Homeに戻る > 見に来る人が少ないのに、いつもより時間が掛かってしまう・・・ヴァルトラ丼@「閑散食堂」

見に来る人が少ないのに、いつもより時間が掛かってしまう・・・ヴァルトラ丼@「閑散食堂」

土日は見に来る人が少ないから簡単に済ませちゃおう・・・と思いながら、いつもの数倍も時間が掛かってしまった・・・ったく何やってんだか。

閑散食堂・・・土日はそもそも見にくる人が少ないし、雪も降って今日は開店休業。ビールでも飲んじゃおうかな・・・と、冷蔵庫を開けたら1本も入っていません・・・ショォォォォックぅ!!!

閑散食堂・・・土日はそもそも見にくる人が少ないし、今日は開店休業。残りのメニュー開発を片付けなくちゃ。

というわけで、「閑散食堂」今日は今日はヴァルトラ丼を作ってみます。

ヴァルトラとは

ヴァルトラといえばフィンランド生まれののトラクターブランド。Munktell→Bolinder-Munktell→Volvo BM→Valmet→Valtraと、親会社も体制ももみくちゃになって現在にいたるブランドです。

現在のヴァルトラは以前の質実剛健でシンプルな姿からしたら「どうなっちゃったの?」というような外観。

現在のヴァルトラは以前の質実剛健でシンプルな姿からしたら「どうなっちゃったの?」というような外観。

いい悪いは別にして衝撃的なデザイン。

いい悪いは別にして衝撃的なデザイン。

これを見て思い出したものがある

同じく「どうなっちゃったの?」と思うものは最近のインパクトドライバー。

同じく「どうなっちゃったの?」と思うものは最近のインパクトドライバー。

「どうなっちゃったの?」具合やその方向がヴァルトラと同じ。

「どうなっちゃったの?」具合やその方向がヴァルトラと同じ。

近年どんどんその「どうなっちゃったの?」具合が進行しています。

このデザインって、マッチョでマッスル、筋肉をイメージしているのかなあ・・・どちらも力強さを表現したいということで・・・

このデザインって、マッチョでマッスル、筋肉をイメージしているのかなあ・・・どちらも力強さを表現したいということで・・・

まずうつわを作る

どんぶりだからまずご飯でしょ。そのどんぶりをヴァルトラ・マッスルデザインで作ってみます。やっぱりゴールドだよな。

どんぶりだからまずご飯でしょ。そのどんぶりをヴァルトラ・マッスルデザインで作ってみます。やっぱりゴールドだよな。

具は何にしようか?

ヴァルトラにふさわしい具はなんだろうなあ・・・う〜ん・・・フィンランドか・・・

フィンランドと言ったら・・・・・・サルミアッキ!

サルミアッキとはウィキペディアによれば

サルミアッキ(フィンランド語: salmiakki)は、塩化アンモニウムとリコリス(甘草の一種)による菓子である。その他の食品や飲料の味付けとしても使用される。
北欧語などではサルミアック、サルミアク(スウェーデン語・デンマーク語・オランダ語: salmiak、ノルウェー語: salmiakk)であり、これらは化学物質としての塩化アンモニウム自体も意味し、ラテン語で塩化アンモニウムのことである sal ammoniac に由来する。

塩化アンモニウムによる強い塩味とアンモニア臭があるのが、通常のリコリス菓子と違う特徴である。色は通常のリコリス同様、黒に近い暗褐色である。

以前買ったんだよな。

サルミアッキはフィンランドでポピュラーなリコリス菓子

もう二度と喰わないかもしれないからちゃんと写真を撮ってっておいたんだ。

サルミアッキはフィンランドでポピュラーなリコリス菓子

サルミアッキ拡大してみます。Fの文字が書いてありますね。

というわけでヴァルトラ丼

やっと出てきました!ヴァルトラ

これがヴァルトラのロゴ

ついでにヴァルトラ丼のロゴも作ってみた。

ついでにヴァルトラ丼のロゴも作ってみた。

これがヴァルトラ丼。食ったらマズいと思うけど、なかなか「ヴァルトラ丼」としてはかなりの完成度だと自画自賛。

これがヴァルトラ丼。食ったらマズいと思うけど、なかなか「ヴァルトラ丼」としてはかなりの完成度だと自画自賛。

恒例のGIFアニメもどうぞ!

ヴァルトラ・マッスルデザインのゴールドどんぶりに、炊きたてのコシヒカリを盛りつけ、フィンランドのソウルキャンディである、サルミアッキをトッピングした『ヴァルトラ丼』。フィンランドづくしの摩訶不思議な味をご堪能あれ!

ヴァルトラ・マッスルデザインのゴールドどんぶりに、炊きたてのコシヒカリを盛りつけ、フィンランドのソウルキャンディである、サルミアッキをトッピングした『ヴァルトラ丼』。フィンランドづくしの摩訶不思議な味をご堪能あれ!


上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/05/13/kannsannsyokudou/trackback/