1 2 3 4 5

木のウロから飛び出したカラスウリの球根

心細くなってきた薪を作ろうと、半分土に還りそうな切り株を動かしたら・・・木のウロからイモが飛び出した。

心細くなってきた薪を作ろうと、半分土に還りそうな切り株を動かしたら・・・木のウロからイモが飛び出した。

ストーブにくべる薪を作るのにひっくり返したんですが、木のウロに土、というか、木の粉ともゴミともつかないものが詰まっていて、そこでカラスウリのヤツ、生活していたみたいなんです。びっくりしたー。

カラスウリの球根、根塊

かなりでかいです。色合いは朝鮮人参かそれとも干し芋用の「タマユタカ」って感じ。

カラスウリの球根、根塊

大きさは15センチほど

調べてみると、「4月~6月にかけて塊根から発芽、あるいは実生する」とあります。

「塊根」?「実生」?

なんだか一発じゃ辿り着けないなあ・・・更に調べると「塊根」(こんかい)とはなんてことはない、球根のこと、茎や根が栄養を蓄えてふくれたもののようで、そもそも球根ってのが園芸用語で植物の実態をうまくカバーしきれていない感じでした。

こういうもので次世代を繋いで行くことを無性生殖っていうらしいです。たしかに受粉とかしてないですもんね。

また、「実生」(みしょう)とは、種子から発芽したばかりの植物のこと。転じてそうして成長する植物体をも指す。ですって。

「みしょう」ですか・・・「じっせい」かと思った。考えてみりゃ「実」からできるから「み」って呼ばないとわけわかんなくなっちゃうな。

とにかく、コイツを植えればまたカラスウリが生えてくるってわけです。

じゃあ、種は??

ついでに種を出してみた

ひからびたカラスウリの実

膨大にそこらに吊り下がってひからびてますから、いくらでも取ってくることが出来ます。バリッと皮を破ると、中はカボチャの中身みたいに、綿にくるまれた種があります。

カラスウリの種、ワタを取って洗って乾かしてみました。大きさは横10ミリ縦8ミリ厚さ3ミリほど

カラスウリの種、ワタを取って洗って乾かしてみました。大きさは横10ミリ縦8ミリ厚さ3ミリほど

この実は、ウィキペディアによると

種子はその形から打ち出の小槌にも喩えられる。そのため財布に入れて携帯すると富みに通じる縁起物として扱われることもある。中国では医薬原料として活用されており、果実・種子・塊根ともに生薬として利用されている。かつては日本でも、しもやけの薬として実から取れるエキスが使用された。 若い実は漬物にするほか、中身を取り出し穴をあけてランタンにする遊びに使われる。近年ではインテリアなどの用途として栽培もされており、一部ではカラスウリの雌雄両株を出荷する農園も存在する。

とあります。打ち出の小槌?

打ち出の小槌というよりはクロワッサンですね

カラスウリの種 ちょっと黄色っぽいワタが取りきれていないので、卵液をたっぷり塗って焼き上げたバターロールかクロワッサンみたいになってます。

カラスウリの種 ちょっと黄色っぽいワタが取りきれていないので、卵液をたっぷり塗って焼き上げたバターロールかクロワッサンみたいになってます。

とにかくこいつを財布に入れてお金が増えるかどうか試してみたいと思います。

開きたて? カラスウリの花

カラスウリの花(夜8時20分頃) 花の端に広がるレース状のカーテン・・・「刺身のつま」が、しゃっきりと瑞々しいです。

カラスウリの花(夜8時20分頃) 花の端に広がるレース状のカーテン・・・「刺身のつま」が、しゃっきりと瑞々しいです。

いつもカラスウリの花は朝方に見ていたので、「夜撮ってやろう」とずっと考えていました。ところが夜になると忘れちゃう・・・なにせ真っ暗ですから・・・

夜のカラスウリは新鮮しゃっきり!

何日か考えては忘れ、考えては忘れを繰り返しているうちに、やっと撮ることができました。朝方見るのと違って夜見る花びらはシャープで透明感があります。

朝方のは花びらの白が濁って乳白色になって、レースのおひげも丸まってます。あ! 今気がついたんですけど、ちょうど刺身のつまの大根!これの時間変化に似ているかもしれない・・・

朝のカラスウリの花と比較してみてください。(過去の記事)

カラスウリの花・・・新鮮なレースが見られるのはいいのですが、目につくのは雌花ばかり・・・

カラスウリの花・・・新鮮なレースが見られるのはいいのですが、目につくのは雌花ばかり・・・

カラスウリの花 これから開こうってところです

カラスウリの花 これから開こうってところです

カラスウリの実 もうウリボウからオレンジ色へ色が変化しかけているような気がします。

カラスウリの実 もうウリボウからオレンジ色へ色が変化しかけているような気がします。

カラスウリの花 横から見てます

カラスウリの花 横から見てます

カラスウリの花・・・これも雌花・・・う〜ん やってくる虫達も夜にぴったりの、何といいますかあまりステキじゃない虫みたいです。

カラスウリの花・・・これも雌花・・・う〜ん やってくる虫達も夜にぴったりの、何といいますかあまりステキじゃない虫みたいです。

早い時間は雌花ばかりなのかも・・・

カラスウリの花 この時間帯(8時頃)に撮った写真の中には雄花はありませんでした。

カラスウリの花 この時間帯(8時頃)に撮った写真の中には雄花はありませんでした。

これも雌花

これも雌花

朝方の写真が多いですけど、カラスウリの雄花の写真はこちら

写真を撮ったときは意識していませんでしたが、こうやって見ると少なくとも8時台は圧倒的に雌花が多いみたいです。もしかしたら雌花は早めに開店して、寿命が短い雄花のお客さんを一晩中待っているのかもしれませんね!

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/21]) ぐんそうさん おはよ
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (noraより[08/21]) 伊藤産業機械(株)さ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/21]) トラクター狂さん い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (ぐんそうより[08/19]) 数年前の記事のようで
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[08/14]) 服部さん、バインダー
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) 私も松浦征四郎伝は見
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/13]) ご無沙汰してすいませ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/10]) 自走自脱(ハーベスタ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/09]) トラクター狂さん お
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/09]) binbouguyさ
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[08/09]) 畠中農園さん おはよ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/08]) こんばんは。
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (binbouguyより[08/04]) 昭和35年頃に大阪堺
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (畠中農園より[08/01]) つい先日クボタのM8
  • 化学工業と樽や壷その2。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • 顔の裏側!!クボタSL450「撮りトラ」その2@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[07/28]) 農機さん おはようご
  • 化学工業と樽や壷。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) Dさん おはようござ
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) H2さん おはようご
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械