あの人は今(カラスウリ)

カラスウリ、冬はどんなだかというと、中身はすっかり空になっちゃってもまだしぶとくぶら下がってます。

冬、カラスウリの写真

植物は冬には溶けてなくなってしまうわけではなく、取り去らなければいつまでも残っているのですね。そういえばセイタカアワダチソウもセンダングサも、枯れて茶色になってしまってもまだチクチクと綿毛を飛ばしたり、タネを服に突き刺したりしています。しぶといものです。

冬、カラスウリの写真

かろうじて色素の残っているものもあります。でも、乾燥してパリパリ。鳥に突っつかれて穴があいています。タネは鳥に食べられてありません。

青々としていた時期もあった

夏のカラスウリの写真

夏の暑い時期にはこんな姿でした。これが次第に色づきます。

カラスウリの写真

秋、緑のウリボウ色がみかん色になり・・・・

カラスウリの写真

みかん色はだんだんに全体を覆います。

カラスウリの写真

最終的にこの色に落ち着きます。

カラスウリの写真

そしてミイラに・・・→初めに戻る。廻ってますねえ。

カラスウリの記事をまとめてご覧になるにはこちら

緑の芽を出したところから見つけて写真を撮って、この輪を完成させたいです。

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/02/05/anohito_karasuuri/trackback/