Homeに戻る > クボタの草刈機ちょこっと・・・「元氣農業応援フェア」

クボタの草刈機ちょこっと・・・「元氣農業応援フェア」

今日はNさんに連れて行ってもらった、クボタ筑波工場で行われた、関東甲信越クボタグループの「元氣農業応援フェア」その17、クボタの草刈機ちょこっとです。

草刈りは普段やっているのもあって、やはり興味を持ってみてしまいます。特に法面を刈る機械は、斜面をずり落ちてしまうことがなく、軽い力で操作できて不思議です。単車だと、こういうところが一番難しいのですけどね・・・

クボタ電動式草刈機 しずかる GC-E300 価格¥259,200

クボタ電動式草刈機 しずかる GC-E300 価格¥259,200


 

そのしずかるの動画

YouTube Preview Image

↑芝生はバッチリですけど、雑草の場合はどうなんだろう・・・36秒くらい

 
 

それ以外はエンジン式。やっぱり僕はエンジンの付いたものがいいなあ・・・

それ以外はエンジン式。やっぱり僕はエンジンの付いたものがいいなあ・・・

法面草刈機 カルマックス GC-401EX 価格¥240,840 展示会特価(現品限り)¥192,672

法面草刈機 カルマックス GC-401EX 価格¥240,840 展示会特価(現品限り)¥192,672

法面草刈機 カルマックス GC-401EX 価格¥240,840 展示会特価(現品限り)¥192,672

法面草刈機 カルマックス GC-501EX 価格¥262,440 展示会特価(現品限り)¥209,952

法面草刈機 カルマックス GC-501EX 価格¥262,440 展示会特価(現品限り)¥209,952

法面草刈機 カルマックス GC-501EX 価格¥262,440 展示会特価(現品限り)¥209,952

結構いいお値段するんですね・・・

エンジンは刈り払い機のエンジンに似ています。

エンジンは刈り払い機のエンジンに似ています。

お!燃料は50:1! こういうのに排ガス規制がかかったりしたら、大騒ぎになるんでしょうね・・・4ストロークの精密なDOHCなどになったりしたらおもしろいんだけど、重いか・・・

お!燃料は50:1! こういうのに排ガス規制がかかったりしたら、大騒ぎになるんでしょうね・・・4ストロークの精密なDOHCなどになったりしたらおもしろいんだけど、重いか・・・

畦畔草刈機 カルステージ GC703RD 価格¥288,360 展示会特価(現品限り)¥230,688

畦畔草刈機 カルステージ GC703RD 価格¥288,360 展示会特価(現品限り)¥230,688

これはちょっと感じが違います。路肩と法面を同時に刈る感じなのかな・・・それにしても、どんなところを刈ることができる
一般の刈り払い機ってすごいな。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

法面草刈機って、デモで見るのは1割5分から1割くらいまでの勾配なので、「すごい!便利!欲しい!」ってなるんですけど、実際に購入して使ってみると、畦畔には8分とか6分の急勾配も多くて「自走式だから楽々と斜面が刈れる」っていう幻想が打ち砕かれたりします(笑)

>こういうのに排ガス規制がかかったりしたら、大騒ぎに

国内では業界自主規制のようですが、輸出する都合上、欧米並の規制になっているみたいです。

一般社団法人 日本陸用内燃機関協会(略称:陸内協)
我が国の排出ガス規制の概要
http://www.lema.or.jp/environment/index.html

昨年からの3次規制では騒ぎ(?)になるほどのことは無かったのですが、2011年からの2次規制前には、今の小型トラクター以上に「規制前モデル」の販売意欲が高まっていました。

「モデルチェンジで価格が上がる。」とか「排ガス規制でパワーが落ちる。」とか「同じパワーなら大排気量化されるので重くなる。」とか言われていましたが、各社とも流石の技術力で規制をクリアし、ユーザーが気づくほどの大きな変化は無かったように思います。

各社が2ストエンジンをモデルチェンジする中で、ホンダが刈払機のエンジンを4スト化したのも2次規制前の事だったように記憶しています。

2015年10月21日 12:20 PM | 愛読者

愛読者さん おはようございます

法面草刈機って、デモで見るのは1割5分から1割くらいまでの勾配なので、「すごい!便利!欲しい!」ってなるんですけど、実際に購入して使ってみると、畦畔には8分とか6分の急勾配も多くて「自走式だから楽々と斜面が刈れる」っていう幻想が打ち砕かれたりします(笑)

ありゃりゃ!まさにそんな風になるところでした
自分は平らなところにいて、急な法面を刈れれば最高ですもの

「モデルチェンジで価格が上がる。」とか「排ガス規制でパワーが落ちる。」とか「同じパワーなら大排気量化されるので重くなる。」とか言われていましたが、各社とも流石の技術力で規制をクリアし、ユーザーが気づくほどの大きな変化は無かったように思います。

メーカーががんばっているんですね。

なんとなく、消費税とかナントカエコポイントとかの状況を考えると、一番大事なのはいつ使うかということで、いつ買うかということではなかったような気がします。

マイナンバーとか消費税とか、何かあるたびにキャンペーンが行われます。タイミングが合えば最高ですが、相手の都合で買うのではなく、自分の都合で買わないと、いいことはないような気がします。

メーカーががんばっているのだから、ユーザーもがんばろうっと!

4ストの刈り払い機欲しいんですけど、みんなの燃料が混合なので一人だけ燃料を用意するのがなあ・・・

2015年10月23日 9:03 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2015/10/21/kubota_kusakariki/trackback/