クボタにはL13Gだけでなく、L-12というトラクターもあったのですって!「撮りトラ」

昨日はクボタトラクターL13Gを紹介しました。そうしたらFacebookでL-12というトラクターを教えてもらいました。後から後からよくもまあ色々なトラクターを作ったものです・・・クボタさん。

初期のL形はこれでL-12、L13G、L15R、L27というのが僕的に確認されたわけです。まだまだ他にもありそう・・・

クボタL-13G オリジナル色かどうかはわかりませんが、レーシーなラインは発売当時も入っていたようです・・・何の意味があったんだろう?
これはクボタL-13G。形式名もL13Gとなっています。エンジンはE650Bディーゼルエンジン。13馬力/2600rpm。前進6段、後進2段とあります。以前調べたとき、海外のサイトに水冷単気筒637ccとあったのですが、E650Bというエンジン形式から排気量については「だいたいそんなものかな」という印象。
そしてこちらがクボタのL-12。L13Gは水冷淡気筒エンジンで下が、こちらは空冷単気筒ディーゼルエンジン! ボディサイズは同じに見えます。
そしてこちらがクボタのL-12。L13Gは水冷単気筒エンジンでしたが、こちらは空冷単気筒ディーゼルエンジン! ボディサイズは同じに見えます。

馬力もほとんど変わらないのに、この2台のをラインナップに並べるというのは・・・もしかしたら当時は人々に「水冷アレルギー」みたいなものがあって、反対に空冷エンジンの需要もそこそこあったとか?

L-12と途中に「-」が入った名前です。
L-12と途中に「-」が入った名前です。
商品名としてはL13Gですが、形式名はL13となっています。エンジンはE650Bディーゼルエンジン。13馬力/2600rpm。前進6段、後進2段とあります。以前調べたとき、海外のサイトに単気筒637ccとあったのですが、E650Bというエンジン形式から排気量については「だいたいそんなものかな」という印象。単気筒というのは写真ではよくわかりませんでした。
L13Gのほうは「-」が入っていません。全部ひと繫がりのL13Gです。
めちゃめちゃカッコイイエンジン。ヘッドカバーが丸くて重量感があってすごくいい感じ。
めちゃめちゃカッコイイエンジン。ヘッドカバーが丸くて重量感があってすごくいい感じ。
空冷エンジンも水冷エンジンもほぼ同じレイアウト。工具ボックスの大きさが違うくらい。
空冷エンジンも水冷エンジンもほぼ同じレイアウト。工具ボックスの大きさが違うくらい。
燃料タンクの下の工具ボックスはこの頃からなんですね。オイルバスフィルターはデンソー製。
こちらはL13G。フィルターの位置と、ラジエターがあるかないかくらいの違い。
L-12のエンジン、「ハッツ」というメーカーのものだと教えてもらいました。調べてみると、マティアス・ハッツという人によって1880年に設立されたHATZというエンジンメーカー。
L-12のエンジン、「ハッツ」というメーカーのものだと教えてもらいました。調べてみると、マティアス・ハッツという人によって1880年に設立されたHATZというエンジンメーカー。

今でも汎用ディーゼルエンジンを作って供給している他、かつてはトラクターも作っていたそうです。あのアイヒャーにエンジンを供給していたこともあったとか!

これはそのHATZ T12というトラクター。1958年製。ちょうど12馬力の空冷単気筒のHATZエンジンを積んでいます。
これはそのHATZ TL12というトラクター。1958年製。1955年〜1961年の製造でちょうど12馬力の空冷単気筒のHATZエンジンを積んでいます。年式から言ってL-12のお兄さんといった感じ。名前も少し似ていますね。

L-12はHATZのE90Lというエンジンを積んでいたとネットで調べると出てきますが、HATZ TL12はHATZE89FGという668cc空冷単気筒12馬力/2500rpmのエンジンを搭載していました。

このアイヒャーLH12もHATZのE89FG空冷単気筒ディーゼル12馬力を積んでいたそうです!同じエンジンを積んでいても感じが違いますねーーーーー
このアイヒャーLH12もHATZのE89FG空冷単気筒ディーゼル12馬力を積んでいたそうです!同じエンジンを積んでいても感じが違いますねーーーーー

↑クボタL-12に載っているエンジンときっとほぼ同じエンジン音なのではないでしょうか?

こちらは空冷の13馬力なんでちょっと大きくなっちゃいますけど、形はこっちのほうがL-12やL13Gに似てますよね? エンジンは同じE89FGなんですが少し馬力が大きいです。
こちらは空冷の13馬力なんでちょっと大きくなっちゃいますけど、形はこっちのほうがL-12やL13Gに似てますよね? エンジンは同じE89FGなんですが少し馬力が大きいです。

クボタL-12、すごく気になってきました。

今日はここまで。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“クボタにはL13Gだけでなく、L-12というトラクターもあったのですって!「撮りトラ」” への2件の返信

  1. L12のエンジンはいいよねー、ドカティのOHCを思わせるようなエンジン!
    変り種は冷却エアを何処からすっているかよ~く見てね
    、スタータークランクもカムシャフトだったような気がします。
    私のは旧いトラクターを何かに活かしたいと思い、自作薪割機「ブレーブもどき1号」を付け数年活躍しましたが完成度の高い薪割機でしたがL12油圧ポンプを酷使した為に内部リークをお越し今は休んでいます、可愛いやつでトレーラーでも引いたみたいですね。

    1. クルマーヤさん ご無沙汰しています
      エアをどこから吸っているか・・・
      確かにジェットエンジン風のインテークは見当たりませんね
      空冷のカバーは何となく下から方向からの空気が通りそうな形をしています
      もしかしてクランクと同軸のファンで、下のほうから吸っているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。