Homeに戻る > かなり遠く離れちゃってますけど安全ピンの話(大きい小さい)

かなり遠く離れちゃってますけど安全ピンの話(大きい小さい)

「もっと活動の話を書きなさい」とご指摘を受けることがあるのですが、今日はさらに遠く遠く離れてしまっています。地球は丸いのでどんどん行けば元の位置に戻ってしまう・・・ということで平にご勘弁を。

世の中は見たことがないモノ、知らないモノだらけ

国道を走っていると前方にトレーラーが走っています。トレーラーの荷台にはオレンジのカゴのようなものが・・・

でかいなあ・・・多分クローラクレーンのジブだと思います。しかも、その一部分・・・こんなに細かく分けて持っていかなくちゃならないなんて、大きなものってなんて不便なんだ!

でかいなあ・・・多分クローラクレーンのジブだと思います。しかも、その一部分・・・こんなに細かく分けて持っていかなくちゃならないなんて、大きなものってなんて不便なんだ!

こういうものはバラすことを前提に作られているので、組み立ても解体も簡単にできなくてはなりません。一体で移動できればこんなことにはならないのに・・・むむ? そのジョイント部分には???

こういうものはバラすことを前提に作られているので、組み立ても解体も簡単にできなくてはなりません。一体で移動できればこんなことにはならないのに・・・むむ? そのジョイント部分には???

Rピン?Rクリップ?

拡大してみます。脱落防止のピンが付いてます。

拡大してみます。脱落防止のピンが付いてます。

「でかい!」単車などでも可動部分のシャフトの抜け落ち防止に使われている割ピンや、Rピンのたぐいなのでしょう。ゲンコツぐらいのシャフトの軸にあけられた穴に通った脱落防止ピンの大きさは長手方向で20センチはありそうです。

Rピン?Rクリップ? こんなものですね。いじっているうちに、「ピーンッ」って飛んでいって、よくなくしちゃうものです。

Rピン?Rクリップ? こんなものですね。いじっているうちに、「ピーンッ」って飛んでいって、よくなくしちゃうものです。

ちょっと大きそうなものを探してみました。大きいものはバネ力を増すために、Rの部分が二重になっているんですね

ちょっと大きそうなものを探してみました。大きいものはバネ力を増すために、Rの部分が二重になっているんですね

更に追う(行き先が同じだけですけど)

更に追っていって、曲がるあたりでパチリ・・・

更に追っていって、曲がるあたりでパチリ・・・

拡大します。抜け落ち防止ピンが抜け落ちないように、安全ピンのように先を引っ掛けて抜け落ちないようになっています。

拡大します。抜け落ち防止ピンが抜け落ちないように、安全ピンのように先を引っ掛けて抜け落ちないようになっています。

こんな形のようです。Rピンより安全ピンのほうが近いかな。

こんな形のようです。Rピンより安全ピンのほうが近いかな。

しかしでかい!

しかしでかい!

普段見慣れているモノ、極端に大きさが変わっただけでものすごく新鮮!

別に安全ピンやRピンはめずらしくなのですが、この大きさが極端に小さい、極端に大きい、あるいはその対比となると日常を破壊するインパクトがあり、ググッとおもしろくなります。

なんだかすごくおもしろくなって調べてみました。

6センチは銜えられるというクリップがありました。力がいりそうですね。

6センチは銜えられるというクリップがありました。力がいりそうですね。

安全ピン、あるじゃん! これは大きい・・・しかし、一体に何に使うのだろう・・・大きい安全ピンは、オムツカバーをとめるのに使われているらしいんですけど・・・これは大きすぎる。

安全ピン、あるじゃん! これは大きい・・・しかし、一体に何に使うのだろう・・・大きい安全ピンは、オムツカバーをとめるのに使われているらしいんですけど・・・これは大きすぎる。

ぎゃー・・・オブジェだと思いますが、あるものですねえ・・・ちゃんと・・・これは大きい!

ぎゃー・・・オブジェだと思いますが、あるものですねえ・・・ちゃんと・・・これは大きい!

大きい小さい

やっぱり大きい、小さいとなったらタイヤですかねえ・・・

やっぱり大きい、小さいとなったらタイヤですかねえ・・・

これは不必要に太い・・・マッチョです。

これは不必要に太い・・・マッチョです。

オブジェならなんでもあり・・・

オブジェならなんでもあり・・・

先日紹介した写真です

先日紹介した写真です

おおきいちいさい

おおきいちいさい

おおきいちいさい

おおきいちいさい

おまけ

ステッカーらしいです。やっぱりこういうジャンルがあるんだ・・・

ステッカーらしいです。やっぱりこういうジャンルがあるんだ・・・

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/02/22/bigandsmall1/trackback/