〜がついていますから、便利です。FIAT415、411/451クローラ、昔のクボタ総合カタログ

白衣のオペレーターが印象的なカラー最後のページ。後ろのほうに控えているのが今回紹介するFIATのトラクターですね!右奥にちらっと見えているのは国産なのに色が赤いから追いやられ体待ったのでしょうか。

今日は札幌農学校第二農場で見た、昭和40年代のクボタ総合カタログ(そんな感じです)の中の、FIAT415クローラタイプのFIAT411/451「昔のカタログシリーズ」です。

 

白衣のオペレーターが印象的なカラー最後のページ。後ろのほうに控えているのが今回紹介するFIATのトラクターですね!右奥にちらっと見えているのは国産なのに色が赤いから追いやられ体待ったのでしょうか。
白衣のオペレーターが印象的なカラー最後のページ。後ろのほうに控えているのが今回紹介するFIATのトラクターですね!右奥にちらっと見えているのはクボタST22です。国産なのにあんなに隅に追いやられているのは、色がFIATと同じような赤だからでしょうか。

 

以前L13GR、L170R、L200R、L27R、L35R、ST22と紹介してきました。 カタログはまだまだ続きますが、あとはアタッチメントやオプションの紹介で、具体的な機種についてはこれが最後になります。
以前L13GR、L170RL200R、L27RL35R、ST22と紹介してきました。
カタログはまだまだ続きますが、あとはアタッチメントやオプションの紹介で、具体的な機種についてはこれが最後になります。

 

■フィアット製のエンジンは、振動が少なく、負荷の変化に対して十分の余裕を持つ高出力の水冷ディーゼルです。 ■コントラマチックウエイとトランスファームシステムで牽引力を増加し、牽引に直接効果のないムダな重量を省いた軽量トラクタです。 ■トラクタの牽引負荷をいつも一定に保つことのできるドラフトコントロール(牽引負荷の自動調節)ができますから、過負荷による車輪のスリップやエンストを防止します。 ■作業機の上下位置を一定に保つポジションコントロール(位置制御)ができますから、プラウ耕などの場合耕深を一定に保つことができます ■油圧ポンプは、エンジン直接駆動ですら、クラッチを切っても作業機は作動します。 ■2段ペダル式のダブルクラッチになっていますので、トラクタの走行を停止してもPTO軸は独立して作動します。また、走行に合わせたPTO回転(グランドPTO)を得ることもできます。 ■PTO軸の回転数は、国際規格の540回転/分です。別に高速回転の直結PTO軸もついています。 ■デファレンシャルロックがついていますから差動装置を固定することができます。プラウ耕や、湿田での片輪スリップの心配がありません。 ■燃料、潤滑油、吸入空気は、すべて二重ろ過装置になっており、特に潤滑油は、遠心オイルフィルターによって金属粉などを完全に取り除きます。 (415形は3重沪過) ■ブレーキは、ミッションの内側にとりつけられていますので、防塵防水が完全で、水田作業も安心してできます。 ■速度計、エンジン回転計、PTO回転計、アワーメーターが一体となったトラクターメーター、油圧計、冷却水温度計、チャージランプなどを計器板ライトが照らしますから、夜でも機械の状態がすぐわかります。
FIAT415/615のセールストークを書き写してみます。

■フィアット製のエンジンは、振動が少なく、負荷の変化に対して十分の余裕を持つ高出力の水冷ディーゼルです。
■コントラマチックウエイとトランスファームシステムで牽引力を増加し、牽引に直接効果のないムダな重量を省いた軽量トラクタです。
■トラクタの牽引負荷をいつも一定に保つことのできるドラフトコントロール(牽引負荷の自動調節)ができますから、過負荷による車輪のスリップやエンストを防止します。
■作業機の上下位置を一定に保つポジションコントロール(位置制御)ができますから、プラウ耕などの場合耕深を一定に保つことができます
■油圧ポンプは、エンジン直接駆動ですら、クラッチを切っても作業機は作動します。
■2段ペダル式のダブルクラッチになっていますので、トラクタの走行を停止してもPTO軸は独立して作動します。また、走行に合わせたPTO回転(グランドPTO)を得ることもできます。
■PTO軸の回転数は、国際規格の540回転/分です。別に高速回転の直結PTO軸もついています。
■デファレンシャルロックがついていますから差動装置を固定することができます。プラウ耕や、湿田での片輪スリップの心配がありません。
■燃料、潤滑油、吸入空気は、すべて二重ろ過装置になっており、特に潤滑油は、遠心オイルフィルターによって金属粉などを完全に取り除きます。
(415形は3重沪過)
■ブレーキは、ミッションの内側にとりつけられていますので、防塵防水が完全で、水田作業も安心してできます。
■速度計、エンジン回転計、PTO回転計、アワーメーターが一体となったトラクターメーター、油圧計、冷却水温度計、チャージランプなどを計器板ライトが照らしますから、夜でも機械の状態がすぐわかります。

 

fiat415
以前見たFIAT415です。フィアット4気筒ディーゼル 2,270cc 45馬力 1965年から1968年まで生産されていたそうです。

 

スペックのほうは615が隠れてしまって見えません。 かいつまんで書いておくと・・・ FIAT 211R シリンダ数 2 総行程容積 1,135cc 出力 20ps 回転速度 2300rpm FIAT 315 シリンダ数 4 総行程容積 1,901cc 出力 35ps 回転速度 2500rpm FIAT415/415S シリンダ数 4 総行程容積 2,270cc 出力 45ps 回転速度 2500rpm
こちらはFIAT615のカタログ写真。スペックは615が隠れてしまって見えません。
かいつまんで書いておくと・・・

