ツバメカレンダー(第二陣の子育てスタート!)

先日の朝ツバメの鳴き声がたくさんするので外へ出てみると、膨大な数のツバメが飛び回っていました。

膨大な数のツバメ

膨大な数のツバメ 来日後、第一陣の子育てが終わって、そこそこ増えたツバメたちが飛び回っていたのか、すごい数でした。

たくさんのツバメ

写真にはなかなか写りません

たくさんのツバメ

電線にも空中にもあちこちにいます

そして、作業場を見てみると、新たに卵を温めているツバメを発見しました。第二陣の子育てガスターとしていたのです。

そこで、タイムラインに沿ってカレンダーにまとめてみました

極私的ツバメ記録:ツバメは早い年で4月10日頃、だいたい4月25日頃までにみかけるようになって、あちこちの家を探索しながら自分の巣(中古物件、新築のための土地物件)を見定めます。

パートナーを見つけて、田んぼに水が入って建築資材の泥と藁が手に入るまで、他の夫婦に物件を取られないように見張っています。

5月の上旬〜中頃からだろうと思うのですが、卵を温め始め、5月の中頃から終わりにかけてヒナを見るようになります。

6月の上旬、第一陣のヒナは巣立ちます。このあと第二陣が続き、9月頃までこのあたりにいます。複数の家族が一度に子育てをすることもあります。

ツバメのカレンダー1ツバメのカレンダー2ツバメのカレンダー3ツバメのカレンダー4ツバメのカレンダー5

この後にまだまだ続くんですね。

第二陣

ツバメが卵を温めています

ツバメが卵を温めています 無事孵って巣立つといいな。

ツバメの記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の野鳥の記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/07/09/tsubame_calendar/trackback/