円は閉じた(蕎麦の試食+粉挽き動画)300投稿目!!

今回は書きも書いたり、投稿300回目です!!まさに投稿で、投げるようにくだらないことばかり書いてきましたが、300書けば中にはまともなのも混じっているでしょう・・・きっと。

とにかくやっとそばを食べるところまで来ました。昨日はそば殻を取り除くところまででしたが、今度はそれから先、粉が完成するまでの動画です。

しかし、大変だなあ・・・という印象。何回も挽き、何回もふるう。ここらで大丈夫・・・と思って、ふるうのを打ち切ったのですが、食べてみた結果、それでもまだ挽きが荒かったことが判明しました。繰り返しになってしまいますが、それを考えると巷の蕎麦は安いです。

男達はホコリまみれ

↑ 動画(1分45秒)画面クリックでも再生します。

そして待ち切れず蕎麦を打ってみる

講師を呼んで改めて蕎麦を打つという話もあったのですが、とりあえず試食してみようということになりました。みなさん何かしらの道具は持寄って、かなり前のめりの状態でそば打ちに突入です。

ちょっと粉が荒かったかな・・・と、経験者がこねはじめると・・・

ちょっと粉が荒かったかな・・・と、経験者がこねはじめると・・・

シルバーと言ってもいい男達が、結構楽しそうに群がって蕎麦をこね始めます。

シルバーと言ってもいい男達が、結構楽しそうに群がって蕎麦をこね始めます。

不慣れなそば打ちとは対照的に、こっちのほうは手慣れたもの。あっという間に男料理の準備が始まります。

不慣れなそば打ちとは対照的に、こっちのほうは手慣れたもの。あっという間に男料理の準備が始まります。

どうも、粉が少し荒かったようで、うまくまとまりません。まとまったと思ってこねていると、だんだん堅くひび割れてくる・・・・ですから、見栄えは悲しいできばえです。「うどん」というより「ほうとう」に近いものになってしまいました。

どうも、粉が少し荒かったようで、うまくまとまりません。まとまったと思ってこねていると、だんだん堅くひび割れてくる・・・・ですから、見栄えは悲しいできばえです。「うどん」というより「ほうとう」に近いものになってしまいました。

男料理と合体して、けんちん蕎麦のできあがり!!見た目はともかくおいしいんですよ!

あまりにもブツ切れで太い外見にはに合わず、プルプルしているのが印象的でした。歯ごたえもよいし、けんちん汁にはあっていておいしかったです。しかもかなりお腹いっぱいになる重量感でした。これはもう一度粉をひいて細かくすれば期待が持てそうです。その時は上手に打って町内の方達に振る舞う予定です。

環境保全会で作る蕎麦の記事へ
環境保全会で作る蕎麦の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/03/01/enhatojita/trackback/