AZ-701Hあぜぬり機のテスト

営農組合であぜぬり機の中古を手に入れて、テストをするというので見てきました。

「あぜ」だから品番はAZ。このわかりやすさに好感が持てます。こちらもニプロ松山株式会社の機械です。

「あぜ」だから品番はAZ。このわかりやすさに好感が持てます。こちらもニプロ松山株式会社の機械です。

新しい機械(それがたとえ中古でも)を使う男たちはどこか楽しそうなのである。

牛や馬から、人力トウミ、農発、テーラー、トラクター、バインダー、コンバイン・・・etc と、農業機械とともに歩んできたような男、Yさん。ここでも調整を買って出ます。

牛や馬から、人力トウミ、農発、テーラー、トラクター、バインダー、コンバイン・・・etc と、農業機械とともに歩んできたような男、Yさん。ここでも調整を買って出ます。

人力であぜを作るのはとても大変な作業なのだそうです(冒頭の証言に注目)

↑ 動画(1分40秒)画面クリックでも再生します。

トラクターに付けて引っぱって、掘ってその土を寄せて、叩いて丸めて固めて、チョコレートか延べ棒のような土手を作る機械です。

トラクターに付けて引っぱって、掘ってその土を寄せて、叩いて丸めて固めて、チョコレートか延べ棒のような土手を作る機械です。残念ながら片面のみ。

機械を持ち上げると、このようになってます。

機械を持ち上げると、このようになってます。

うまくいけばこのように綺麗な台形の土手ができるのです。

うまくいけばこのように綺麗な台形の土手ができるのです。

新しい機械がきたという、高揚感というか楽しいキモチが僕にも伝染して、なんだかワクワクした気持になりました。ただ、手放しでうまくいくというわけではないようで、やはりそこは機械と付き合う上での色々な「お約束」をこれからかわしていかなくてはならないみたいです。そこらへんは次号で!!

あぜぬり機の記事まとめてご覧になるにはこちら

管理人が見たさまざまな農業機械の記事へ
農業機械の紹介記事

 


最後に集めたあぜ塗りのプレイリストを貼っておきます

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/04/16/az-701h-1/trackback/