ヤンマーフォルテの次、エコトラにもRS(ライススペシャル)があった!「昔のカタログシリーズ」

今日はトラクター狂さんに送ってもらった、ヤンマーのエコトラRS30R/33Rのカタログです。

以前ヤンマーフォルテRS(ライススペシャル)を取りあげましたが、フォルテの次のモデルであるエコトラにもRS(ライススペシャル)があった・・・というわけですね。

トラクター狂さん、いつもありがとうございます!

確認できた限りにおいては外車であり、畑作には適していたのでしょうが日本の稲作に若干フィットしていなかったFORDトラクターの稲作仕様がRS(ライススペシャル)として売り出されたはず。 僕の知る限り国産メーカーは「稲作に最適」として売っていたトラクターはあっても、RS(ライススペシャル)と銘打った国産トラクターはこのひとつ前、フォルテの
ヤンマーエコトラRS30R/33Rのカタログです。
僕が確認できた限りにおいては、畑作には適していたのでしょうが日本の稲作に若干フィットしていなかったFORDトラクターの稲作仕様が最初にRS(ライススペシャル)として売り出されたはず。

国産メーカーは「稲作に最適」として売っていたトラクターはあっても、RS(ライススペシャル)と銘打った国産トラクターはこのひとつ前、フォルテのRS(ライススペシャル)が初めてだと思います。もちろん、僕の極々少ない「知る限りにおいては」なんですけどね。
同じFORD3000でも「RS」のステッカーが貼ってあるのとないのがあり、『なんだろうなぁ』と思っていたら様々な情報が集まり稲作用のFORDだということがわかったという記事。この時はスッキリしたなー。
そしてこちらは国産トラクターで初めてRS(ライススペシャル)を名乗った(←当社調べ:異論お待ちしています)ヤンマー・フォルテRSのポスターを見つけたよ・・・という記事。
拡大してみると赤字に白文字で「RS」うっすらと小麦みたいなイラストも入っていて、これこそオリジナルじゃないかな。グレード名かなにかの・・・あと、もう一つ気になったのはこのマーク。外国製のトラクターは麦がモチーフになったものが多いですが、やはり「お米の国のトラクター」ですから当然お米がもチーフですよね!こういうの、もっとやってほしいな。
見にくいですが、どちらも「お米の国」を前面に出した稲穂をモチーフとしたスペシャルなロゴを採用していました。(今のところヤンマーのほうはトラクター本体に稲穂のマークが付いていたかどうかは確認できていませんが・・・)
トラクター狂さんが強調して撮ってくれたおかげで今気が付きました。 ヤンマー☆シバウラ パートナーシップと書かれています。今まで「シバウラが作ってんじゃねぇのー?」というそこそこ確信のある疑いレベルだったものが拍子抜けです。 なーんだ・・・ここに堂々と書かれています。
トラクター狂さんが強調して撮ってくれたおかげで今気が付きました。 ヤンマー☆シバウラ パートナーシップと書かれています。今まで「シバウラが作ってんじゃねぇのー?」というそこそこ確信のある疑いレベルだったものが拍子抜けです。 なーんだ・・・ここに堂々と書かれています。
この写真すごいです。エコトラは耕うん作業時間をこれまでより約30〜40%短縮できます(当社比) このゆとり。 あなたなら、どう活かしますか?
この写真すごいです。エコトラは耕うん作業時間をこれまでより約30〜40%短縮できます(当社比) このゆとり。 あなたなら、どう活かしますか?

あたりまえですが、新商品が出ると会社はその商品を売ろうとします。そのため、以前の商品は扱いがすごく小さくなりますよね?(というかなくなる?)

中にはその前の新商品、上の写真では左上で「当社現行機は今ターン」と、噛ませ犬のように使われ、結果としてこき下ろされてしまっていたりします。

先輩の良いところを受け継いで生まれているはずの新商品がちやほやされすぎて、先輩後輩の関係が断絶されている感じがします。

それだけに新旧のカタログを見比べるっておもしろいです。とちらも最高のものとして描かれているわけですから。

今回ちょっと残念だったのは、稲穂がどこにも使われていないこと。多分このRSはライススペシャルのことだと思うのですけど、稲穂の絵はどこにもないし、ライススペシャルの文字も見当たりません。
今回ちょっと残念だったのは、稲穂がどこにも使われていないこと。多分このRSはライススペシャルのことだと思うのですけど、稲穂の絵はどこにもないし、ライススペシャルの文字も見当たりません。

速耕、エコ・・・と、以前のフォルテシリーズに対して売るものが増えてしまったので、うるさくなりすぎると思ったのでしょうね。大きさだけならRSのロゴが一番大きいですが、エコトラも速耕どちらも主張したくてウズウズしている感じがものすごくします。

ここに「ライススペシャル」もぶち込んだら目があちこち行きすぎてチカチカしますものねぇ・・・

一応売るものがたくさんあるので、もう十分知れ渡ったであろうライススペシャルにお休みいただいているのだと思っておくことにします。

ライススペシャル精神が薄れてしまい、RSが形だけ残ったのかと思うと寂しいですからね。

時間がなくなっちゃいました。今日はここまでにします 続きは明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。