なんとか生きてます2

ご心配をおかけします。いまだ電気も水も電話もつながりません。一時電気さえ入れればつながっていた電話ももはやダメで、ポケットwifiに車のバッテリーで電気を供給してネットに繋げてます。でも電波が非常に弱い・・・なんとかネットがあるおかげで全国の友達の安否もそこそこわかってきました。

写真をアップしたくても電気量が足りず、アップできないことをお許しください。

誰に助けを求めるでなく、近所の人たちは来る雨に備えて黙々と屋根を直したり、片付けをしたりしています。水はわき水を汲めるところがあるというのを教えてもらいましたし、食料もまだ自前であるのでしばらくは大丈夫。普段から車にキャンプ道具と水を積んでいて良かったぁ。

しかし、電気に頼ってオール電化なんかにしなくてよかったです。(とは言っても、オール電化は検討したことすらないですが)結局いざという時に役に立つのは、燃料さえ確保できれば動力からオールインワンで電気を起こせる内燃機関です。

薪ストーブからの火災は、余震の隙をついてずれたストーブを直し、水をぶっかけるの繰り返しで事なきを得ました。今は、ほぼ50年選手のブルーフレームで暖をとっています。タンクの中に入っていた、いったい何十年前の灯油なんだ?というような、油のようなねっとりした灯油を捨て、火をつければあっさりと目覚めます。

お米も鍋炊きご飯の記事を見てもらえばわかりますが、普段から鍋で炊いているので何ら普通と変わりありません。暗い事を除けばそんな食事も結構楽しい。

電気はなくてもやっていけるけど、電気って便利だなあ・・・オール電化というだけあってこれら全てを電気でやれるんだから。だいたい仕事は電気がないとできないもんなあ。防災備災をもう一度良く考えないといけませんね。

「水戸の地震と避難速報で役に立ったもの」の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/03/13/ikitemasu2/trackback/