようです。

クボタトラクター年表かなにかないのかなあ・・・

探しているとWEB制作会社が制作実績として、フラッシュでクボタトラクター年表を作ったと書いてある・・・これ見たい!

探しているとWEB制作会社が制作実績として、フラッシュでクボタトラクター年表を作ったと書いてある・・・これ見たい!

探しにいくと見事に下げられてます。きっと50年のあゆみっていう節目を過ぎたら「なんだかおかしいんじゃん?」という社内の声を受けて下げられてしまったのかもしれません・・・残念。

更に探すと・・・

オレンジスタイル(http://www.jnouki.kubota.co.jp/jnouki/Special/os/history/index.html)と言う別サイトに縮小・移動されていました。

オレンジスタイル(http://www.jnouki.kubota.co.jp/jnouki/Special/os/history/index.html)と言う別サイトに縮小・移動されていました。

もっと大きく見たいなあ・・・

海外のサイトにもっと大きくでていました

全然読めないですけど・・・

全然読めないですけど・・・

(http://www.retrotraktor.pl/readarticle.php?article_id=268)おっ!これはクボタの会社のやつより大きいぞ!

(http://www.retrotraktor.pl/readarticle.php?article_id=268)おっ!これはクボタの会社のやつより大きいぞ!

これらを見ていると1960年にT15ができて、1962年のクボタ初の水田用トラクターはL15Rで、工場のラインで作っているのはマフラーが右出しなんでL13Gではないですね・・・L15Rそのものでしょうか?

1963年に出たL27はL13Gと同じ左出しのマフラーになってます。L13Gは1962年にL15Rと同時発売されたか、L27と一緒に1963年当たりに発売されたか・・・オレンジスタイルの年表で田んぼを走っているのは右出しマフラーのマシンですね。でも、ライトがでかい感じなのでL13Gではないように見えます。

いずれにせよこの薄いオレンジのL2桁シリーズは1962年〜1965年あたりで、今年で51歳〜48歳になろうというところではないでしょうか?

スペックもあった・・・本当なのかなあ

単気筒13馬力・・・・

単気筒13馬力・・・・

単気筒13馬力637CC? 日の本MB-1100くらいのイメージなんですかねえ・・・

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

おースゴいですね。流石!!

店で対応して頂いたのは女性の方だったのでうる憶えだったのかも知れません。僕も昭和35年はちょと古過ぎかな?と思っていました。

でもこの年表いいですね。これ見ると見た事無いトラクターがまだいっぱい有りますね。L140とかL350辺りはなかなかいいお顔をされていそう。

ところで私がクボタで一番疑問に思っているのが「サンシャイン」と名の付いたトラクターです。L系やB系、M系にも「サンシャイン」ってロゴが入っていたり。同じ様な顔でも入ってなかったり。何をもって「サンシャイン」なのか「サンシャインワールド」とか「サンシャインスーパー」なんてのまで有ると全く意味不明です。いっそクボタに電話して聞いてみようかと思ってます。

2013年2月18日 11:21 AM | k-work

k-workさん おはようございます
僕も「サンシャイン」気になります
今日も別の意味で取りあげちゃいました(カラバリ)
なんなの?って・・・
でも農機って(いや、農業関係すべてかな?)
非常に特殊なネーミングが豊富で集めると笑っちゃいます
もう気がついているかもしれませんが
田面ライダーV3とか
迷惑動物おどし鉄炮とか

F1まさおグランプリ
男前草刈清
侍まさお
ピンクレディー
みなみ の 春・・・お

などの「モノづくりは演歌だ!」の筑水キャニコムなど・・・
無数に存在しています 血なんです・・・きっと

農薬や肥料なんかも多くて楽しいです
ゆうた君一発

2013年2月19日 8:49 AM | nora

どれもすごいネーミングですね。「何故?」とか「どうして?」って考える方が間違っているのでしょうね。やっぱり「サンシャイン星人」だって事にしときます。

2013年2月19日 10:23 AM | k-work

k-workさん おはようございます
こういうネーミングってあんまり言ってなくなっちゃうと寂しいので
やんわりと話題にして楽しむってのが正解かなあ・・・なんて思ってます
なんでだろう?どうしてこういうものが?・・・と想像して楽しむ現代アートですね

2013年2月20日 8:28 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2013/02/18/l13gnansai/trackback/