Homeに戻る > フィアットトラクターFIAT211Rかなあ・・・「撮りトラ」その1

フィアットトラクターFIAT211Rかなあ・・・「撮りトラ」その1

水戸市大場町2/9の様子。雪です

昨日の昼間もすごかったけど、今日の朝はもっとスゴいことになってます。風が強かったので、ミニ吹きだまりができています。

昨夜はえらい暴風雪でした。北に面した窓は湿った雪が貼付いて凍ってしまい、開ける時に「ガリガリガリッ」っていいます。

北関東であり、南東北でもあるような茨城は、こういう天気に対して弱いなあ・・・って思いました。だって、寒いんだもん。断熱、暖房、すべてが貧弱です。

空は晴れてきましたが、寒い風がまだ残って電線を鳴らしています。

FIAT211Rかなあ・・・

今日は北海道の上富良野町にある温泉施設、フロンティア・フラヌイ温泉温泉にあったフィアットです。

色々調べてフィアットトラクターFIAT18かFIAT211Rか迷ったのですが、ヘッドライトの位置とマフラーの取り回しの違いで一応FIAT211Rにしておきます。

フィアットトラクター FIAT 211R

フィアットトラクター FIAT 211R めちゃくちゃ美しいフォルム! これぞトラクターっていう形です。

古いけど美しい

Fiat Trattori(フィアットトラットーリとでもいうのでしょうか)は1919年に創立され、このFIAT211RはFIAT18とともに1959年から1965年あたりまで作られたみたいです。

日本ではクボタが1964年(昭和39年)がら輸入を始めたのだそうです。

クボタとフィアットの提携の話(どういう形の提携かはよく知りません)はよく聞きますが、こうやってフィアットトラクターを見てみると「色といい、形といい、よく似てるなあ」と思います。

k-workさんに送ってもらったクボタL13Gにどことなく似ているじゃないですか!

クボタL-13G オリジナル色かどうかはわかりませんが、レーシーなラインは発売当時も入っていたようです・・・何の意味があったんだろう?

クボタL-13G オリジナル色かどうかはわかりませんが、レーシーなラインは発売当時も入っていたようです・・・何の意味があったんだろう?

フィアットトラクター FIAT 211R

フィアットトラクター FIAT 211R「値段が違うよぉ」ってクボタの人に怒られちゃうかもしれませんけど、形は似てますけど作りの美しさが違います。多分相当値段が違ったんでしょうねえ・・・

フィアットトラクター FIAT 211R

フィアットトラクター FIAT 211R ベージュのようなシャーシの色もユニーク! でも、一体感があって似合ってます。

フィアットトラクター FIAT 211R

フィアットトラクター FIAT 211R エンブレムもゴージャスなのが・・・スポーツカーですね・・・いくらぐらいしたんだろう?

このフィアットトラクター FIAT 211R(もうそう決めちゃってますが)は、1135cc2気筒 FIAT615ディーゼルエンジン 21馬力を搭載し、前進6段後進2段のトランスミッションを持っているそうです。

フィアットトラクター FIAT 211R

フィアットトラクター FIAT 211R 言葉は悪いですけど、ケツも完璧です。

フィアットトラクター FIAT 211R

フィアットトラクター FIAT 211R ポルシェとはまた違った感じです。見ていると欲しくなっちゃいますね!

ちょっとだけ続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

カッコいいですね。やっぱ北海道に遠征に行かなきゃ。。

2014年2月10日 3:24 PM | k-work

k-workさん おはようございます

北海道は広いですけど、トラクター人口もたくさんありそうです
撮り虎遠征は楽しそうですね!

2014年2月11日 7:58 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/02/09/fiat211r-1/trackback/