キツネノマゴ(狐の孫)じゃないかと思う2021

PVアクセスランキング にほんブログ村

もう夏は終わりだと思っていたところに最後のあがきの逆襲か、これまでにないような暑さの到来で参っています。今日はこの間道端で見かけた、キツネノマゴ(狐の孫)じゃなかろうかと思われる花です。日々モーレツなスピードで時間がすぎていて、なかなかこういう小さな花に気がつくチャンスが減っています。まずいなぁ。

特徴的な形の蕾の集団。キツネノマゴじゃないかと思います。
特徴的な形の蕾の集団。キツネノマゴじゃないかと思います。
蕾の集団が少しだけ変わった形をしていますが、ごくごく小さな目立たない花。しかも群生しているわけでもなく、集団でのアピールもありません。
蕾の集団が少しだけ変わった形をしていますが、ごくごく小さな目立たない花。しかも群生しているわけでもなく、集団でのアピールもありません。

ウィキペディアの扱いはちょっと冷たいです

名前の由来はよく分かっていない。花序が花の咲いたあとに伸びるのがキツネの尾のようだとか、花の形がキツネの顔を思わせるからなどの説も見かけるが、根拠に乏しい。腰痛、風邪ひきに薬効があるともいうが、あまり用いられない。よく見れば可憐な花をつけるが、小さくありふれていることから注目度は低い。

キツネノマゴ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「初めちょっとだけ持ち上げて、下げる」の3連発です。植物自体に貴賎や優劣はないはずですけど、人が絡むと「有用」だの「有害」だの「目立たない」など、言いたい放題です。

植物からは「ヒトは有害だ」と言われているかもしれませんけど。

あまり人の来ない週末なので、なんてことはない話題でした。それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。