1 2 3 4 5

フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日は先日の続き第34回国際農業機械展in帯広で見た、フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ「撮りトラ」です。

 

西洋風解釈の歌舞伎顔と言えないこともないヴァルトラN134D AGCO POWER 49 AWF 4気筒4.9Lディーゼル 定格135馬力最大145馬力 のトラクターです。

前回書いていなかったのですが、この写真を見て気がついたことがありました。マフラーっぽいものが左右に付いている(もちろん、片方はダミーでしょうが・・・)のです。これはいったい・・・

 

ミラーというわけでもないし、アクセサリーシューでもなさそう・・・この巨大なプラスチック?金属製?の黒いマフラー様なものはいったい何なのでしょう?

ミラーというわけでもないし、アクセサリーシューでもなさそう・・・この巨大なプラスチック?金属製?の黒いマフラー様なものはいったい何なのでしょう?

 

他の機種にも付いているのは確認できますが

他の機種にも付いているのは確認できますが

 

付いていないものもあります。上位グレードには付いていて、下位グレードには付いていないとか・・・

付いていないものもあります。上位グレードには付いていて、下位グレードには付いていないとか・・・

 

商品説明には トランスミッションCVT 油圧ポンプ出力(ℓ/分) 115 全長(mm) 4656 全幅min/max(mm)2160/2218 全高(mm) 2960 重量(kg) 6500 最低地上高(mm) 550 燃料タンク(ℓ) 235 アドブルータンク(ℓ) 45 重量バランスF/R(%) 40/60 フロントアクスル最大許容重量(kg) 5000 リヤアクスル最大許容重量(kg) 8000 最大許容重量(kg) 11000 タイヤサイズ リア・フロント 18.4R38・14.9R28 装備オプション 油圧ブレーキバルブ、PTO 540/540E/1000、フロントアクスルサスペンション、ステアリングフロンとフェンダー、外部油圧4系統、パワービヨンド、フロントウェイト 55kg×10、キャブサスペンション、2ドアキャビン、補助席、ツイントラック、クイックステア、電動ミラー、ISOBUS、モニターブラケット とあります。

商品説明には

トランスミッション CVT
油圧ポンプ出力(ℓ/分) 115
全長(mm) 4656
全幅min/max(mm)2160/2218
全高(mm) 2960
重量(kg) 6500
最低地上高(mm) 550
燃料タンク(ℓ) 235
アドブルータンク(ℓ) 45
重量バランスF/R(%) 40/60
フロントアクスル最大許容重量(kg) 5000
リヤアクスル最大許容重量(kg) 8000
最大許容重量(kg) 11000
タイヤサイズ リア・フロント 18.4R38・14.9R28
装備オプション
油圧ブレーキバルブ、PTO 540/540E/1000、フロントアクスルサスペンション、ステアリングフロントフェンダー、外部油圧4系統、パワービヨンド、フロントウェイト 55kg×10、キャブサスペンション、2ドアキャビン、補助席、ツイントラック、クイックステア、電動ミラー、ISOBUS、モニターブラケット

とあります。

 

ちょうどダミーのマフラー?が真横に見えています。上部に網が見えています。何かマフラー的機能があるのかな?

ちょうどダミーのマフラー?が真横に見えています。上部に網が見えています。何かマフラー的機能があるのかな?

 

スマートタッチ特長 ・135馬力以上のパワーシフトとCVTモデルに搭載 ・操作の容易性と快適性の2点を追求し開発スタートから約9年の時間を費やし200以上のユーザーで実際に使用し改良 ・細部にこだわり人間工学に基づいた操作感覚をアームレストに集約 ・9インチフルカラータッチパネルの液晶を装備 ・・・ 細かくて読めず、だんだん怪しくなってきました。 とにかく「スマートタッチ」とは、タッチパネル式の操作パネルのようです。

スマートタッチ特長
・135馬力以上のパワーシフトとCVTモデルに搭載
・操作の容易性と快適性の2点を追求し開発スタートから約9年の時間を費やし200以上のユーザーで実際に使用し改良
・細部にこだわり人間工学に基づいた操作感覚をアームレストに集約
・9インチフルカラータッチパネルの液晶を装備
・・・
細かくて読めず、だんだん怪しくなってきました。
とにかく「スマートタッチ」とは、タッチパネル式の操作パネルのようです。

 

この機体は赤い作業機が取付いています。(コーンハーベスターでしょうか?)

この機体は赤い作業機が取付いています。(コーンハーベスターでしょうか?)

