Homeに戻る > 写真を送ってもらいました Massey Ferguson(マッセイファーガソン)

写真を送ってもらいました Massey Ferguson(マッセイファーガソン)

形や機能に興味を持って、たまにトラクターの記事を書いています。その中でマッセイファーガソンというキーワードで検索して見える方が、John Deerと並んでとてもたくさんいらっしゃいます。(せっかく来ていただいても、使っているわけではないのでたいした内容がなく、心苦しいのですが・・・)

地震で延び延びになっていましたが、以前の「お金も窒素もグルグル回そう!(田んぼへ堆肥を撒いてもらいました)」の記事で、いつもコメントをくれるOPさんに写真を送ってもらいました。

まずは堆肥散布の続きを見てください MF5465

http://oba-shima.mito-city.com/wp/wp-content/uploads/2011/04/taihimaki.flv

↑ 動画(2分33秒)画面クリックでも再生します。iPhoneでは見られません!ごめんなさい。

YOUTUBEバージョン MF5465

YouTube Preview Image

こういう写真を送ってもらいました

ジョンディア785 (1994年〜 カナダ製)車幅が3M近くもあるそうです。時速12Kmで10トンの堆肥を1分ぐらいで撒くことができるそう・・・・なんだか想像もつきません。とにかく田んぼで見るものと、牧畜で見るものは全然違うことだけはわかります。

ジョンディア785 (1994年〜 カナダ製)車幅が3M近くもあり、トラクター下部のスイングドローバーに装着して牽引するそうです。時速12Kmで10トンの堆肥を1分ぐらいで撒くことができる・・・・なんだか想像もつきません。とにかく田んぼで見るものと、牧畜で見るものは全然違うことだけはわかります。

こちらが今回使われていたもの。土地柄によって、仕事によって、容量、作業時間、大きさから値段まで、すべて違って、その組み合せは一人一人違うようです。

こちらが今回使われていたもの。土地柄によって、仕事によって、容量、作業時間、大きさから値段まで、すべて違って、その組み合せは一人一人違うようです。

素朴なギモンが・・・

この時気がついたのですが、ものすごく頑丈なブラケットがついているのです。これ、何に使うのかな?

この時気がついたのですが、ものすごく頑丈なブラケットがついているのです。これ、何に使うのかな? 何かを取付けるピンが脇に付いているようですが・・・

教えてもらいました

こういうバケットを付けるためのブラケットだそうです。

こういうバケットを付けるためのブラケットだそうです。

MF3060初期型(1985〜、79馬力)+フロントローダーの写真だそうで、ちょうどトラクターの電子化が始まり、4WD制御や後部三点リンクの負荷制御などはコンピューター制御されているということです。しかし、こんな大きくて重いものが、ピンを刺すだけで止まっているとは・・・位置合わせをしてここにアタッチメントを付けるのは慣れないと難しそうです。

Massey Ferguson 3060(1986 – 1992)はパーキンス4気筒4.1L水冷ディーゼルエンジン PTO68馬力 前進/後進16速・・・と、WEBで探したスペックシートに書いてありました。

本体に対してローダーが大きく重い状態だということで、(車重の1割以上)後ろに何も作業機付けて無くても加速時にはエンジンは最大負荷状態なってしまうのだと教えてくれました。

画像のalo650ローダーはスウェーデン製で、頑丈かつねばり強いフレームが特徴です。ローダーそのものは非常に頑丈でトラクターの前足を壊してしまうほどの重い物でも持ち上げてしまいます。

と、教えてもらったので調べてみました。オプションパーツは色々な国の、色々なメーカーで出しているのですね。スウェーデン鋼を使っているから頑丈なのかな?WEBサイトは http://www.alo.se/Intl/Pages/Startpage.ept

そのようにインプットされてしまったから、そう思えるのか、やはり北欧を思わせるシンプルなデザインのサイトです。

そのようにインプットされてしまったから、そう思えるのか、やはり北欧を思わせるシンプルなデザインのサイトです。

なんでも、ストックホルムから北へ500キロほどウメオというきれいな町の郊外で、1947年にカールおじさんが自分のためにフロントローダーを作ったのが始まりとか・・・

