事務処理説明会へ行ってきました

昨日は多面的機能支払交付金の事務処理説明会へ行ってきました。正確には・・・ちょっと長いので覚悟してくださいね!
昨日は多面的機能支払交付金の事務処理説明会へ行ってきました。正確には・・・ちょっと長いので覚悟してくださいね!

茨城県ふるさと多面的機能推進協議会
多面的機能支払交付金
事務処理説明会

です。

・・・・・・・・・・

なんて長いんでしょ。

あえて「長い」に引っかかる

このまま色々スルーしても構わないのですが、ここはあえてこの「長い」ものに引っかかってみたいと思います。あ!僕は農家ではないので、こういうものが目新しいのです。詳しい方は飛ばしてくださいね!

まず主体?の「茨城県ふるさと多面的機能推進協議会」、これは以前指導や交付金の交付を行っていた「資源保全県北地域協議会」というものが解散したので新たに作られたもののようです。

協議会という言葉、よく聞きますけど、公にこれだけ使われているわりにはきっちりと定義されていないようです。辞書を引いて見ると、そもそも「評議」という言葉に対して、様々意見交換して相談すること・・・とあり、オマケのように、評議会は様々意見交換して相談する会・・・となっています。

つまりそういうもやっとした「会」が、指導や交付を行っている・・・これは不思議です。この評議会、お金を借りたり銀行口座を作ったりすることはできるのかなあ・・・

もちろん、新しくできた「茨城県ふるさと多面的機能推進協議会」は、解散した「資源保全県北地域協議会」共々茨城県土地改良事業団体連合会県北事務所のなかにあり、僕が勝手に評議会を作ってもこういう仕事はできないみたいです。

土地改良事業団体連合会について

評議会は定義は見つからなかったけど、こちらはすぐに見つかりました。農林水産省の「土地改良区・土地改良事業団体連合会について 」というページです。

農家の方はよくご存知なのだと思うのですが、そうでないものにとって不思議なシステムです。どうも土地改良区を束ねるシステムのようです。

土地改良区とは
土地改良区とは

 
土地改良区とは、の4番目に・・・
 

組合員は土地改良区が行う事業に要する経費を負担し、滞納が合った場合には、行政上の強制執行により徴収

 
かなり強い言葉でこういうことが書いてあります!

ここからは想像ですが、土地改良の事業には国のお金が入って行われたが(全額なのか一部なのかはわかりません)、「作るのには国が金だしたんだから、管理はちゃんとやれよ!」と、その管理維持は個々の負担で行うことになっているのかもしれません。

そして、土地改良事業団体連合会 とは

 

・土地改良事業団体連合会は、土地改良事業を行う者の協同組織で、土地改良事業の適切な実施や土地改良区等の効率的な運営のため、会員の共同の利益の増進を目的として、会員が行う土地改良事業への技術的援助、情報提供等を行う。
・農林水産大臣の認可により都道府県段階及び中央段階に設立している。

 

つまりこういうピラミッド状になっている!
つまりこういうピラミッド状になっている!

茨城県土地改良事業団体連合会は、この体系表でいえば真ん中の段にいるわけですね! やっぱり会費を上納するシステムなのかなあ・・・

すごいよな

もちろん一番上は農林水産省に繋がっているわけで、上から下への流れがこれでわかりました。

“事務処理説明会へ行ってきました” の続きを読む

いつの間にかゲンノショウコ

今日は毎年やっている水戸芸術館のあーとバス。朝からたくさんの中学生を迎えなくてはならないので、草花の話題で軽く飛ばしちゃいます。トラクターファンや農業機械ファンの方ごめんなさい。

仕事じゃない時に限って朝早いのは置いておいて、アート作品を誰かと観る・・・というのは僕にとってトラクターを誰かと観る・・・ということとイコールなので、なかなか楽しいです。

たくさんの人で観ると色々なことがわかる・・・トラクターを観るのと同じですね!
たくさんの人で観ると色々なことがわかる・・・トラクターを観るのと同じですね!

いつの間にかカキの木の下にあったゲンノショウコの話だった・・・

調べたら、ゲンノショウコだろうというだけで、僕が知っていたわけではないのですけど・・・花びらが5枚の薄ピンクのはなが日陰にたくさん!
調べたら、ゲンノショウコだろうというだけで、僕が知っていたわけではないのですけど・・・花びらが5枚の薄ピンクのはなが日陰にたくさん!

ゲンノショウコはウィキペディアによれば、

ゲンノショウコ(現の証拠、学名: Geranium thunbergii)は、フウロソウ科フウロソウ属の多年草。生薬のひとつであり、和名は「(胃腸に)実際に効く証拠」を意味する。玄草(げんそう)ともいう。秋に種子を飛散させた後で果柄を立てた様が神輿のように見えることから、ミコシグサとも呼ばれる。

人間との関わり

ゲンノショウコはドクダミ、センブリなどと共に、日本の民間薬の代表格である。江戸時代から民間薬として用いられるようになり、『本草綱目啓蒙』(1803年)にも取り上げられた。現代の日本薬局方にも「ゲンノショウコ」として見える。但し、伝統的な漢方方剤(漢方薬)では用いない。有効成分はタンニン。根・茎・葉・花などを干し煎じて下痢止めや胃薬とし、また茶としても飲用する。飲み過ぎても便秘を引き起こしたりせず、優秀な整腸生薬であることから、イシャイラズ(医者いらず)、タチマチグサ(たちまち草)などの異名も持つ。

神輿ってどんなだろう?と思ったらウィキペディアに載ってました。

複雑な形ですねえ・・・
複雑な形ですねえ・・・

“いつの間にかゲンノショウコ” の続きを読む