Homeに戻る > 飼料稲の収穫が始まりました(動画あり。ヤンマーコンバインYWH1400A)

飼料稲の収穫が始まりました(動画あり。ヤンマーコンバインYWH1400A)

ヤンマーコンバインYWH1400A

飼料稲の刈取りに使うヤンマーコンバインYWH1400Aです

今朝などはちょっと秋っぽい空がのぞいていましたが、まだまだ暑い今日この頃です。そんな中、飼料稲の収穫が始まりました。ヤンマーコンバインYWH1400Aによる飼料稲の収穫です。このコンバインの中で飼料稲を細かく裁断して、胴体の中でロール状にして、お腹一杯になったところで紐でグルグル巻きにしてドスンと落とします。

これをラッピングマシンで拾い上げ、やはりグルグルと空気が入らないようにきっちりラッピングして、道路脇に並べてお迎えを待つ・・・といった流れです。

ホールクロップサイレージと呼ばれているそうですが、これを作ることは減反の対象になるそうです。これのおかげで田んぼ地帯はすべて稲が植わっている状態になっていたのでした。緑の田んぼの何割かは牛さんの食べ物だったのです。

飼料稲の収穫動画YWH1400A

YouTube Preview Image

↑ 動画(1分46秒)画面クリックでも再生します。

こんなところがカワイイ!!

YWH1400A

お腹一杯になったら後からポトンってやるのですが、バラバラにならないよう、紐で縛っている時間が結構長く、それが◯ンコをガマンしているというか、オムツにしているというか・・・幼児みたいでかわいいんです。

こんなイメージ ウ◯コをガマンしている時が左、うまく出た時が右。

こんなイメージ ウ◯コをガマンもしくはオムツにしている時が左、うまく出た時が右。

ヤンマーYWH1400A このような稲のカタマリを作り上げます。最新型はYWH1500という型番になっているようです。

ヤンマーYWH1400A このような稲のカタマリを作り上げます。最新型はYWH1500という型番になっているみたいです。

普通の稲のコンバインはバリカンのような刃が付いているのですが、このコンバインは少し曲がったへらのような刃が回転するようになっています。

普通の稲のコンバインはバリカンのような刃が付いているのですが、このコンバインは少し曲がったへらのような刃が回転するようになっています。

飼料コンバインベーラYWH1400Aの回転刃 ここいつがぶんぶん回ってバリバリバリ・・・と飼料稲を刈り取ります。結構音がうるさいです。

飼料コンバインベーラYWH1400Aの回転刃 ここいつがぶんぶん回ってバリバリバリ・・・と飼料稲を刈り取ります。結構音がうるさいです。

土がつくと発酵しにくくなるので、あまり根元から刈らないようにしているそうです。

土がつくと発酵しにくくなるので、あまり根元から刈らないようにしているそうです。

ywh1400a

調子がなかなかでなくて調べています。何だか見ているだけで恐ろしい・・・

YWH1400A

外周からグルグル回って中心に近づいていきます。

管理人が見たさまざまな農業機械の記事へ
農業機械の紹介記事

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/08/26/ywh1400a/trackback/