FIAT 211R
シリンダ数 2 総行程容積 1,135cc 出力 20ps 回転速度 2300rpm
FIAT 315
シリンダ数 4 総行程容積 1,901cc 出力 35ps 回転速度 2500rpm
FIAT415/415S
シリンダ数 4 総行程容積 2,270cc 出力 45ps 回転速度 2500rpm

となっています。

“〜がついていますから、便利です。FIAT415、411/451クローラ、昔のクボタ総合カタログ” の続きを読む

顔がボコッと外れるんだ!FIAT540「撮りトラ」

Veglia Borlettiは同じFIATのクルマにもたくさん使われているみたいです。これはランチアのメーター(Wikipediaより)

今日はhokkaidoujinさんの案内で行った中古屋さんで見た見た、フィアットトラクターFIAT540「撮りトラ」です。

 

tractordata.comによれば、1973年〜1978年。3気筒2.6リッターディーゼル54馬力/2600rpmとなっています。また、農研機構の安全鑑定はFIAT540DTが1976年の登録ですが、僕の見た機体は四輪駆動ではないので、これより前のものと思われます。社史、『久保田鉄工最近10年の歩み』ではFIAT640が1971年発売とありますので、この640と同時に1971年に発売された可能性もあります。
tractordata.comによれば、1973年〜1978年。3気筒2.6リッターディーゼル54馬力/2600rpmとなっています。また、農研機構の安全鑑定はFIAT540DTが1976年の登録ですが、僕の見た機体は四輪駆動ではないので、これより前のものと思われます。社史、『久保田鉄工最近10年の歩み』ではFIAT640が1971年発売とありますので、この640と同時に1971年に発売された可能性もあります。

それにしても、このFIAT、顔がボコッと外れちゃうんですね。なんだかおもしろいです。

 

わかりにくいですが、顔が外れる・・・のと同じくらい気に入ったのがココ。ウエィトがコンクリートの側溝のフタです。気休めにマイカ線で縛ってあるのもGOOD!
わかりにくいですが、顔が外れる・・・のと同じくらい気に入ったのがココ。ウエィトがコンクリートの側溝のフタです。気休めにマイカ線で縛ってあるのもGOOD!

 

このFIAT540は前進8段後進2段・・・そう、「8」マンでした。以前、なぜFIATの側面には「8」と書いてあるのか不思議に思っていたら皆さんにその理由を教えてもらったのでした。
このFIAT540は前進8段後進2段・・・そう、「8」マンでした。以前、なぜFIATの側面には「8」と書いてあるのか不思議に思い、皆さんにその理由を教えていただいたのでした。変速段数のことでしたね!

 

この機体は運転席左側の屋根に工具箱が独自にセットされています。実際に工具が入っていたのか、それともお菓子やお弁当を入れていたのかはわかりませんが・・・
この機体は運転席左側の屋根に工具箱が独自にセットされています。実際に工具が入っていたのか、それともお菓子やお弁当を入れていたのかはわかりませんが・・・

 

リヤタイヤの前には作物避けのヒゲが付いています。そういえばフロントタイヤの前にも何か付いています。管理作業に使われていたのでしょうね。
リヤタイヤの前には作物避けのヒゲが付いています。そういえばフロントタイヤの前にも何か付いています。管理作業に使われていたのでしょうね。

 

インパネのメーターは・・・
インパネのメーターは・・・

 

このメーカー(ブランド)Veglia Borlettiは、一番最初に『合併合併合併!スペリーニュー・ホランド クレイソンコンバイン8050』のアワーメーターで見かけました。
Veglia Borlettiです。このメーカーは一番最初に『合併合併合併!スペリーニュー・ホランド クレイソンコンバイン8050』のアワーメーターで見かけました。他にはFIAT450/550にも付いていました。

 

めちゃめちゃいい! ピストンの絵(白)の目盛が回転数、赤の軸の絵(PTO?)が軸の回転数を表しているんですね!! わかりやすいです。
FIAT640のメータで見てみましょう。 ピストンの絵(白)の目盛が回転数、赤の軸の絵(PTO?)が軸の回転数を表しているんですね!! わかりやすいです。

 

調べてみるとVeglia Borlettiはイタリアの自動車部品メーカーで、計器などは1930年代から50年代にかけて主にレースシーンで活躍していたみたいです。現在は先ほど紹介したSIEM同様、エルコレ・マニェーティとフィアットが共同出資した電装会社、マニエッティ・マレリ傘下にあるそうです。

 

計器類のJaeger(前述のクレイソンコンバイン8050やMF240など、ちょくちょく見かけます)もこのマニエッティ・マレリ仲間です。

 

Veglia Borlettiは同じFIATのクルマにもたくさん使われているみたいです。これはランチアのメーター(Wikipediaより)
Veglia Borlettiは同じFIATのクルマにもたくさん使われているみたいです。これはランチアのメーター(Wikipediaより)

 

Veglia Borlettiは元々Vegliaという名前で設立され、 Borlettiによる買収によりVeglia Borlettiと改名されました。その後、Magneti Marelliに買収されたのですね。

 

Veglia Borlettiのファンページなのでしょうか?Facebookページもあります。メーターの写真ばかりが並んでいてなかなかcool!
Veglia Borlettiのファンページなのでしょうか?Facebookページもあります。メーターの写真ばかりが並んでいてなかなかcool!

 

写真が少なくてごめんなさい。正月気分から早く抜け出さなくては・・・今日はこんなところです。また明日!