Homeに戻る > 前立(まえだて)が付いてちょっと締まった感じに!三菱トラクタGM360・・・撮りトラ@ダイナミックフェア2016

前立(まえだて)が付いてちょっと締まった感じに!三菱トラクタGM360・・・撮りトラ@ダイナミックフェア2016

今日は整理した写真を眺めていて気になる点を発見した、ダイナミックフェア2016(JAグループ茨城の第42回農機・生産資材大展示会+同時開催の中古農機展示即売会)で見た三菱のGM360「撮りトラ」です。

これは2014年のダイナミックフェアで撮った三菱トラクタGA36。

これは2014年のダイナミックフェアで撮った三菱トラクタGA36。

これは今年(2016年)のダイナミックフェアで撮ったGM360XBY8B。

これは今年(2016年)のダイナミックフェアで撮ったGM360XBY8B。

ぱっと頭に浮かんだのは鎧でした。鎧のお面とツノ? なんていう名前か正式にはわからなかったので、ウィキペディアから写真を引っぱってきました。

ぱっと頭に浮かんだのは鎧でした。鎧のお面とツノ? なんていう名前か正式にはわからなかったので、ウィキペディアから写真を引っぱってきました。

画像は当世具足の一形式。
1 – 胴
2 – 草摺(くさずり)
3 – 佩楯(はいだて)
4 – 袴
5 – 脛当(すねあて)
6 – 草鞋
7 – 袖
8 – 籠手(こて)
9 – 手甲(てっこう)
10 – 兜鉢(かぶとばち)
11 – 腰巻(こしまき)
12 – 眉庇(まびさし)
13 – 吹返(ふきかえし)
14 – 錏(しころ)
15 – 脇立(わきだて)
16 – 前立(まえだて)
17 – 面具(めんぐ)
18 – 垂(すが)
19 – 襟廻(えりまわし)

わかります? 元々顔だけ黒くてその気はあったのですが、これは鎧ですよ! NO15の 脇立(わきだて)もしくはNO16の 前立(まえだて)が付いたのでかなりそれらしくなりました。

以前はお面(17 – 面具(めんぐ))だけだったので、マッセイファーガソンみたいな黒顔羊と混同する向きもありましたが、こうなればまごうことなきJapanese Armour(鎧)で別物です。

今までは若干マヌケだった・・・「何かが足りない」と、みな思ったに違いありません。

今までは若干マヌケだった・・・「何かが足りない」と、みな思ったに違いありません。

やっぱサムライはこれだよね。と取付けられたに違いありません。

やっぱサムライはこれだよね。と取付けられたに違いありません。

そもそもどうして顔だけ黒くなったのか・・・というのもわかりませんけど、何となく締まった感じに見えるのは確かです。

そもそもどうして顔だけ黒くなったのか・・・というのもわかりませんけど、何となく締まった感じに見えるのは確かです。

しかもこれ、ただ両面テープかなにかで以前の顔にくっつけてある感じ。

しかもこれ、ただ両面テープかなにかで以前の顔にくっつけてある感じ。

そもそもどうして顔だけ黒くなったのか・・・というのもわかりませんけど、何となく締まった感じに見えるのは確かです。

そもそもどうして顔だけ黒くなったのか・・・というのもわかりませんけど、何となく締まった感じに見えるのは確かです。

ちょっとずらして貼ってるけど、きっと後付けです。どうせなら大げさに大きいのとか、以前大河ドラマで見てビックリした「愛」の15 - 脇立(わきだて) もしくは 16 - 前立(まえだて)のオプションとか色々あってもおもしろいんじゃないかな・・・

ちょっとずらして貼ってるけど、きっと後付けです。どうせなら大げさに大きいのとか、以前大河ドラマで見てビックリした直江兼続の鎧に付いてる「愛」の15 - 脇立(わきだて) もしくは 16 - 前立(まえだて)のオプションとか色々あってもおもしろいんじゃないかな・・・

あ!これです。これはすごいよなあ・・・ちょっと恥ずかしいか。(写真はウィキペディアより)

あ!これです。これはすごいよなあ・・・ちょっと恥ずかしいか。(写真はウィキペディアより)

なんだか新製品のようなんですけど、あまり目にしないので知らないうちに「出ている」感じがします。

なんだか新製品のようなんですけど、あまり目にしないので知らないうちに「出ている」感じがします。

三菱トラクタ GM360XBY8B 価格¥5,271,480 36馬力 クイックアップ バックアップ 旋回アップ 逆転PTO 倍速旋回 オートブレーキ旋回 自動4WDブレーク 耕深マイコン制御 水平自動制御

三菱トラクタ GM360XBY8B 価格¥5,271,480 36馬力 クイックアップ バックアップ 旋回アップ 逆転PTO 倍速旋回 オートブレーキ旋回 自動4WDブレーク 耕深マイコン制御 水平自動制御

三菱トラクタ GM360XBY8B 価格¥5,271,480 36馬力 クイックアップ バックアップ 旋回アップ 逆転PTO 倍速旋回 オートブレーキ旋回 自動4WDブレーク 耕深マイコン制御 水平自動制御

三菱トラクタ GM360XBY8B 価格¥5,271,480 36馬力 いつの間にか型番が3桁になっているんですね!