 

稲や小麦の収穫機と違ってコンパクトですが、見た目はずっと恐ろしい・・・見ているだけで中央に吸い込まれていきそうです。

稲や小麦の収穫機と違ってコンパクトですが、見た目はずっと恐ろしい・・・見ているだけで中央に吸い込まれていきそうです。

 

吸い込まれたらコイツで空高く放り投げられるわけです。

吸い込まれたらコイツで空高く放り投げられるわけです。

 

メルセデス風テールランプ。

メルセデス風テールランプ。

 

僕がピボットフェンダーと勝手に呼んでいる可動式Fフェンダーのことをここではステアリングフロントフェンダーと称しているみたいですね。

僕が「ピボットフェンダー」と勝手に呼んでいる可動式Fフェンダーのことをここでは「ステアリングフロントフェンダー」と称しているみたいですね。

 

ただ、そのFフェンダーのポボット部分には銘はなく、僕の一押しで、各メーカーに採用されているLODIチャンではないようでした。

ただ、そのFフェンダーのポボット部分には銘はなく、僕の一押しでニューホランド、そして一部のJDにも採用されているLODIちゃんではないようでした。

 

フェンダーに何か手がかりがあるかと拡大してもレジストレーションナンバーが書いてあるだけ。

フェンダーに何か手がかりがあるかと拡大してもレジストレーションナンバーが書いてあるだけ。

 

一目でVALTRAとわかる顔。これに匹敵するような特長のある顔はバイソン顔くらいでしょうか。

一目でVALTRAとわかる顔。これに匹敵するような特長のある顔はCASE-IH MAGNUMトラクターコンセプトのバイソン顔くらいでしょうか。

 

拡大してみます。すごい顔をしていますねえ・・・これは昆虫とは少し違う・・・爬虫類からほ乳類にかけての顔。少し話ができそうかな? まあ、「牛」ですね。

これが自動運転のバイソン、CASE-IH MAGNUMトラクターコンセプトです。

 

チョンマゲのサムライモンスター

チョンマゲのサムライモンスター

 

ヘッドランプはHELLAです。

ヘッドランプはHELLAです。

 

ウェイトは1枚55kgAGCO模様は隙間から染み込んだ水が下に切れて、水はけが良さそうです。

ウェイトは1枚55kgAGCO模様は隙間から染み込んだ水が下に切れて、水はけが良さそうです。

 

唐突に細かいところを撮った写真が出てきますが、これはドアヒンジ。Unlimitedの文字が見えます。

唐突に細かいところを撮った写真が出てきますが、これはドアヒンジ。Unlimitedの文字が見えます。

 

こちらはいつもお約束で撮っているラダー回りの写真。見えているタンクはアドブルーのタンクにしてはキャップが青くない・・・と、よくよく確認してみたらウォッシャー液のタンクでした。巨大なトラクターはウォッシャー液タンクも巨大です。

こちらはいつもお約束で撮っているラダー回りの写真。見えているタンクはアドブルーのタンクにしてはキャップが青くない・・・と、よくよく確認してみたらウォッシャー液のタンクでした。巨大なトラクターはウォッシャー液タンクも巨大です。

 

今日はこれでおしまいです。また明日!

 

 

こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ「撮りトラ」です。

 

西洋風解釈の歌舞伎顔と言えないこともないヴァルトラN134D AGCO POWER 49 AWF 4気筒4.9Lディーゼル 定格135馬力最大145馬力 のトラクターです。

西洋風解釈の歌舞伎顔と言えないこともないヴァルトラN134D
AGCO POWER 49 AWF
4気筒4.9Lディーゼル
定格135馬力最大145馬力
のトラクターです。

 

タイトルを「こんなに大きくなって・・・」としたのは、この姿からはちょっと想像できませんが荒波にもみくちゃにされてきたこのメーカーの歴史を以前調べたことがあったからです。

タイトルを「こんなに大きくなって・・・」としたのは、この姿からはちょっと想像できませんが荒波にもみくちゃにされてきたこのメーカーの歴史を以前調べたことがあったからです。

 

詳しくはヴァルトラの歴史?を初めからリンクを辿って読んでもらうとして、Munktell→Bolinder-Munktell (BM)→VaLtion mettallitehtaat→Volvo BM→Volvo BM AB→Volvo BM Valmet→Valmet→Valtraと、今のブランドになるまでこんなに製造者も移り変わっています。

 

絵を描くのに時間を喰ってしまった・・・海面は嵐で大変なことになっていても、海の底のほうは比較的影響が少ない。

ブランドを船に例えれば、暴風雨の中で時代の波に翻弄されたと言えますが、水面下では脈々とDNAが受け継がれてきた感じでした。

 

名前は変わってもトラクターは残って行くよ!

↑こんな動画まで作ったんだった

 

これが1913年の焼き玉2サイクルディーゼル機関のトラクター。2気筒焼き玉14.4リッター 40馬力

これが西洋風歌舞伎顔N134Dの先祖、1913年の焼き玉2サイクルディーゼル機関のMunktellトラクター。2気筒焼き玉14.4リッター 40馬力

 

1944年あたりから作られていたものみたいです。こうやってみて見るとBolinderという会社と合併?してBolinder-Munktell (BM)と会社名は変わったけれど、トラクターのブランド名はMunktellにしていたんですね。1944年あたりから作られていたものみたいです。こうやってみて見るとBolinderという会社と合併?してBolinder-Munktell (BM)と会社名は変わったけれど、トラクターのブランド名はMunktellにしていたんですね。MunktellさんのDNAが引き継がれています。2気筒 5.6リッター 32馬力エンジン搭載

