人は石垣。FORD8N「積み上げるということ」

今日は調べ物をしているうちにイケナイものを見つけてしまい、そちらに考え・興味が行ってしまいました。世の中がお休みで見に来る人も少ないので、グダグダと結論も答えも出ないことを考えるには都合の良い日です。

いちばん最初に見つけたのはこの写真。「こりゃなんだ?」という感じですよね?きっちりFORD8Nに沿って積み上げられた薪。几帳面な仕事です。すぐにわかることは「このトラクターをしばらく使うつもりがない」ということです。つまり、トラクター本来の役割、仕事以外の機能を求めているということです。だって、これじゃ運転できないですもん。
いちばん最初に見つけたのはこの写真。「こりゃなんだ?」という感じですよね?きっちりFORD8Nに沿って積み上げられた薪。几帳面な仕事です。すぐにわかることは「このトラクターをしばらく使うつもりがない」ということです。つまり、トラクター本来の役割、仕事以外の機能を求めているということです。だって、これじゃ運転できないですもん。
調べてみると、Heath Matysek-Snyderという方の「tractor stack 2.25」アートインスタレーションのようでした。まあ、そうですよね。
調べてみると、Heath Matysek-Snyderという方の「tractor stack 2.25」アートインスタレーションのようでした。まあ、そうですよね。このFORDは地域や文化を象徴・暗喩しているもののようで、それを薪のスタックに組み込んでしまうことで・・・何を表しているのでしょう・・・?

それはわからないけれど、新鮮な驚きと刺激を与えてくれることは確かです。アートの世界では当たり前の手法なのだと思いますが、普段の姿と違うトラクターは「いつもと違うことを考える」スイッチを入れてくれるような気がします。

“人は石垣。FORD8N「積み上げるということ」” の続きを読む