ハタラククルマ。多分MF207バックホー+ローダー「撮りトラ」

今日は中古車屋さんで見た黄色い建機、Massey Ferguson MF207(多分バックホー+ローダーが付いていたはず)、「撮りトラ」です。

 

初め黄色いので純粋な建設機械かと思いました。でも、MFと書いてあります。トラクターがベースになっているとわかると興味が出てきます。
初め黄色いので純粋な建設機械かと思いました。でも、MFのヘッドマークが付いています。トラクターがベースになっているとわかると興味が出てきます。

 

MFのヘッドマーク。トラクターですと立体感のある、厚みのあるものが付いていることが多いですけど、こちらは凸凹も少なく、あっさりとしています。
MFのヘッドマーク。トラクターですと立体感のある、厚みのあるものが付いていることが多いですけど、こちらは凸凹も少なく、あっさりとしています。

 

機種名:ファガソントラクタ 形式・仕様:MF-35 37馬力 製造社・国:マッセイファガソン社 英国 導入年度:1959年(昭和34) 使用経過:堀部氏は昭和28年4月にウイリスジープを農耕用に導入している。帯広地方ではかなりに早い導入であった。  のちに、下取りに出してトラクタ導入プラウ・ロータリーバックレーキ付で120万円、一年の農産販売が70万円のころ、大変高価な投資であった。 30年ほど大切に使用していたもの。
こんな感じですね。

 

しかし、顔はトラクターに比べ、愛のないいいかげんな作りです。やっぱりローダーで隠れてしまう部分なので力が入らないのでしょうね。
しかし、顔はトラクターに比べ、愛のないいいかげんな作りです。やっぱりローダーで隠れてしまう部分なので力が入らないのでしょうね。

 

これがなぜMF207だと判断したかというと・・・
これがなぜMF207だと判断したかというと・・・

 

これがなぜMF207だと判断したかというと、上の写真のアームをつなぐ梁の右側に銘板があったからなんです。
上の写真のアームをつなぐ梁の右側に銘板があったからなんです。

 

拡大してみます。 MADE IN GREAT BRITAIN Massey-Ferguson 207 とあります。
拡大してみます。
MADE IN GREAT BRITAIN
Massey-Ferguson
207
とあります。

 

調べてみるとこんなのが出てきました。ちゃんと存在しているんです。
調べてみるとこんなのが出てきました。ちゃんと存在しているんです。

 

ネットで写真を探してみるとにたようなのがたくさん出てきます。ただ、ビンゴのMF207は見つけることができませんでした。これはかなり近いですけど・・・
ネットで写真を探してみるとにたようなのがたくさん出てきます。ただ、ビンゴのMF207は見つけることができませんでした。これはかなり近いですけど・・・

 

この機体の特長は横に大きく張り出したアウトリガー。
この機体の特長は横に大きく張り出したアウトリガー。

 

残念ながらバックホー部分はありませんでした。バックホーの運転席は後ろ向きに別に付いています。
残念ながらバックホー部分はありませんでした。バックホーの運転席は後ろ向きに別に付いています。

 

もしかしてバックホーを取り外し、農家でローダーとして使われていたのかもしれませんね。
もしかしてバックホーを取り外し、農家でローダーとして使われていたのかもしれませんね。

 

車体のほうのインパネはトラクターそのもの。
車体のほうのインパネはトラクターそのもの。

 

あ!そうそう。隣にカッコいいスノープラウが置いてあったんです。これに付いていたんじゃないかな?
あ!そうそう。隣にカッコいいスノープラウが置いてあったんです。これに付いていたんじゃないかな?

 

夏の間はローダー仕事に従事し、冬になると雪かきをしていたのかもしれません。
夏の間はローダー仕事に従事し、冬になると雪かきをしていたのかもしれません。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

 

 

 

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。