オモダカ

オモダカの花
オモダカの花 白い花びらが三枚。直径2センチ程の花です。稲の陰でひっそり咲かせてます。

普段は畔と稲の間に張り付くように生えているオモダカ。稲刈りで表に出てきました。矢じりの形の葉っぱと、白い花。緑のイガイガボールの実がついたりしています。花を黄色にしたらキツネノボタンみたいです。

いままでは伸びた稲の陰と畔の間に張り付くように生えていましたが、稲刈りの後は表に出ています。
いままでは伸びた稲の陰と畔の間に張り付くように生えていましたが、稲刈りの後は表に出ています。

ウィキペディアによると

オモダカ(Sagittaria trifolia L.)は、オモダカ科オモダカ属の水生植物である。ハナグワイ、サンカクグサ、イモグサ、オトゲナシなど多くの別名がある。オモダカの語源ははっきりとはしておらず、人の顔に似た葉を高く伸ばしている様子を指して「面高」とされたとも、中国語で湿地を意味する涵澤(オムダク)からとられたとも言われる。

なんと水生植物なんですね!根っこで増えるので皆に嫌われている雑草のオモダカですが、なかなかかわいらしい花を密かにつけているのでした。

コンクリートの畔にほとんど張り付いて生えているオモダカ。矢じりの形の葉っぱがよくわかります。
コンクリートの畔にほとんど張り付いて生えているオモダカ。矢じりの形の葉っぱがよくわかります。
オモダカの葉。人の顔に見えます?ウサギかキツネって感じですけど・・・
オモダカの葉。人の顔に見えます?ウサギかキツネって感じですけど・・・
オモダカの花
オモダカの花
オモダカ
これはつぼみかなあ
オモダカの実?
緑のイガイガボールが見えます
オモダカの実?
緑のイガイガボール拡大

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“オモダカ” への3件の返信

    1. うんのさん

      こんばんは

      もしかしてうんのさんの家紋は「抱きオモダカ」ですか?
      調べてみたらまさに「オモダカ」じゃないですか!!

      葉っぱといい、花といい、つぼみといい・・・う〜ん・・・こんなのがあったとは

      こんなのも見つけました「角」です

      でも一番この写真にふさわしいのは・・・

      抱きイネ&抱きオモダカのダブルです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。