そういえば2014年に撮ったこの機体はGA36と二桁でした。

そういえば2014年に撮ったこの機体はGA36と二桁でした。

三菱トラクタ GA36HXUV 価格¥4,741,200 36馬力HASC(ノークラッチ変速)クイックアップ バックアップ 旋回アップ 逆転PTO オートブレーキ旋回 自動4WDブレーク Sモード 水平自動制御(ジャイロMAC)

三菱トラクタ GA36HXUV 価格¥4,741,200 36馬力HASC(ノークラッチ変速)クイックアップ バックアップ 旋回アップ 逆転PTO オートブレーキ旋回 自動4WDブレーク Sモード 水平自動制御(ジャイロMAC)

こちらは去年、2015年にダイナミックフェアで撮ったGA36。これは当時排ガス規制が掛かっていなかったみたいです。三菱トラクタ GA36HXUV 価格¥4,741,200 36馬力HASC(ノークラッチ変速)クイックアップ バックアップ 旋回アップ 逆転PTO オートブレーキ旋回 自動4WDブレーク Sモード 水平自動制御(ジャイロMAC)

こちらは去年、2015年にダイナミックフェアで撮ったGA36。これは当時排ガス規制が掛かっていなかったみたいです。三菱トラクタ GA36HXUV 価格¥4,741,200 36馬力HASC(ノークラッチ変速)クイックアップ バックアップ 旋回アップ 逆転PTO オートブレーキ旋回 自動4WDブレーク Sモード 水平自動制御(ジャイロMAC)

こちらは去年、2015年にダイナミックフェアで撮ったGA36。これは当時排ガス規制が掛かっていなかったみたいです。三菱トラクタ GA36HXUV 価格¥4,741,200 36馬力HASC(ノークラッチ変速)クイックアップ バックアップ 旋回アップ 逆転PTO オートブレーキ旋回 自動4WDブレーク Sモード 水平自動制御(ジャイロMAC)

三菱トラクタ GA36HXUV 価格¥4,741,200。サイドのデカールなど、今の3桁とちょっと違います。

こちらも去年のダイナミックフェアで撮った三菱トラクタGAK50。15 - 脇立(わきだて) 16 - 前立(まえだて)がないタイプ。

こちらも去年のダイナミックフェアで撮った三菱トラクタGAK50。15 - 脇立(わきだて) 16 - 前立(まえだて)がないタイプ。

三菱トラクタ GAK50XUV 価格¥6,513,480 50馬力HASC(ノークラッチ変速) クローラ400mm クイックアップ バックアップ 旋回アップ 逆転PTO オートブレーキ旋回 自動4WDブレーク Sモード 耕深マイコン制御(VRC制御) 水平自動制御(ジャイロMAC) MACビジョン おまかせ機能 PTO動作切替機能(e-PTO) 上昇PTO停止機能

三菱トラクタ GAK50XUV 価格¥6,513,480 50馬力HASC(ノークラッチ変速) クローラ400mm クイックアップ バックアップ 旋回アップ 逆転PTO オートブレーキ旋回 自動4WDブレーク Sモード 耕深マイコン制御(VRC制御) 水平自動制御(ジャイロMAC) MACビジョン おまかせ機能 PTO動作切替機能(e-PTO) 上昇PTO停止機能


上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

GM360の他にGA360という型式も有るみたいです。

どうやらGMがマニュアル仕様、GAがオートマチック仕様のようです。

それで・・・ひとつ気になることが有りまして・・・

GM・GAシリーズのエンジンは三菱製では無く、DPF無しで排ガス規制をクリアしたシバウラ製が搭載されています。(排ガス規制前のGAシリーズのエンジンは某イ●キ製)

それで、マニュアル仕様とオートマチック仕様の2型式が用意されている点・・・

あくまで推測なんですが・・・

某イ●キのNT3・NTA3シリーズとそっくりなんですよ!

公式にOEMとはなって無いし、ボディ形状も全然違うので確証は無いんですけど(汗)

まぁ、イ●キのトラQも三菱にOEMされているので、無いことは無いと思いまして・・・

以上、間違っていたら本当に申し訳御座いません。

2016年9月29日 12:50 AM | トラクター狂

トラクター狂さん おはようございます

確かにエンジンはGM/GAシリーズとNT3/NTA3シリーズ
同じシバウラのエンジンの名前でした!

MとA、ナシとA、マニュアルとオートマの分け方も似てますよね
う〜ん・・・それを知っていればそこを中心にリサーチしたのに・・・
今となっては外装ばかりの写真で情報が足りず比べようがありません

残念!

2016年9月29日 9:05 AM | nora

トラクター狂さん おはようございます

某イ●キのNT3・NTA3シリーズとそっくりなんですよ!

公式にOEMとはなって無いし、ボディ形状も全然違うので確証は無いんですけど(汗)

DPF無しで排ガス規制をクリアなんて、シバウラ製のエンジンは優秀ですね!
NT3・NTA3シリーズとそっくりなんておもしろい話です
僕も興味を持って比べてみました
それにしてもシバウラって異色の会社ですね

2016年10月1日 7:16 AM | nora

早速記事にして頂きありがとうございます(笑)

昨年のイセキの展示会で、営業マンに協力してもらい、旧型NTA50と新型NT603を並べてエンジン音に聞き比べをしました!

私にはどちらも同じようなサウンドに聞こえましたが、営業マン曰く、「新型の方が少しうるさい気がする、農機の音というよりかは重機に近いかも・・・」と言っていました。

ちなみに、NT3・NTA3シリーズに搭載されている馬力帯のシバウラ製エンジンは、某重機メーカー(何処だったか忘れました・・・)にも採用が決まっているらしいです。

2016年10月2日 12:55 AM | トラクター狂

トラクター狂さん おはようございます

並べて音が聞けるなんて贅沢ですね!
うらやましいです

2016年10月5日 8:30 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/09/28/mitsubishi_tractor_gm36/trackback/