子供会とヒガンバナの球根を路肩に植えました

昨日は大人たちと雨でタイミングがずれてしまった、子供会とのヒガンバナの球根植えでした。 曇りで肌寒く、決して天気が良かったわけではありませんが、贅沢は言えません。 大人があまりいないので、人数的にちょっと寂しい・・・

昨日は大人たちと雨でタイミングがずれてしまった、子供会とのヒガンバナの球根植えでした。
曇りで肌寒く、決して天気が良かったわけではありませんが、贅沢は言えません。大人があまりいないので、人数的にちょっと寂しい・・・

 

歩いて現場に向かいます。2014年から球根を植えているのですが、当初のイメージ「路肩が真っ赤に燃える」にはほど遠いです。栄養状態が悪いというのもあると思いますが、塊が大きくなるだけで広がりはしないため、どうしても散漫な印象になってしまいます。こんな調子では、イメージに近くなるだけでもあと数年は掛かりそうです。

歩いて現場に向かいます。2014年から球根を植えているのですが、当初のイメージ「路肩が真っ赤に燃える」にはほど遠いです。栄養状態が悪いというのもあると思いますが、塊が大きくなるだけで広がりはしないため、どうしても散漫な印象になってしまいます。こんな調子では、イメージに近くなるだけでもあと数年は掛かりそうです。

 

砂利まじりの固い畦の法面というか、歩道の路肩でもオーガーでバンバン穴をあけて球根を投入、上から押えるだけですから難しくありません。

砂利まじりの固い畦の法面というか、歩道の路肩でもオーガーでバンバン穴をあけて球根を投入、上から押えるだけですから難しくありません。

 

穴あけが若干追われ気味になってしまうのが難点ですけど・・・

穴あけが若干追われ気味になってしまうのが難点ですけど・・・

 

子供たちは集中力がないので休憩は必須です。お菓子やジュースで釣らないとなかなか動かないので、そこは抜かりがありません。

子供たちは集中力がないので休憩は必須です。お菓子やジュースで釣る作戦、そこは抜かりはありません。

 

しばしの休憩の後再び始動。球根も目に見えて残り少なくなっているので、子供たちも「あとどれくらいかかる?」などとは言いません。

しばしの休憩の後再び始動。球根も目に見えて残り少なくなっているので、子供たちも「あとどれくらいかかる?」などとは言いません。

 

というわけで余力を残して終了です。参加されたお母さんたち、子供たち、お父さん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

というわけで余力を残して終了です。参加されたお母さんたち、子供たち、お父さん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

 

2014年から毎年保全会活動で植えているヒガンバナが咲きました。

これは短い距離に集中して植えてある部分・・・いつかこんな風に咲くといいなあ・・・

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

前回、「都会の人にはクラフト紙の米袋がピンとこなかった」という反省点を元に、誰もがひと目でわかる「おにぎり」「rice ball」で訴えてみようと思いました。北陸で地震がありましたけど、物資の輸送が止まっても保存の効く米は有効です。やっぱり、みんながお米を食べなくなって、田んぼがなくなってしまったら、非常時だって困ります。

前回、「都会の人にはクラフト紙の米袋がピンとこなかった」という反省点を元に、誰もがひと目でわかる「おにぎり」「rice ball」で訴えてみようと思いました。北陸で地震がありましたけど、物資の輸送が止まっても保存の効く米は有効です。やっぱり、みんながお米を食べなくなって、田んぼがなくなってしまったら、非常時だって困ります。求む!投票!存在感を示したいっ!

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: https://oba-shima.mito-city.com/2019/07/22/higanbana2019/trackback/