1944年あたり。こうやってみて見るとBolinderという会社と合併?してBolinder-Munktell (BM)と会社名は変わったけれど、トラクターのブランド名はMunktellにしていたんですね。トラクターのブランド名はMunktellにしていて、誕生時のDNAが引き継がれています。2気筒 5.6リッター 32馬力エンジン搭載

 

1957年から1962年まで作られていたBolinder-Munktell 425 テリア どうもBMは犬の名前が好きなようです。パッと見にボルボってあまりわからない感じです。

1957年から1962年まで作られていたBolinder-Munktell 425 テリア どうもBMは犬の名前が好きなようです。

 

こちらはBM T350ボクサー 犬の名前です。サイドにはBolinder-Munktellのロゴ。ヘッドにはBMマークです。3気筒 3.78リッター 56馬力エンジン搭載

こちらはBM T350ボクサー 犬の名前です。サイドにはBolinder-Munktellのロゴ。ヘッドにはBMマークです。3気筒 3.78リッター 56馬力エンジン搭載

 

1976年 Volvo BM T 650 4気筒 4.4リッター 73馬力エンジン搭載

1976年 Volvo BM T 650 4気筒 4.4リッター 73馬力エンジン搭載

 

模型ですけど ボルボBMヴァルメットのロゴが貼ってあります 1982 - 1991まで作られたValmet 705です。4気筒4.4リッターディーゼル 85馬力

模型ですけど ボルボBMヴァルメットのロゴが貼ってあります 1982 – 1991まで作られたValmet 705です。4気筒4.4リッターディーゼル 85馬力

 

ヴァルトラ A93 HiTech 75/101馬力 林業でも使われている感じなんですね!

ヴァルトラ A93 HiTech 75/101馬力 A95が2002年〜2004年ですからそれぐらいの年代でしょう。現在の印象とあまり変わりませんね。

 

こんな写真もありました。遊んでいるのか仕事をしているのかわかりません。ラジエターに風を送るためでしょうか? 大きな送風ファンらしきものが付いています。これで走れるのかなあ・・・水中を走る時のスクリューだったりして・・・

こんな写真もありました。遊んでいるのか仕事をしているのかわかりません。ラジエターに風を送るためでしょうか? 大きな送風ファンらしきものが付いています。一体になにをしているのでしょう・・・

 

OPさんの送ってくれたヴァルトラNシリーズ黒でした・・・メーカー色どれか一色というわけではなく、いろいろカラバリがあるみたいです。あはっ! これは楽しい!

ヴァルトラはどうも色にはこだわっていないみたいで、こんなにカラーバリエーションがあります。

 

それは今も一緒のようで、僕が見た展示会でも色が数種類ありました。これは白ベースに鮮やかなブルーのキャラクターラインのVALTRA

それは今も一緒のようで、僕が見た展示会でも色が数種類ありました。これは白ベースに鮮やかなブルーのキャラクターラインのVALTRA

 

月代のようなアミアミのオデコ。目の直下の口。目は切れ長に変わっていますが、当時のスタイルは今に引き継がれています。こういうのも含めてDNAは受け継がれていくのでしょう。ヴァルトラヨハン・ジエフロン・ムンクテル(Johan Theofron Munktell:人名なんで、どう読むのかよくわかりませんが)の作ったトラクターの流れをくむのは、このヴァルトラだけです。

サムライの月代のようなアミアミのオデコ。目の直下の口。目は切れ長に変わっていますが、当時のスタイルは今に引き継がれています。こういうのも含めてDNAは受け継がれていくのでしょう。ヴァルトラヨハン・ジエフロン・ムンクテル(Johan Theofron Munktell:人名なんで、どう読むのかよくわかりませんが)の作ったトラクターの流れをくむのは、このヴァルトラだけです。

 

・・・・今日は出かけなくちゃいけないので、こんなところで。まだ続きます。それでは皆さんごきげんよう。また明日!

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (象印より[11/16]) 外国等では装備やパタ
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/15]) 5シリーズの場合だと
  • いってきまーす!へのコメント (象印より[11/15]) 外国等では装備やパタ
  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (noraより[11/15]) 象印さん おはようご
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[11/14]) noraさんhoka
  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (象印より[11/11]) シルバージュビリー日
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (noraより[11/06]) 黒しちさん おはよう
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (noraより[11/06]) 象印さん おはようご
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (noraより[11/06]) 山葵さん おはようご
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (黒しちさんより[11/05]) 北海道ですが現在でも
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (象印より[11/05]) 初めまして!十数年前
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (山葵より[11/05]) シンプルな変速機や外
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[11/05]) 追伸  劉連人さん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[11/05]) noraさんando
  • やっぱりカタログは60年代!イセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/02]) カタログ通り、エンジ
  • 大きな船を支える縁の下の力持ち的小さな船を見つけた!へのコメント (noraより[10/29]) 山葵さん こんばんは
  • 1977年SD4000AD-0は2台目こちらはPower Steering「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/29]) 山葵さん こんばんは
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/29]) ANDOさん こんば
  • イーグルデザインのフラッグシップGCR1380「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/29]) H2さん こんばんは
  • 大きな船を支える縁の下の力持ち的小さな船を見つけた!へのコメント (山葵より[10/28]) 謎の液体補給船。私の
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械