WEBでウメオを探してみると、このようなきれいな写真がたくさん出てきます。少なくともこのような雰囲気の町であることは間違いなさそうです。

WEBでウメオを探してみると、このようなきれいな写真がたくさん出てきます。少なくともこのような雰囲気の町であることは間違いなさそうです。

他にも送っていただきました

僕が見たものより高出力のMassey Ferguson 5475です。

僕が見たものよりさらに高出力のMassey Ferguson 5475です。

マイナーチェンジ前:日本向け仕様(2007〜:フランス製)は2009年導入の試乗車上がりで購入、現在1000時間、我が家では最新最強(常用出力135馬力、緊急出力155馬力)のトラクターです。
5400は同社のミドルクラスシリーズでコモンレールディーゼルエンジンと電子制御トランスミッションを搭載し快適な操作と高効率な出力・高作業能率を提供してくれます。
反面、内装・外装ともにプラスチックだらけでコンピューターや電子機器が多用され非常に複雑で価格も非常〜に高価なのが難点です。

と、キャプションを付けていただきました。なんだかフロントとリヤにものすごいものがついています。WEBで拾ったスペックシートによると、エンジンはパーキンス水冷ディーゼルエンジン6気筒6.6Lターボチャージドとありますので、緊急出力とはブーストを上げるかなにかするのでしょうか。それとも水メタノール噴射とか・・・こんな小山のような機体が緊急事態に陥いる状況とは・・・なんだか妄想が膨らんでしまいます。

Massey Ferguson 35!(1960 – 1965)

これも送ってもらった写真です。かっこいいなあ。

これも送ってもらった写真です。かっこいいなあ。

この型はアメリカ、ミシガンで作られたものとイギリス、コベントリーで作られたものがあり、こちらはイギリス製とのこと。エンジンのラインナップはパーキンス、A3-152ディーゼル3気筒2.5L/コンチネンタル、ガソリン4気筒2.5L/スタンダード、ガソリン/ディーゼル4気筒とあるようです。

コメントに初期の4気筒モデルとあるので、イギリス、スタンダード製4気筒2.5Lのモデルなのかもしれません。エンジンとタイヤとミッションと座席とハンドル・・・この頃のトラクターは、ほんとうにシンプルでカッコいいです。

色々と書いていますが、誤りや思い込みが多分に含まれているはずです。そういうものだと割り引いて見てください!間違いは指摘していただけると大変ありがたいです。よろしくお願いします。

マッセイファーガソンが載っている記事へ

トラクターの記事へ
トラクターの記事

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

掲載ありがとうございます(恥)。
最後の写真の35のエンジンはパーキンス23Cという4気筒ディーゼルエンジンです。始動性が悪くトルクが細いため扱いにくいエンジンでした。
そのため4気筒ディーゼルで現在残っている個体はかなり少なくなってきているはずです。その後同社の130というトラクターに、似たような4気筒ディーゼルエンジンが搭載されているのを解体屋で発見しました。
・・・って、こんなやりとりしてて一般の人が近づきがたい雰囲気になってませんか?大丈夫ですか(笑)?

2011年4月6日 1:17 PM | OP

OPさん
聞きたいことたくさんありますが
おっしゃるとおり、近づきがたくなるとまずいので
休み休みやることにしますね
まず手始めにいろんな記事を挟んで
ぼかしてみることにします(笑)

2011年4月7日 10:22 PM | nora

自分もMF35を所有しているものですが、パーキンスの3気筒エンジンの音は重低音でいい音ですよ。他にもMF135やMF2200も3気筒パーキンスエンジンです。

2011年4月30日 1:32 PM | k

kさん
コメントありがとうございます
そうですか!エンジンのパターンも色々あるのですねえ

持ち主の方は

4気筒モデルは夏でも始動性が悪く、トルクが細いためこれまた使いづらいトラクターでした。
3気筒モデル(35X)が出てからは始動性もトルクも劇的に向上して、現在でも現役で活躍しています。

とコメントを寄せてくれました

気が向いたら3気筒モデルの写真を見せてくださいね!

2011年4月30日 8:21 PM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/04/06/massey-ferguson3/trackback/