いよいよクボタトラクター&その他いろいろなもの ダイナミックフェア(第36回農機・生産資材大展示会)

おはようございます。昨日の記事「ちょっと目についたもの(第36回農機・生産資材大展示会)」からの続きです。あれもこれもとどんどん長くなってしまいますが、もしかしたら記録的に誰かの役に立つかもしれないし、せっかくですので続けます。しかし昼食が出るのにはびっくりしました。

↑クリックで拡大します なんと、休息所にはお茶菓子と、freeの冷たい飲み物、お弁当まで・・・もしかしてこれって、組合員のフリをしてタダ飯を食ってしまったってことでしょうか?・・・ごめんなさい

クボタのトラクター

↑ クリックで拡大します クボタ120年だそうです

↑ クリックで拡大します クボタ120年だそうです

↑クリックで拡大します ネットで拾ったクボタのトラクターの写真 1976〜1979年製 四角っぽいデザイン、ブルトラというニックネームが見えます ライトの間の牛のマークが雰囲気にぴったりはまってます 現在これがどうなったかというと・・・

↑クリックで拡大します ネットで拾ったクボタのトラクターの写真 1976〜1979年製 四角っぽいデザイン、ブルトラというニックネームが見えます ライトの間の牛のマークが雰囲気にぴったりはまってます 現在これがどうなったかというと・・・

「国立科学博物館-産業技術の歴史」というサイト(まだ内容は少ないですが、充実したらすごいサイトになると思います)によると、1971年に業界で初めて超小型4輪駆動トラクタ(11馬力)を発表した。前輪ヨーク軸の揺動に対応したユニバーサルジョイントによる動力伝達を行い、前輪デファレンシャルギヤを装備し、前輪を駆動する方式で、湿田走行性・登坂力・けん引性能が大幅に向上した。この機体は水田、畑を問わず4輪駆動の威力を発揮し、ブルトラの愛称で人気を博した。とあります

↑クリックで拡大します ぜんぜん違います!!M135AFQ2BL-HPC2WM(何で農機具ってこんなに品番が長いのでしょう?)135馬力のクボタ最強のトラクターです

↑クリックで拡大します ぜんぜん違います!!M135AFQ2BL-HPC2WM(何で農機具ってこんなに品番が長いのでしょう?)135馬力のクボタ最強のトラクターです 

↑クリックで拡大します 顔はどこのメーカーもバッタや蜂などの昆虫系の顔です 

↑クリックで拡大します 顔はどこのメーカーもバッタや蜂などの昆虫系の顔です M135AFQ2BL-HPC2WM 

↑クリックで拡大します キャビンは天を突くような高さです

↑クリックで拡大します キャビンは天を突くような高さです M135AFQ2BL-HPC2WM

↑クリックで拡大します エンブレムも誇らしげに馬力+ニックネーム M135AFQ2BL-HPC2WM

「グランダム」と読むのでしょうか?M135AFQ2BL-HPC2WM

↑クリックで拡大します 「グランダム」と読むのでしょうか?大上段に構えたネーミングは好きです M135AFQ2BL-HPC2WM

↑クリックで拡大します タイヤはファイアストン 後輪はクローラーです 面圧の違いでしょうか、やっぱり深い田んぼではクローラーは威力を発揮するそうです M135AFQ2BL-HPC2WM

↑クリックで拡大します タイヤはファイアストン 後輪はクローラーです 面圧の違いでしょうか、やっぱり深い田んぼではクローラーは威力を発揮するそうです M135AFQ2BL-HPC2WM

↑ クリックで拡大します ポルシェのトラクター用ライトから比べると格段の差 バルブもハロゲンのようです なかなかシャープな目をしています M135AFQ2BL-HPC2WM

↑ クリックで拡大します ポルシェのトラクター用ライトから比べると格段の差 バルブもハロゲンのようです なかなかシャープな目をしています M135AFQ2BL-HPC2WM

↑ クリックで拡大します エンブレム 出来はいいのですが、もう少しシャープなカンジが欲しいです M135AFQ2BL-HPC2WM

↑ クリックで拡大します エンブレム 出来はいいのですが、もう少しシャープなカンジが欲しいです M135AFQ2BL-HPC2WM

↑ クリックで拡大します 低く構えた安定感のある後ろ姿はこのような「機体」の美しく見えるアングルの一つでもあります カタログには機械のことを「機体」と愛のある表現していたので、ここでも習ってみました M135AFQ2BL-HPC2WM

↑ クリックで拡大します 低く構えた安定感のある後ろ姿はこのような「機体」の美しく見えるアングルの一つでもあります カタログには機械のことを「機体」と愛のある表現していたので、ここでも習ってみました M135AFQ2BL-HPC2WM

↑ クリックで拡大します これは別機種のエンジン部分 このようにガバッとフードがあくのですね

↑ クリックで拡大します これは別機種のエンジン部分 このようにガバッとフードがあくのですね

↑ クリックで拡大します ニックネーム「キングアイ King eye」とあります 目が上についていてかわいい口をしたプジョーみたいな顔をしています すごく車高が高く、別ラインアップのようです KT255BMP-NE ¥2,929,500なり

↑ クリックで拡大します ニックネーム「キングアイ King eye」とあります 目が上についていてかわいい口をしたプジョーみたいな顔をしています すごく車高が高く、別ラインアップのようです KT255BMP-NE ¥2,929,500なり

↑ クリックで拡大します T265DQBMAQF6S 26馬力キャビン仕様JA特別装備 ¥3,156,300

↑ クリックで拡大します T265DQBMAQF6S 26馬力キャビン仕様JA特別装備 ¥3,156,300なり

↑ クリックで拡大します 27馬力KL31RFQMANP ¥4,195,800なり

↑ クリックで拡大します 27馬力KL31RFQMANP ¥4,195,800なり

その他いろいろなもの

↑クリックで拡大します 農協のチェンソウ 農協では色々なものを売っているのですねえ

↑クリックで拡大します 農協ではこんなものも売ってます 色んな用途向けオイル

↑クリックで拡大します 丸山の刈り払い機多数

↑クリックで拡大します 丸山の2ch自走式ラジコン動噴 MSV413R2-M-A ¥526,050なり 本当に多種多様途の機械オンパレードです

ヤンマーと三菱のトラクターの記事に続きます

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2010/07/28/kubota_tractor/trackback/