新車を買った。しかも外車。・・・通販で

STHIL  FS2500

やった!新車が来た!

去年から決めてたことがありました。今年こそは気持よく草刈りをすると・・・で、新車を買いました。

従来の3個イチ草刈りマシーン

3個イチ草刈りマシーン たくさん部品があっても組み合せはひとつしかなかった

3個イチ草刈りマシーン たくさん部品があっても組み合せはひとつしかなかった

去年までは3個イチ(貰った草刈り機コイルがダメ/自分の草刈り機コイルがダメ/オークションで購入補機類がダメ)を使っていたわけですが、翌日ものすごい筋肉痛になるので辛かったのです。(もしかしたらバンドで吊ればそうならないのかもしれませんが・・・)二年使ったので今年はシーズン初めから気持よく草刈りしたいと思っていました。

例によって人的通販で北海道のSさんに電話して送ってもらいました。どういう風に使うかそのくらい使うか大体の予算を伝えただけでおまかせです。Sさんは僕の経済の事情も知っているので細かいことはいわなくても大丈夫なのです。

セレブっぽいお買い物?

これってめんどくさいことは考えなくてよいセレブのお買物ですよね、たぶん。「ワタシに合うもの適当に見繕ってもってきてくれる?」ってやつです。ほぉ〜これは確かに気持がいいかも・・・

本当だったらビンボー人はそういう所に頭と時間を使って知識を仕入れ、何度も失敗をして授業料を御支払いし、かなり危険も冒して何とかやりくりしなきゃいけないのですが、こちらへ来てからかなり刈り払い機のお世話にはなりましたが、まだまだエキスパートにはほど遠い状態。筋肉痛の苦痛に勝てず、めんどくさいことを頼んですみません・・・Sさん。

STIHL FS2500

柿色の外車がやってきた

やってきたのは柿色

さてやってきたのは外車でした。わお!柿色。(何が来るかは来てのお楽しみだったのです)

こっちだったらよかったのに 同じ柿色なら (ウソウソ)

こっちだったらよかったのに 同じ柿色なら (ウソウソ)

自分で作ったものは不具合はガマンできますけど、使う楽しみというか、ワクワク感がないですよね?つまんない道具でも完成度が高くできたときは、自分で作ったものを使う時でもワクワクするんですけど・・・まだ使おうと思えば使えるけど、あの3個イチ刈り払い機、きっと完成度が低かったんだな。

待ってろスギナ!ぶった切ってやる

スギナ

それでもたくさんたくさんあると見た目が悪いのでした

朝露に朝日差し込むスギナ ん? きれいじゃないか

朝露に朝日差し込むスギナ ん? きれいじゃないか

技術を何とかしろよ

待ってろスギナ!一網打尽にしてやるぜ!と、勢い込んでさっそく家のまわりを刈ってみたら、筋肉痛もほとんどなかったし、音も静かで、切れ味も抜群・・・なのに・・・早速チップソーのチップを多数すっ飛ばしてしまったのでした。

う〜〜〜〜む・・・・まわりのみんなの刃はチップが丸くなることはあってもほとんど飛ばさないのに、僕がやると1回でたくさん飛ばしてしまう・・・いったいみんなどうやってるのか?これは真剣に調査してみなくてはなりません。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

エンジン全開で障害物に激突させれば壊れてしまうのはクルマも、バイクも、チップソーも同じです。

じゃぁ、どうするか。。。というと、まずはチップを研ぐ。

一度使った刈刃はどんどん交換して、雨の日などにまとめて研いでおきましょう。

トマトの皮がスッと切れるくらい良く研いだ包丁を使っていれば指を切らないのと同じで、鋭く研いだチップソーで優しく撫でるように刈っていれば、跳ね飛ばした石によるケガや、無駄に振り回すことによる筋肉痛も避けられます。

次に、地表を削るような刈り方はしない。

農地や畦畔、路肩の草刈りは、膝丈を越えたら地上5cmくらいまで刈り込む・・・というような刈り方で十分だと思います。

そのくらいの高さだと、「石を刈る」機会も激減し、チップが長持ちます。

2012年5月21日 11:36 PM | 愛読者

愛読者さん
コメントありがとうございます

一度使った刈刃はどんどん交換して、雨の日などにまとめて研いでおきましょう。

研いでいるんですか!
サンダーを固定するジグを見たことありますが
チップソー用の回転砥石だけでも腕次第で研ぐことも出来そうですね

僕の場合はその前にチップを飛ばさないようにしないと・・・
草刈りの後にチップソーを見ると本当にがっかりです

無駄に振り回すことによる筋肉痛も避けられます。

確かに切れる刃を使うと自分なりに筋肉痛が少ないような気がします

攻めすぎないで草と折り合える距離感をつくっておかないとダメですね
草刈後が美しく見えるようになるのはまだまだ先のようです

2012年5月22日 3:14 PM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2012/05/21/hitotekitsuhan2/trackback/